【犬の緑内障】失明に至る眼の病気!緑内障の症状や原因、治療法、予防について*

目やにや激しい痛みを伴い、失明に至る恐ろしい犬の目の病気「緑内障」。緑内障は一度発症すると目薬やサプリメントで治療をしても治ることはなく、ほとんどの場合が最終的に失明してしまいます。また最悪の場合は、目の摘出手術をしなければならないこともあります。このまとめでは犬がかかる怖い目の病気「緑内障」の原因や症状や治療や予防についてご紹介します。

目次

犬の緑内障とは?

Fotolia 132768457 xs

緑内障とは犬の目の病気の一つで、眼の中の圧力(眼圧)が高まることによって網膜や眼の奥にある視神経が圧迫され、視覚に障害が現れる病気です。

眼圧が高い状態が続き、視神経や網膜が圧迫されると強い痛みを生じることがあります。
また視神経や網膜は圧迫されることによって損傷を受けるので、そのまま放置すると失明してしまいます。

失明後も眼圧が高い状態が続くため痛みが残ったり、眼球が肥大化、または収縮するので眼圧を下げる手術が必要となります。
犬の緑内障は発症すると症状が急激に進む病気なので早急に対応することが重要です。

眼圧とは?

眼圧とは”眼の中の圧力”のことをいいます。
この眼圧が外の圧力よりも高く保たれていることで眼は丸い形を維持しています。
眼の中は眼房水(目の栄養源となる透明の液体)で満たされており、眼圧はこの眼房水の量によって保たれています。

眼房水は、毛様体という場所で作られ隅角とよばれる部分から排出される仕組みとなっていますが、何らかの理由で眼房水が隅角から排出されなくなると眼圧が上昇してしまい、視神経を圧迫して痛みがでたり視覚障害が起きてしまいます。

視神経や網膜が損傷されることが緑内障の症状なので眼圧は緑内障と関わりが深く、眼圧の検査は緑内障の診断には欠かせません。

犬の緑内障の症状について

犬の緑内障には大きく分けて「急性期」と「慢性期」があります。急性期と慢性期でそれぞれ症状が異なります。

緑内障が初期の段階「急性期」
・眼が赤く充血する
・瞳が青緑色に見える
・痛みを伴う
・目やにが出る
などの症状がみられます。

緑内障が悪化した状態「慢性期」
・眼球が大きくなる
・瞳孔が開きっぱなしになる
・目の充血がひどくなる(出血する)
・失明する
などの症状がみられます。

緑内障は慢性期になると二度と視力を戻すことができなくなるので、できるだけ初期の段階で見つけて早く治療する必要があります。
少しでもこれらの症状が見られた場合は緑内障の疑いがあるので、すぐに病院で診断してもらうことをおすすめします。

犬の眼が赤くなったり青緑色に見える

緑内障によって眼圧が上がると視神経が圧迫されるため白目が赤くなります。
その他にも眼圧が上がることによって角膜がにごり、瞳が青緑色に見えることもあります。

眼が青緑色に変色していれば飼い主さんも緑内障に気づくことができると思いますが、眼が充血して赤くなる場合は、一時的に炎症を起こしていたり比較的簡単に治せる結膜炎なども考えられるので緑内障かどうかの判断が難しいことがあります。

緑内障かどうかを判断する場合は犬が眼を痛がっているかどうかを調べましょう。
急激に眼圧が上がることによって視神経を圧迫されると眼の充血にともなって強い痛みが出ます。痛みが出ると犬は目をつむったり、目をしょぼしょぼさせたり、顔や目の周りを触られることを嫌がります。

他にも目やにや涙がたくさん出ることがあるので、これらの症状が出た場合は緑内障を疑いましょう。

瞳孔が開きっぱなしになる

視力が低下していると光を感知できなくなるため、本来明るい場所では閉じているはずの瞳孔が常に開きっぱなしになることがあります。

犬の瞳孔が常に開いている場合は緑内障や白内障など、何らかの目の病気であると考えられます。視力が低下しているということは既に症状が悪化している可能性があるので、すぐに病院で検査を受けましょう。

眼球が大きくなる

眼圧が上昇してから1〜2週間経過すると慢性緑内障になります。
緑内障は慢性期になると眼圧がさらに高くなっているため、眼球が膨張して大きくなっていたり眼の充血がひどくなることで眼内出血などの症状が出てきます。この状態になると視力は完全に失われてしまうため回復することはありません。

