失明する危険も?犬の目の病気「ぶどう膜炎」の症状や治療法や予防について*

「ぶどう膜炎」とは名前の通り「ぶどう膜」に炎症を起こす病気のことをいいます。感染症や他の病気からの併発など原因は様々で眼が充血したり、目やにが増える、視力の低下や痛みを伴うことがあります。また目薬などを使った治療が遅れると「白内障」など失明の危険がある病気を併発して完治しない可能性もあります。今回は犬の目の病気「ぶどう膜炎」の原因や症状や治療や予防についてご紹介します。

目次

犬のぶどう膜炎とは

Fotolia 138493603 xs

ぶどう膜炎とは目のぶどう膜に炎症が起きる病気です。ぶどう膜に炎症が起きると、視力の低下や、眼の痛み、充血などの症状が出てきます。

眼の外傷や細菌の感染、結膜炎など直接眼に原因がある場合が多いですが、ぶどう膜にはたくさんの血管が通っているためアレルギーや寄生虫、臓器の炎症など目以外に原因がある場合もあります。

様々な原因が重なることで他の病気から併発して起きる可能性も高いため、原因が多すぎて専門医でも特定できないことが多い病気です。

ぶどう膜とは

ぶどう膜とは眼球の内側にある「脈絡膜(みゃくらくまく)」と「毛様体(もうようたい)」と「虹彩(こうさい)」の三つをまとめて呼ぶ総称です。ぶどう膜は目の中へ血液や栄養を供給する役割を持っています。

「脈絡膜」とは目の中でフィルターの役割を果たしている網膜に栄養を与え、瞳孔以外から余分な光が眼球に入らないように光を遮断しています。「毛様体」は「虹彩」につながる筋肉で、ピントを調整しており「虹彩」は目に入る光の量に合わせて瞳の大きさを調整しています。

犬のぶどう膜炎の症状について

ぶどう膜炎に感染することで様々な症状が現れますが、初期の段階では他の病気と見分けがつかず、発見が難しい病気です。

初期段階では見た目にあまり変化は見られず、
・瞬きが多い
・目やにが増える
・涙をよく流すようになる
などの症状が見られます。

症状が進行することで、
・目の充血
・目のにごり
・目を細める
などの症状が出てきます。

ぶどう膜炎の初期症状

ぶどう膜炎は、他の病気に付け加えられる形で症状を悪化させていく特徴があるため、発見が遅れると他の病気を併発して重症化する可能性があります。早期発見が重要なのですが、初期段階ではそれほど症状が出ないので発見が難しい病気です。

ぶどう膜炎を発症すると眼に痛みを伴うため、”瞬きの回数が増える”、”しきりに目を気にして床にこすり付ける”などの行動をとるようになります。
また炎症を起こしているため、目やにや涙の量が増えます。

犬によっては普段から目やに、涙が出やすくわかりにくい場合がありますが、ぶどう膜炎を発症していると”水のような目やに”を出すようになるので注意深く見てあげましょう。

視力の低下

ぶどう膜炎の症状が進行すると”目の充血”や”目のにごり”などが見られるようになり、痛みも強くなるため目を開けていられなくなることがあります。

またこれらの症状に伴い、視力の低下が起こり、霧視(視界がかすんだように見えること)や飛蚊症(黒い点や虫が飛んでいるように見えること)や羞明感 (まぶしく感じること)などの症状が出てきます。

また片眼だけ発症することもあれば右、左交互に症状が現れることもあり、一時的に良くなって再び悪くなる、などを繰り返す場合があります。
症状が回復したと思われる場合でも放置せずに病院で診てもらいましょう。

犬のぶどう膜炎の原因

Fotolia 134775822 xs

ぶどう膜炎は様々な原因によって発症します。
直接眼に原因がある場合はもちろん、ぶどう膜にはたくさんの血管が通っているため、血液の流れと関係し、ほかの器官に起こった炎症に伴って発症する場合もあります。

