下痢や嘔吐などを引き起こす犬の寄生虫「犬回虫症」について

別名「トキソカラ症」ともよばれている犬の寄生虫による感染症「犬回虫症」。犬回虫という寄生虫に感染することで発症し、成犬にはそれほど症状が出ないこともありますが、子犬に感染することで症状が悪化して重症化する危険性があります。駆除剤による投薬治療によって完治させることができ、あらかじめ投与することで予防することもできます。今回は犬の回虫症についてまとめました。

目次

犬の犬回虫症とは

Fotolia 132298116 xs

犬の「回虫症(トキソカラ症)」とは寄生虫の一種である「犬回虫」または「犬小回虫」が寄生することによって発症する病気です。

犬回虫、犬小回虫は犬の腸に寄生し回虫症を発症させ、食欲不振や下痢、嘔吐などの症状を引き起こします。

犬回虫は成犬にはあまり回虫症を発症させず、主に6ヶ月未満の子犬、妊娠中のメス犬に回虫症を発症させます。犬小回虫は子犬、成犬問わず回虫症を発症させます。

犬回虫について

犬回虫とは主にイヌ科に寄生する黄白色の9〜18cmほどの回虫です。回虫とは多くの哺乳類に寄生する寄生虫で、主に動物の小腸に寄生します。犬回虫以外にも猫回虫、人回虫などさまざまな種類があります。

犬の回虫症の原因となる回虫には「犬回虫」と「犬小回虫」がおり、見た目や、感染経路は似ていますがライフサイクルや症状が異なります。
犬回虫は肺や気管支、食道で成長し、その後腸で成虫になりますが、犬小回虫はほとんど腸から移動せずに成虫になります。

犬回虫、犬小回虫は成虫になると1日に大量の卵を産み、感染した犬の排出物と一緒に外へ出て広がっていきます。またこの卵は土の中で長時間生きることができるといわれています。

犬の犬回虫症の症状

犬の回虫小は犬小回虫、犬回虫のどちらに感染するかによって症状が異なります。

犬小回虫の症状
・食欲が減る
・下痢や嘔吐

犬回虫の症状
・元気がない
・食欲不振
・腹痛
・下痢や嘔吐
・体重減少
・脱水症状
・栄養失調
・貧血
・毛並みの悪化
・咳き込む
・呼吸障害
・痙攣

犬小回虫の症状

主に生後4ヶ月以降の犬に症状があらわれます。犬小回虫は犬回虫と比べあまり症状が出ません。

ご飯を食べる量が減る、ときおり下痢や嘔吐がみられることなどがありますが、ほとんど無症状な場合もあります。

犬回虫の症状

主に生後6ヶ月未満の子犬や妊娠中のメス犬に症状がみられます。

寄生することで下痢や嘔吐を繰り返すようになり、下痢や嘔吐などに混じって紐のような犬回虫が一緒に出てくることもあります。

また食欲不振になったり、犬回虫に栄養を取られてしまうため栄養失調や貧血などの症状が出てきます。
他にも腹痛が起きる、お腹が犬回虫によって張る、大量の虫が移行することで咳き込む、呼吸障害を起こす、犬回虫の毒素によって痙攣が起きるなどの症状が出ることもあります。

