膿が溜まることで肛門が破裂する危険がある犬の病気「肛門のう炎」について

肛門に犬特有の分泌液が溜まることで発症する犬の病気「肛門のう炎」。分泌液の量は犬によって違いますが、特に自力で出せない小型犬にたまりやすいといわれています。飼い主さんが犬の分泌液を出す「肛門絞り」を上手くできていなかったり、または分泌液の存在自体を知らないことが原因で発症することが多く、ひどい場合だと肛門の皮を破って出血することもあります。そんな犬の肛門のう炎や肛門の絞り方についてまとめました。

目次

犬の肛門のう炎とは

犬の肛門のう炎とは「肛門のう」という器官が炎症を起こす病気のことです。肛門のうの中にある分泌液が溜まってしまうことで細菌が感染して炎症が起こります。

炎症が起きると肛門のうに次第に膿が溜まってどんどん膨らんでいきます。膨らみ続けることで肛門のうが破裂してしまったり、腫瘍化する恐れがある、とても危険な病気です。

肛門のうとは?

肛門のうとは肛門の近くにある器官のことをいいます。肛門のうの中には肛門腺といわれる分泌液を出す器官があり、オスの犬が便を出すときに一緒に排出されます。この分泌液はマーキングとしての役割があり、犬特有のにおいを持っています。

また犬同士があいさつの際にお尻をにおい合うのも肛門のうの分泌液のにおいを嗅いでいると考えられており、このにおいから相手の年齢や健康状態などいろいろなことがわかるといわれています。

犬の肛門のう炎の症状

肛門のう炎の症状
・肛門のうが化膿する
・出血
・皮膚の炎症
・発熱


症状によってみられる行動、変化
・肛門を舐める、気にする
・肛門を地面にこすりつける
・肛門周辺が赤くなる
・肛門の周りが膨らむ
・肛門から異臭がする
・お尻をさわると痛がる

肛門を気にする

肛門のう炎にかかると犬はしきりに自分の肛門を気にするようになります。自分の肛門を舐めたり、地面にこすりつけるなどの行動をとるようになり、肛門からきつい異臭がするようになります。

肛門周辺が赤くなる

肛門のう炎にかかると肛門周辺の皮膚が赤くなっていき、荒れはじめます。ひどくなるとお尻から出血したり皮膚が炎症を起こします。

肛門の周辺が膨らむ

肛門のうに膿が溜まることによって肛門の周辺が膨らんでいきます。膿によって周囲の皮膚が盛りあがり、さわると痛がるようになります。
症状がひどい場合はお尻の皮膚が破裂してしまうこともあり、破れた穴から血と膿が出てきます。

犬の肛門のう炎の原因

・肛門のうの詰まり
・肛門のうを絞る力が弱まる
・下痢や便秘
・ストレス
・肥満
・小型犬

肛門のうの詰まり

何らかの原因によって肛門のうが目詰まりを起こしてしまい、分泌液が出せなくなることで発症します。肛門のうと肛門をつなぐ「肛門のう管」が詰まってしまうことで分泌液を出せなくなります。

肛門のう管の詰まりはストレスや肥満なども関係しているといわれています。

肛門のうを絞る力が弱まる

肛門のうを絞る力が弱まると、分泌液を出せなくなり肛門のう炎を発症します。
自力で便と一緒に分泌液を出すことができていた犬でも、老化することで筋力が弱まってしまい分泌液を排出できなくなることがあります。そのためこれらは老犬などで多くみられます。

下痢や便秘

犬が下痢や便秘を引き起こすことで肛門の周りが不衛生になってしまい菌が繁殖しやすくなります。

小型犬

肛門のう炎は小型犬に多いといわれています。その理由は、小型犬は肛門のうの分泌をするために使う筋肉が弱いため、自力で排出することができないからだと考えられています。