このまま放置すると目が飛び出すほど大きくなる「牛眼」や、逆に眼球が小さくなってしまう「眼球ろう」という状態になってしまいます。
また視力を失ってからも痛みが続くため、痛みを抑えたり外観を維持するための治療を行う必要があります。

犬の緑内障の原因

Fotolia 123122945 xs

犬の緑内障は眼圧が上昇して視神経や網膜が損傷されることが原因で発症します。
犬の眼の中には眼房水という透明の水が常に循環しており、眼房水が一定に保たれることで眼圧を維持しています。
しかし何らかの理由で眼房水が排出されなくなることで眼圧が上昇してしまいます。

・原因がはっきりしない「原発性緑内障」

・他の眼の病気が原因で併発する「続発性緑内障」

眼圧が上昇して緑内障を引き起こす原因は主にこの2つに分かれます。

続発性緑内障

「続発性緑内障」とは他の病気などが原因で発症する緑内障のことをいいます。

続発性緑内障の原因となる主な病気
・白内障
・ぶどう膜炎
・水晶体脱臼
・前房出血
・眼内腫瘍

これらの病気の中で続発性緑内障を発症する原因として最も多いのが白内障とぶどう膜炎です。
続発性緑内障の80%以上はこの2つの病気から併発していると言われています。

「ぶどう膜」とは、脈絡膜(みゃくらくまく)と毛様体、虹彩の3つをまとめて呼ぶ総称で、なにかしらの原因によってこれらに炎症が起こることを「ぶどう膜炎」といいます。

ぶどう膜炎による炎症で、白血球や破壊された組織の断片などが眼房水の出口に目詰まりを起こして眼圧が上昇し緑内障になります。

一方、白内障は何らかの理由で眼球の中にある水晶体という部分が白く濁ってしまう病気のことをいいます。
ぶどう膜炎と同じように白内障から炎症を起こして緑内障を続発させてしまいます。

原発性緑内障

「原発性緑内障」とは緑内障を併発するような病気にかかっておらず、体の形態や構造にこれといった異常が見あたらない状態で発症する原因不明の緑内障のことをいいます。

原発性緑内障は「開放隅角緑内障」と「閉塞隅角緑内障」の2種類に分かれます。

・開放隅角緑内障
眼球の中を循環している眼房水の出口が目詰まりを起こすことで発症する緑内障です。眼房水が排出されづらくなるため眼圧が上昇し視神経が圧迫され続けます。閉塞隅角緑内障と比べると比較的ゆっくりと症状が進行していきます。

・閉塞隅角緑内障
眼房水の出口である隅角が虹彩によってふさがることで発症する緑内障です。出口である隅角がふさがっているため眼房水が排出されなくなり、急激に眼圧が高くなってしまいます。犬の緑内障にはこのタイプの緑内障が多いため急激に病状が悪化してしまいます。早期の治療を心がけましょう。

原発緑内障を発症しやすい犬種

「原発緑内障」が発症する詳しい原因はわかっていませんが、遺伝や犬種に関係していると考えられています。

・柴犬
・秋田犬
・シベリアン・ハスキー
・アラスカン・マラミュート
・サモエド
・トイプードル
・マルチーズ
・シー・ズー
・ボストン・テリア
・アメリカン・コッカー・スパニエル

これらの犬種がは生まれつき目房水の出口が狭いため緑内障を起こしやすいとされています。
この中でも特に柴犬、アメリカン・コッカー・スパニエル、シー・ズーは発症件数が多いので注意が必要です。

犬の緑内障の治療法

Fotolia 108418707 xs

緑内障の治療は主に投薬治療と外科手術の2つに分かれており、緑内障の状態(初期の急性期、中期の亜急性期、末期の慢性期)に合わせた療法をとります。

・急性緑内障(初期)
発症してまだ間もない状態ですがすぐに治療が必要です。点眼薬などによる投薬治療や場合によっては手術も検討しなければなりません。

・ 亜急性緑内障(中期)
発症から少し経っており、まだ目は見える状態です。すぐに治療が必要で投薬治療や手術をする必要があります。

・ 慢性猟区内障(末期)
発症から数週間経過しており失明している状態。視力が回復する可能性はなく、痛みが続き、眼球が大きくなっている状態なので、痛みを抑えたり美容的外観を維持するような治療や手術が必要です。

また別の病気によって緑内障が引き起こされている場合は、まずそれらの基礎疾患への治療が施されます。

投薬治療

緑内障の治療は視力の維持、回復、眼の痛みを抑えることが重要です。
そのためには眼圧を下げる必要があるので、眼房水が作り出される量を減らしたり眼房水の排出を活発にしなければいけません。