眼に原因がある場合は
・眼の外傷
・眼の疾患の悪化など。

目以外に原因がある場合は
・感染症
・免疫介在性
・アレルギー
・寄生虫
・遺伝
などがあります。

外傷が原因でぶどう膜炎を発症する

眼球に対する外傷や手術によって発症するぶどう膜炎を「外傷性ぶどう膜炎」といい、目の中に細菌やウイルスなどの病原体が直接入ることによって生じます。また悪性腫瘍なども原因一つとなります。

眼球の外壁(眼球壁)が切れることで傷からぶどう膜が眼球外へ出た状態になっていると、もう片方の健康な目にも炎症が出てくることがあります。

目の疾患によるぶどう膜炎の併発

特定の目の病気が原因となってぶどう膜炎を発症することがあります。

・白内障
白内障とは、眼球の中でレンズの役割を果たしている水晶体という部分が白くにごってしまう病気のことです。白内障の症状が進行すると水晶体の中にあるタンパク質が外に漏れだすようになります。水晶体のタンパク質が外にでてしまうとぶどう膜の免疫反応で炎症が起き、ぶどう膜炎になります。このように白内障が原因で発症するぶどう膜炎を「水晶体原性ぶどう膜炎」といいます。

・結膜炎
結膜炎とは目の中に細菌やウイルス、異物などが入ったり、アレルギーなどによって結膜が赤く腫れて充血し、涙や目ヤニが出て、浮腫などむくみの症状がでる病気です。結膜炎が悪化することによって炎症が広がることでぶどう膜炎を発症します。

感染症が原因でぶどう膜炎が発症する

犬のぶどう膜炎はウイルス・細菌・寄生虫・カビなどの感染によって発症することがあります。

・ボレリア
ボレリアとは「ライム病」とも呼れる、マダニに刺されることによって発症します。感染することで関節炎などの症状が現れ、ぶどう膜炎や結膜炎を起こすこともあります。

・犬ジステンパーウイルス(CDV)
飛沫によって感染したウイルスが、リンパ節に運ばれて増殖します。感染することで下痢、おう吐、血便などの症状が現れ、発症して1週間ほどで結膜炎やぶどう膜炎を併発することがあります。

・アデノウイルス1型ワクチン
アデノウイルス1型に感染することで、肝臓に炎症が起こり、おう吐や発熱、下痢、腹痛などの症状が現れます。病気の程度は軽いものから重いものまで様々です。予防によるワクチン接種によりぶどう膜炎を発症することがあります。

免疫介在性の疾患によってぶどう膜炎を発症する

免疫介在性疾患とは本来は自分の体を守るはずの自己免疫が暴走してしまい、攻撃してはいけない自分の正常組織を攻撃してしまうことをいいます。その結果として臓器に傷害を与え、ぶどう膜に炎症が起こりぶどう膜炎を発症します。

正確な原因は不明ですが
・ワクチン、抗生物質、ステロイド薬の過剰使用
・環境汚染物質
・食品防腐剤
・殺虫剤の中に含まれる化学物質
などが関係しているのではないかと考えられています。

遺伝が原因でぶどう膜炎を発症する

ぶどう膜炎は特定の犬種に多く発症する傾向が見られます。

皮膚の脱色などの症状がみられる原因不明のぶどう膜炎「ぶどう膜皮膚症候群」は、
・シベリアン・ハスキー
・サモエド
・秋田犬
・ダックスフンド

などに多く発症するといわれています。ぶどう膜皮膚症候群は両目の肥大化、充血し、眼の表面のにごりなどの症状が出てきます。また、鼻先や唇などが色が抜けたように白くなっていきます。進行することで角膜がにごり、視力の低下します。

他にも「色素性ぶどう膜炎」はゴールデン・レトリーバーに多く発症します。色素性ぶどう膜炎は、虹彩や水晶体が黒くなるなどの症状が出て続発性の白内障、緑内障などを発症する場合があります。通常、ぶどう膜炎は身体中の疾患と関わりがあることがありますが、色素性ぶどう膜炎は全身性の病気とかかわりがない目の病気になります。

色素性ぶどう膜炎

ぶどう膜炎には他にも「色素性ぶどう膜炎」というものがあり、これはゴールデン・レトリーバーに多く発症します。色素性ぶどう膜炎は、虹彩や水晶体が黒くなるなどの症状が出て続発性の白内障、緑内障などを発症する場合があります。