妊娠中のメス犬に症状が出た場合は胎児に感染することで子犬が死亡することがあるので、妊娠中は特に気をつけなければいけません。

回虫症によって併発する病気

犬回虫が寄生して、回虫症を引き起こした場合は他の病気や重大な症状を引き起こす可能性があります。

犬の腸閉塞

犬の腸閉塞とは何らかの原因によって腸がつまる病気です。大量の犬回虫が腸の中に寄生することで腸がつまり腸閉塞を発症してしまうことがあります。

詳しくは”腸が詰まることで症状する犬の病気「腸閉塞」について”を参考にしてください。

腸が詰まることで症状する犬の病気「腸閉塞」について

犬の肺炎

犬の肺炎は非常に死亡率が高く、2〜3日で急激に体調を悪化させる恐ろしい病気です。

犬回虫の幼虫は腸から肝臓、心臓、肺に移動して再び腸に戻ります。そのため犬回虫が成長する過程で大量の幼虫が肺に移動すると肺炎を引き起こしてしまうことがあります。

犬の回虫症の原因

犬の回虫症の原因は犬回虫か犬小回虫が犬に寄生することで発症します。

犬小回虫は卵が口から入ることによる経口感染だけですが、犬回虫は経口感染のほかに妊娠している胎盤から子犬へ垂直感染することがあります。

犬小回虫が感染する原因

Fotolia 140457324 xs

経口感染

経口感染では犬小回虫の卵を直接食べてしまうことで感染します。犬小回虫の卵は感染した動物の排泄物に紛れて一緒に排出され、そこから5〜10日ほどで感染できる状態になります。

その後、卵を食べる動物を待ちますが、卵が食べられなかった場合でも土の中で数年間生息することができます。

犬に感染する場合は卵が付いた糞を犬が食べてしまったり、糞に近づくことで体についてしまい食事と一緒に食べてしまうことなどがあります。

また、飼い犬ではあまり考えられないことですが、犬小回虫に感染しているネズミなどを捕食したときにも感染します。

犬小回虫のライフサイクル

食糞などで犬の体内に侵入した犬小回虫の卵は小腸で孵化し、そのまま小腸で成長を続け成虫になります。

犬小回虫が成虫になると大量の卵を散布して糞と一緒に排出されます。その後5〜10ほどで経口感染できる状態に成熟して宿主を待ちます。そのため自分の糞を食べることで、繰り返し感染してしまうことがあります。

犬回虫が感染する原因

経口感染

経口感染の経緯はほとんど犬小回虫と同じで、糞に近づくことで体についてしまい食事と一緒に食べてしまったり、卵が付いた糞を犬が食べてしまうことなどがあります。

垂直感染

垂直感染とは犬回虫に寄生されたメス犬から子犬へと母子感染することをいい、メス犬から子犬へと犬回虫が感染する経緯はいくつかあります。

犬回虫は感染したメス犬の胎盤、乳腺、腸などに寄生します。そのためメス犬の胎盤を通ってお腹の中の子犬へと感染してしまします。

また胎盤を通じて感染せずに生まれた場合でも、乳腺に寄生した犬回虫が母乳から感染することもあります。

さらにメス犬の糞にも犬回虫の卵が含まれているため、子犬が糞を舐めることで経口感染してしまいます。

犬回虫のライフサイクル

6ヶ月未満の子犬の体内に入った犬回虫の卵は小腸で孵化されます。孵化した犬回虫の幼虫は血管を通って肝臓や心臓を経て肺に到着し、その後肺や気管支、食道で成長します。

その後、犬に飲み込まれることで再び胃から腸へと移動し成虫になります。

子犬や妊娠中の犬だけに症状がでる

犬が生後6ヶ月以上に成長し免疫力が付いている場合、犬回虫は成虫になりません。
成犬の腸から孵化した幼虫は血液を通って臓器や筋肉の中で「シフト」という殻を被って身を守り、それ以上成長しなくなります。そのため子犬以外には犬回虫症による症状はでません。