なので緑内障を発症させている原因となる病気などがない場合は、眼圧を正常な範囲まで下げる薬を投与して症状の悪化を防ぎます。
投薬治療は継続し続けなければなりません。また片目のみ緑内障が発症している場合は、正常な方の目も緑内障を発症しやすくなっているので両目とも治療する必要があります。

投薬治療には、眼房水の排出を活発にするために縮瞳剤(しゅくどうざい)やプロスタグランジンなどを投与したり、眼房水を抑えるために炭酸脱水酵素阻害薬を投与します。

しかし投薬治療だけでは病気を抑えることが難しく、ほとんどの場合1年以内で失明してしまいます。

外科治療

投薬治療で改善されないは場合は眼の状態に応じて以下のようなさまざまな外科手術を行います。

①「毛様体光凝固術」
眼房水を作り出す毛様体をレーザーで破壊することで調整し眼圧を下げる手術。
まだ失明していない急性緑内障(場合によっては亜急性緑内障)のときにおこないます。
手術は30~40分
ほどで終わり、基本的に入院の必要もありません。手術後は点眼治療が必要となります。

②「ろ過法」
排出されなくなった眼房水の流れを促進させる手術で、白目と黒目の境目を切り、眼房水を外に流していくルート作ります。
しかし手術後1年ほどで眼房水の流れが悪くなってくるので再手術になります。

③「緑内障インプラント手術」
すでに緑内障によって視力を失っており、眼に強い痛みがあるときに行います。
眼球内シリコンインプラントを挿入することで眼の痛みや眼球の肥大化、縮小を防ぎ健康なときの外観を維持します。

緑内障にかかる治療費

動物病院は自由診療のため病院によって治療費が異なります。また犬の状態に応じて治療法や使用する薬が変わるので薬代や検査、措置費用なども異なる場合があります。

・診察料
1,000円〜3,000円

・処置料
500円〜1,000円

・血液検査(CBC)
2,000円〜3,000円

・血液検査(生化学)
6,000円〜9,000円

・眼科検査
15,000〜20,000円

・目薬
1,000円〜2,000円

・内服薬(サプリメント含む)
3,000円〜10,000円

・手術(片目)
250,000円〜350,000円

・入院(1日)
5,000円〜6,000円

犬の緑内障の予防

緑内障に具体的な予防方法はありませんが、他の病気から併発することが多いので何らかの病気が見つかったときはきちんと治療しましょう。
緑内障だけでなく、目の病気予防にはルテイン、ビタミンC、ミネラルなどの成分が有効だと言われています。
普段の食事やサプリなどから摂取することで緑内障の予防につながるかもしれません。

他にも緑内障は眼球内の体液の流れが滞ることで起こるので、犬の体液の流れが滞らないようにすることや余分な水分が体に溜まらないようにすることが大切です。

緑内障は早期発見することで病気の進行を抑えられる場合があるので、初期症状を見逃さないことが特に重要です。

体液の流れを改善する

体液の流れをよくすることで緑内障の予防につながるかもしれません。体液の流れを良くするには何よりも毎日の散歩が重要です。
坂道を軽く往復してみたり、お散歩に出れないときは背伸びさせる運動なども効果的です。

犬の両肘の後ろに手をいれて、背中に自分の胸をつけます。そのままゆっくりと体を起こして背筋が伸びた状態で数分維持しましょう。
またお水をよく飲ませて、よくおしっこを出させることも大切です。おしっこを我慢させると緑内障だけでなく泌尿器疾患の原因にもなるのでなるべくおしっこを出す機会を増やしましょう。

サプリメントで目の病気を予防

犬の目に良いといわれている成分として「プロポリス」「ルテイン」「アントシアニン」「アスタキサンチン」「ビタミンC」などがあげられます。

犬の緑内障は他の病気から併発して起こることが多いので眼の病気を予防することが緑内障の予防につながります。
医学的にはっきりと証明されているわけではありませんが、これらをサプリメントなどからとることで眼の病気の予防になるかもしれません。

ここでは犬の白内障予防に効果があると言われており、一部の病院でも処方されているサプリメント「メニワEyeケア」を紹介します。
・価格
3,980円

・原材料・成分
還元麦芽糖水飴、ブドウ種子エキス、ヘマトコッカス藻抽出物末(アスタキサンチン含有)、DHAパウダー、d-α-トコフェロール50%末、セルロース、ショ糖エステル