通常、ぶどう膜炎は身体中の疾患と関わりがあることが多いですが、色素性ぶどう膜炎は全身性の病気とかかわりがない目の病気になります。

犬のぶどう膜炎の治療法

Fotolia 140009255 xs

ぶどう膜炎は白内障や結膜炎、ウイルス感染などといった直接的なものからアレルギーや遺伝、感染症と様々です。そのため、全身の検査や眼の検査を行って原因を調べる必要があります。
原因がはっきりした場合は、その原因となる病気を優先して治療していきます。

治療は、基本的には薬による内服薬治療や点眼治療になります。目の痛みが強い場合は、エリザベスカラーを着けたり前足に包帯、靴下を履かせることで目の保護を施します。

点眼治療

ぶどう膜炎の点眼治療には原因疾患の治療と消炎剤や抗生剤、ステロイドなどの点眼薬を使用します。眼内の炎症を抑えて、白内障などの併発を防ぐために消炎剤を使った治療が必要となります。

ステロイド点眼剤として、点眼薬にはジフルプレドナートやプレドニゾロン、デキサメサゾンなどが使用されています。ステロイド点眼剤にはぶどう膜の炎症を抑制する効果があります。

ぶどう膜炎の発症原因や症状などによってステロイドの投与が難しい場合には、ジクロフェナクナトリウムなどの非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)を投与することもあります。

内服薬治療

内服薬を使用すると血液の流れによって全身にいきわたるため、眼球全体への効果が期待できます。炎症を抑える効果があるステロイド剤、プレドニンが一般的に使用されます。
長期にわたって使用する場合は副作用による骨粗しょう症の予防薬や、定期的な血液検査が必要となります。

またステロイド剤を使用すると、ぶどう膜炎の原因となる疾患の炎症も抑えられてしまうため原因がわからなくなったり、感染性ぶどう膜炎の場合は感染を増悪させることがあるため、血液検査や全身の検査で可能な限り原因を特定してから投与する必要があります。

ステロイドの投与が難しい場合は、ジクロフェナクナトリウム等の非ステロイド系抗炎症薬が使用されます。

犬のぶどう膜炎の予防

ぶどう膜炎は何よりも早期に発見することが重要です。日ごろから犬の目の状態をよく観察しておくことが予防になります。目の病気の疑いが少しでもある時は、早めに病院に連れて行ってあげましょう。

またホコリや砂、目やになどは拭き取り、常に清潔な状態を保つことが大切です、他にも散歩後の眼病予防の目薬やサプリメント、食事が有効であるともいわれています。

目を清潔に保つことで犬のぶどう膜炎を予防する

犬の目やにや涙などは、放置すると細菌が繁殖し感染症を起こしやすくなります。また犬の目は砂やほこりなどで傷つきやすいと言われており、角膜炎やぶどう膜炎の原因となります。

普段から犬の目を清潔に保つことを意識しましょう。眼病予防の目薬などがいくつか出ているので定期的に投与することも効果的です。

犬の目に砂やゴミが入ったら

犬の目に砂やゴミが入ってしまった場合は目薬の液体で目じりにゴミや毛を寄せて、コットンや麺棒などで優しく拭きとりましょう。

犬に目薬をさす時は、必ず目薬が犬の視界に入らないように後ろ側からさしてあげてください。
詳しくは動画を参考にしてみてください。

Doggles ILS犬用ゴーグル

51ryv8scsml. sx355

出典:www.amazon.co.jp

犬の目は紫外線によってダメージを受けやすく、蓄積されることで様々な目の病気の原因となります。紫外線対策アイテムとしてUVカット機能がついている犬用のサングラスやゴーグルが売られています。砂やゴミが目に入るのも防いでくれるので一石二鳥です。

ここでは警察犬やレスキュー犬にも採用されているDogglesの紫外線を100%カットする「ILS ゴーグル」を紹介します。

価格:2,980円
カラー:レーシングオレンジ
サイズ:XS〜XL

Doggles ILS犬用ゴーグル

「メニワEyeケア」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 08 20 1.08.03

犬の目に良いといわれている成分として「プロポリス」「ルテイン」「アントシアニン」「アスタキサンチン」「ビタミンC」などがあげられます。医学的にはっきりと証明されているわけではありませんが、これらをサプリメントなどから取ることで眼の病気の予防になるかもしれません。