その後、老化して免疫力が低下したりメス犬が妊娠した場合に幼虫は活動を再開して犬回虫症を引き起こします。

犬回虫症の治療法

Fotolia 138493603 xs

犬回虫症の治療には主に以下の内容をおこないます。

・犬回虫の検査
・駆除薬の投与
・下痢や肺炎などの炎症を抑える

犬回虫の検査

犬回虫症を治療するためにはまず動物病院で検査する必要があります。犬回虫の検査方法は主に血液検査、抗体検査、レントゲン、エコー検査などをおこないます。

また粘液便を採取することができれば顕微鏡で直接確認することができます。検査の際は肺炎や腸閉塞などほかに病気や炎症を起こしていないかもチェックします。

駆除薬の投薬

検査で犬回虫が確認されれば駆除薬を投薬して治療していきます。

投薬によって寄生している犬回虫を駆除することで犬回虫症の症状は改善されますが、犬回虫は生命力が強いため一度の投薬では駆除しきれず、卵や幼虫が残っている可能性があるので2〜3週間後にもう一度検査をおこいます。

その検査の結果によって必要な場合は再び駆除薬を投与します。

下痢や嘔吐、肺炎などの炎症を抑える

犬回虫症によって下痢や嘔吐がひどい、肺炎がみられる場合は炎症を抑える治療をおこないます。そのほかにも腸閉塞などがみられる場合は症状に応じた治療をおこなう必要があります。

犬回虫症の治療費

動物病院は自由診療のため病院によって値段が異なることがあります。また犬の症状によっても治療費は変わってきます。

・診察料
800〜1,500円

・血液検査
1,200〜2,500円

・点滴
2,000〜3,000円

・レントゲン検査
1万〜1,2万円

・検便
約500〜1500円

・駆虫薬
約1000〜2000円

犬回虫症の予防法

・動物の糞に近づけさせない
・犬の生活環境を常に清潔にする
・駆除薬を定期的に投与する

犬回虫症の予防にはこれらの方法が効果的です。

動物の糞に近づけさせない

犬は食糞することもあり、糞から経口感染によって犬回虫症に感染することが多いです。
そのためなるべく犬の糞には近づかせないようにしましょう。特に散歩中に道端に落ちている糞には気を付ける必要があります。

また犬を多頭飼いしている家では、犬が糞をしたらほかの犬が近寄らないようになるべくすぐに片付けましょう。

犬の生活環境を常に清潔にする

犬回虫症を予防するためには常に犬の周りを清潔にすることを心がけましょう。
糞は放置せずに速やかに片付け、経口感染によって繁殖するのを防ぎます。特に新しく子犬を迎え入れた場合は、先住犬の糞が散らからないように生活環境を整えましょう。

駆除薬を定期的に投与する

犬を繁殖させる場合は垂直感染を防ぐためにあらかじめ犬回虫を駆除しておきましょう。
妊娠する前に検査をし、駆除薬を投与することで子犬への感染を未然に防ぐことができます。

また定期的に駆除薬を投与することで犬回虫、犬小回虫を駆除することができます。新しく子犬を迎え入れる場合でも、先住犬に犬回虫が感染している可能性があるので駆除薬を投与して感染を予防しましょう。

Q&A

犬回虫が人に感染することはありますか?

非常に稀ですが人に感染することがあります。特に免疫力の弱い子供などが道端に放置してある犬の糞に触れることで感染することがあるので、気を付けましょう。

また鶏肉やレバーを生食することでも感染することがあり、人に感染した場合は重症化する危険もあります。

犬回虫症は自然回復することはありますか?

犬回虫は強い生命力を持っており、1日に何万個も卵を産みつけます。そのため犬の免疫力で自然治癒することはありません。

犬回虫を駆除するためには必ず薬での治療が必要になります。

ポイント

犬回虫症は成犬には症状がない場合が多く、それほど重い病気ではありませんが、子犬が発症することで緊急性を要する病気になってしまいます。特に肺炎を発症させてしまうとほとんどの犬が命を落とします。そのため感染が疑わしい場合は、すぐに検査を受けて早期に治療する必要があります。

また未然に子犬への感染を防ぐことも大切です。成犬に犬回虫症の症状がみられなくても体内に犬回虫が寄生している可能性があるので、繁殖する予定や子犬を新しく飼うことを考えている場合は必ず検査をおこなって子犬に移らないように予防しておきましょう。