・使用方法
1日に与える量の目安、小型・中型犬:4粒、大型犬:6粒

メニわんEyeCare

犬の目を清潔に保つために

犬の目ヤニや涙などは放置すると細菌が繁殖し感染症などを起こしやすくなります。
また犬の目は砂やほこりなどで傷つきやすいと言われており、これらでできた傷は角膜炎やぶどう膜炎の原因となります。

こうした犬の目の病気から白内障を併発する恐れがあるので、普段から犬の目を清潔に保つことを意識しましょう。
眼病予防の目薬などがいくつか出ているので定期的に投与することも効果的です。

犬の目に砂やゴミが入ってしまった場合は目薬の液体で目じりにゴミや毛を寄せて、コットンや綿棒などで優しく拭きとりましょう。
また犬に目薬をさすときは必ず目薬が犬の視界に入らないように後ろ側からさします。

詳しくは動画を参考にしてみてください。

Doggles ILS犬用ゴーグル

51ryv8scsml. sx355

出典:www.amazon.co.jp

紫外線が目の中にある水晶体に蓄積されることで、緑内障の原因にもなる白内障を引き起こすことがあります。
緑内障の原因になる白内障を予防するために、紫外線対策アイテムとしてUVカット機能がついている犬用のサングラスやゴーグルが売られています。

ここでは警察犬やレスキュー犬にも採用されているDogglesの紫外線を100%カットする「ILS ゴーグル」を紹介します。砂やゴミが目に入るのも防いでくれるので一石二鳥です。

・商品名
Doggles ILS犬用ゴーグル

・価格
2,980円

・カラー
レーシングオレンジ

・サイズ
XS〜XL

Doggles ILS犬用ゴーグル

犬の緑内障による後遺症

緑内障の症状を抑えるためには手術が必要となることがありますが、緑内障手術をすることによってさまざまな合併症を発症することがあります。

手術後発症する主な合併症
・感染性眼内炎
・前房出血
・駆出性出血
・低眼圧

合併症は病院の処置で改善できることも多いので、手術後は病院で的確な処置をおこなう必要があります。

感染性眼内炎

感染性眼内炎とは目の中に炎症が起きるぶどう膜炎の一種で、病原体による感染が原因となって発症します。
感染が原因なのでその病原体を特定する必要があり、採血やレントゲン検査などの全身検査を行ったり、目の中から眼房水を採取して原因となる病原体を調べることもあります。

前房出血

外傷によって前房中が出血することを前房出血といい、手術中に合併症として発症します。
手術中の軽度な出血は術後数日で自然吸収され、痛みやかゆみや目やになどの症状はほとんど見られません。

しかし術後に炎症が強い場合は痛みが出たり充血がひどくなる場合があり、結膜の下に出血が広がったり血腫をつくることもあります。
通常は1~2週間で自然に吸収されてきれいな白目に戻りますが、なかには2~3カ月かかるものもあります。あまり長引くようでしたらすぐに病院に連絡しましょう。

駆出性出血

駆逐性出血とは手術中に突然大出血を起こし、そのまま失明に至るという非常に恐ろしい合併症のことです。
手術中に突然起きる脈絡膜からの出血で原因は解明されておらず対処法もありません。

非常にまれですが、いったん発症してしまうと手術を続行できなくなり、後日再手術がおこなわれてもいい視力を得られないことが多いです。

低眼圧

緑内障手術によって眼圧が必要以上に下がってしまう場合があります。緑内障の手術は眼圧を下げることを目的としていますが、下がりすぎると眼の機能が低下してしまう恐れがあります。

犬の緑内障の症例

ミニチュア・シュナウザー7歳 メス

目の充血などの異変に気付き病院へ連れて行ったところ緑内障が発覚。
当初は片目だけの緑内障で点眼による治療を続けていたが半年後に両目共に緑内障が発症。
その後急激に悪化し、失明した。

現在も痛みや眼圧を抑えるために点眼治療をおこなっている。

Q&A

点眼していても悪化する可能性はありますか??

緑内障は点眼治療を続けていても悪化していきます。緑内障の進行速度は症状や犬種によって違いますが、点眼剤の治療を続けていても半年ほどで失明してしまうことが多いようです。

ポイント

犬の緑内障はとにかく早期に発見することが大切です。失明してから気づく飼い主さんも多く、当然、症状が悪化した状態では視力を取り戻すことができません。明確な予防法がなく防ぐことが難しい病気なので、他の目の病気にかからないように健康管理を徹底し、飼い犬に異常はないかをしっかりチェックしてあげることが大切です。