ここでは犬の白内障予防に効果があると言われており、一部の病院でも処方されているサプリメント「メニワEyeケア」を紹介します。

メニわんEyeCare

【ウィズ グリーンドッグ】 フリーズドライ鶏レバー 

Amg5 00 3

出典:item.rakuten.co.jp

犬に一番必要な栄養素はたんぱく質であるといわれています。たんぱく質の中でも、動物性たんぱく質が犬の健康にもっとも重要であるといわれており、人の4倍以上を必要とします。

動物性タンパク質が不足することで感染症にかかりやすくなるともいわれており、逆にこれを補うことで免疫力の向上につながります。ぶどう膜炎は様々な病気、感染症が原因で発症するので免疫力を上げることがぶどう膜炎の予防につながります。

今回は日本産で安心の【ウィズ グリーンドッグ】フリーズドライ鶏レバーを紹介します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 09 09 23.18.03
【ウィズ グリーンドッグ】 フリーズドライ鶏レバー

犬のぶどう膜炎から併発する病気

ぶどう膜炎は治療が遅れることでぶどう膜の瘢痕化で失明する可能性や、緑内障、白内障などの重大な病気を併発する可能性があります。

白内障

白内障とは、眼球の中にある水晶体という部分が白くにごってしまってしまう病気のことをいいます。ぶどう膜炎による炎症で飛蚊症や眼に痛みを感じる、充血する、などの症状が悪化すると水晶体がにごり、白内障になります。

白内障の程度と進行速度は個体差があり、ほとんど進行しない場合もあれば、短い期間で急速に眼が見えなくなってしまうこともあります。

白内障についてはこちらの記事をご覧ください。

犬の白内障について

緑内障

緑内障とは犬の目の病気の一つで、眼の中の圧力(眼圧)が高まることによって網膜や眼の奥にある視神経が圧迫され、視覚に障害が現れる病気です。ぶどう膜炎によって併発する緑内障を「続発性緑内障」といい、ぶどう膜炎による炎症で白血球や破壊された組織の断片などが眼房水の出口に目詰まりを起こして眼圧が上昇し緑内障になります。

緑内障によって眼圧が高い状態が続き、視神経や網膜が圧迫されると、強い痛みを生じることがあります。また視神経や網膜は圧迫されることによって損傷を受けるので、そのまま放置すると失明してしまいます。

失明後も眼圧が高い状態が続くため痛みが残ったり、眼球が肥大化、または収縮するので眼圧を下げる手術が必要となります。犬の緑内障は発症すると症状が急激に進む病気なので早急に対応することが重要です。

犬のぶどう膜炎の症例

チワワ10歳雌

両目が充血している。

診察しますと確かに両目が充血しており、しょぼついている感じがあります。さらに問診をすすめますと、食欲の低下、下痢、飲水・排尿の増加がこの数日で見られているとのことでした。

検査の結果子宮蓄膿症という感染症であることが分かりました。この病気は放置すると敗血症から死に至るため、その日のうちに子宮の摘出を行いました。

一週間の入院の後、無事に退院することができました(目は術後すぐに改善しています)。このように全身疾患の表れとしてぶどう膜炎が起きることもあります。

Q&A

犬のぶどう膜炎からほかの病気を併発する可能性はどれくらいありますか?

ほかの病気を併発する確率は約5パーセントといわれています。あまり高くはないですが、ほかの病気を併発することで失明する危険もあるので早期発見、早期治療をすることが大切です。

ポイント

ぶどう膜炎は原因が多岐にわたり、全ての基礎疾患について完全な予防ができるわけではありません。しかし、特に犬の場合はぶどう膜炎を引き起こす感染症の予防を心がける事は、犬の命を守るために大切なことです。

放置しておくと失明の原因にもなる緑内障や網膜剥離を引き起こす可能性もあるので、ぶどう膜炎はすぐに治療することが必要です。愛犬の眼の様子に異変を感じたらできるだけ早く、動物病院で診察を受けましょう。