肛門のう炎を発症しやすい犬種

肛門のう炎は小型犬に発症しやすいといわれています。その中でも特にこれらの犬種に多く発症がみられています。

・チワワ
・トイ・プードル
・シーズー
・キャバリア・キングチャールズ・スパニエル

犬の肛門のう炎の治療法

治療を行うことで肛門のう炎は治すことができ、肛門のうが破裂してしまった場合も再生することができます。

主な肛門のう炎の治療法
・肛門のう内の分泌液や膿を押し出す
・薬による内科治療
・外科手術

肛門のう内の分泌液や膿を押し出す

軽度な場合は肛門のうに溜まった分泌液や膿を押し出す治療を行います。左右にある肛門のうを両方から押し込んで分泌液と膿を排出します。
これを「肛門絞り」といい、分泌液が出せない犬には定期的に行う必要があります。

薬による内科治療

内科治療では抗炎症剤で炎症を抑えたり、抗生物質によって化膿するのを抑え、繁殖した細菌をやっつけます。
抗生物質を経口投与することで全身に効かせるよりも、化膿している場所のみにしぼった局部治療の方が効果は高いです。

そのため、カテーテルを使って直接肛門のうの中に抗生物質や抗炎症剤などの薬を投与することもあります。

外科手術

肛門のうの化膿の状態がひどく、投薬治療による効果が望めない場合は外科手術によって肛門のうを摘出する場合があります。麻酔を行い専用の手術キットを使って肛門のうを摘出します。

手術によって肛門のうを摘出した場合は、今後肛門のうに分泌液がたまらなくなるので定期的に肛門絞りをする必要はなくなります。また分泌液がたまらなくなるので当然肛門のう炎も再発しなくなります。

犬の肛門のう炎の治療費

動物病院や肛門のう炎の状態によって治療費は異なります。軽度の場合だと、診察料を含めて数千円で済むこともありますが、手術が必要な場合は手術費用のほかに麻酔費用、入院費用などがかかります。

・診察料
800〜1,500円

・麻酔料
6,000〜8,000円

・手術料
2,5万〜4万

・入院費(一泊)
5,000〜6,000円

犬の肛門のう炎の予防法

・肛門絞りを定期的に行う
・肛門周りを清潔に保つ

肛門絞りを定期的に行う

肛門のうから分泌液を自力で出せない犬はどんどん分泌液が溜まっていき、肛門のう炎を発症してしまいます。そのため犬が自力で出せない場合は飼い主が定期的に肛門絞りを行ってあげる必要があります。

犬によって肛門腺がたまりやすい子、たまりにくい子がいますが、2、3週間に一回を目安に肛門絞りを行うと安心だと思われます。

肛門腺の絞り方

肛門の4時と8時の方向に肛門のうの袋があります。その部分に適度な力を入れて上につまむように絞り出します。自宅で行う場合はにおいのきつい分泌液が出るのでティッシュなどを置いて行いましょう。

肛門の周りを清潔に保つ

犬が下痢や便秘をしているときは、肛門のうに細菌がわきやすくなります。そのため下痢、便秘などの症状が見られるときは特に肛門周りを清潔に保つことを心がけましょう。肛門周りの毛を短くカットしておくと便などの汚れが付きにくくなります。

Q&A

肛門絞りはどのような犬種に必要ですか?

基本的にはどの犬種にも必要です。

ただし個体差があるので肛門腺がたまりやすい犬、たまりにくい犬がおり、犬によってはある程度自分で出せる場合があります。
小型犬の場合は自分で出せない犬種が多いので、肛門腺がたまりやすい犬の場合は定期的に絞る必要があります。

肛門絞りはコツが必要で犬が嫌がる場合は難しいこともあります。自分でやるのが難しいようならペットショップ、トリミング施設や病院などに依頼しましょう。

肛門のう炎と似た症状の病気はありますか?

「会陰ヘルニア」といって骨盤の中にある臓器が飛び出してしまう病気でも肛門周りが腫れることがあります。しかし一般的に肛門のう炎の方が会陰ヘルニアよりも肛門周りの膨らみが大きくなります。

ポイント

肛門のう炎のほとんどは飼い主さんがうまく肛門腺を絞れていないことが理由で発症します。肛門絞りはなかなか難しいこともあるのでうまくできない飼い主さんも多いです。飼い主さんの中には肛門絞りのやり方を知らなかったり、肛門腺自体を知らない場合があります。

肛門腺をうまく絞りだせないとせっかく治療を行っても再発してしまう可能性があるので、どうしても難しい場合はトリミングサロンや動物病院などに依頼しましょう。