皮膚から感染することもある犬の寄生虫「鉤虫症」について

寄生虫が犬の小腸に感染することで発症する病気「鉤虫症」。子犬が感染することで寄生虫に腸の血を吸われ、貧血や下痢などの症状を引き起こし、重症化することもあります。治療には駆除薬の投与が必要で、点滴や食事による対症療法を行う場合もあります。このまとめでは犬の条虫症についてや、お勧めのサプリメント、ドッグフードなどをご紹介します。

目次

犬の鉤虫症とは

Fotolia 136101098 xs

犬の鉤虫症とは「鉤虫(こうちゅう)」という寄生虫が犬の体内に入ることで感染する病気のことです。

鉤虫の幼虫は小腸にすみつき、小腸壁に噛み付いて血を吸います。
そのため寄生している鉤虫の数が多いと慢性的な貧血や下痢を引き起こしてしまい、子犬が感染した場合は重症化して死に至ることもあります。

鉤虫について

鉤虫とは1〜2cmほどの白い虫で「十二小腸虫」とも呼ばれています。頭に鉤のようなキバが付いており、このキバを小腸の壁に突き立てることで血を吸います。

犬に寄生した鉤虫は成熟すると卵を産み、便と一緒に排出されることで外へ出ます。卵から孵化した幼虫は土の中で成長し自分で動いて皮膚から侵入できるようになります。

犬の鉤虫症の症状

犬の鉤虫症の症状
・貧血
・下痢
・血便

症状によってでる行動、変化
・元気がなくなる
・食欲不振
・被毛の調子が悪くなる
・お腹が痛い
・体重の減少
・皮膚の出血
・皮膚のかゆみ
・子犬が乳を飲まなくなる

黒いタール状の下痢、血便

犬が鉤虫に感染することで黒いタール状の下痢や血便などの症状がみられるようになります。

成犬の場合は寄生している鉤虫の数が少ないとそれほど症状が出ないこともありますが、鉤虫の数が増えた場合は慢性的な貧血を引き起こします。

また子犬に感染した場合は特に危険で、急性的な下痢や貧血症状があらわれ、衰弱してしまうことがあります。

食欲不振、子犬が乳を飲まなくなる

鉤虫が感染することで食欲不振や乳を飲まなくなるなどの症状がみられることがあります。
食欲不振は特に子犬に感染したときに多く、腹痛をともなうこともあるため痛みから背中を丸めるようになります。

また母子感染によって幼犬に感染した場合は生後1週間ほどで母乳を飲まなくなり、衰弱して死に至ることもあります。

被毛の調子が悪くなる

鉤虫症によって下痢や血便、食欲不振が起こり慢性的な貧血を引き起こすと、タンパク質が不足してしまい被毛の調子が悪くなります。

皮膚のかゆみ、皮膚の出血

鉤虫が皮膚や肉球から侵入してきた場合、侵入した箇所が出血したり、かゆみがでることがあります。

そのため、しきりに引っ掻くようになったり、地面や壁に擦りかゆみのある箇所を擦りつけるなどの行動をとることもあります。

犬の鉤虫症の原因

Fotolia 135685447 xs

鉤虫症は鉤虫が「経口感染」「母子感染」「経皮感染」などの感染経路によって、体内に侵入することで発症します。

経口感染

鉤虫症はほとんどの場合、口の中から鉤虫の幼虫が入ることで感染します。鉤虫の卵は感染した犬の糞と一緒に排出されるため、犬の糞を食べることで口から感染します。

母子感染

妊娠しているメス犬が鉤虫症に感染している場合、母子感染によって子犬に感染してしまう可能性があります。

母犬から子犬への感染経路にはいくつかの経路があり、母犬の胎盤を通じてお腹の中の子犬に感染する場合や、母犬の母乳によって子犬に感染することがあります。

また母犬の糞にも鉤虫の卵が含まれているため、それを子犬が食べることで感染してしまうこともあります。

皮膚からの感染

まれに皮膚や毛穴から鉤虫が体内へ侵入することで感染することがあります。特に怪我をしていると傷口から直接侵入してしまいます。

鉤虫のライフサイクル

「経口感染」「母子感染」「経皮感染」などで犬の体内に侵入した鉤虫は犬の腸内に卵を産みつけます。

卵は犬の糞と混ざって外へ出ていき、高温で多湿な環境であれば1〜2日で孵化します。
その後、宿主に食べられるのを待ちますが、1〜2週間ほどで成長して自分で動いて動物の毛穴や皮膚から侵入できるようになります。

犬の体内に侵入した鉤虫は血管などを通って1週間ほどで腸にたどり着き、腸の中で成虫へと成長します。
成虫になった鉤虫は小腸の粘膜に噛み付いて血を吸って寄生し続け、メスは卵を産んで繁殖していきます。

犬の鉤虫症の治療法

Fotolia 139452614 xs

犬の鉤虫症の治療にはいくつかの治療方法があります。

・鉤虫症の検査
・駆除薬の投与
・点滴、輸血
・食事療法

鉤虫症の検査

犬の鉤虫症は検便によって検査をおこないます。顕微鏡を使って便の中にある卵を検出します。
犬の鉤虫症は、顕微鏡で検便の中にある卵を検出することで診断されます。

回虫の卵に比べると鉤虫の卵は小さいですが、大量の卵を散布するため比較的見つかりやすいといわれています。

まだ幼い子犬の場合は、緊急性を要することがあるので便から卵が検出されない場合でも症状に基づいて診断されることがあります。

駆除薬の投与

鉤虫症は駆除薬の投与によって治療します。駆除薬はフィラリアの予防剤としても使われているミルベマイシン、抗線虫剤、ドロンタールプラス錠、線虫駆除に使われているフェンベンダゾールなど投与します。

症状が軽い場合は比較的早く完治しますが、腸以外の臓器や筋肉などに鉤虫が隠れていた場合、再度感染してしまうので数ヶ月間予防として駆除をおこなうこともあります。

点滴、輸血

鉤虫症による下痢や貧血の症状がひどい場合はこれらに対する治療が必要です。そのため鉤虫によって貧血の症状がひどいときには、点滴や輸血などの処置がとられることもあります。

食事療法

軽症の場合は特に必要ありませんが、鉤虫症の症状によるダメージが考えられる場合はフードやサプリなどで不足した栄養を補う必要があります。

特に貧血の症状(被毛の状態が悪い)がみられた場合はタンパク質や鉄分、ビタミンなどを摂取する必要があります。
また下痢がひどいときは、なるべく消化しやすいフードを与えましょう。

オススメのフード、サプリメント

鉤虫症によって下痢の症状がひどい犬にオススメです。消化管の健康維持に配慮して高消化性のタンパク質が使用されており、健康を維持するためのビタミンも多く含まれています。

ペットチニック 犬猫用 30mL

鉤虫症による貧血の症状がひどい犬にオススメです。普段の食事にふりかけて食べさせることで、鉄分やビタミンをバランスよく摂取することができます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2016 09 16 2.01.58

犬の鉤虫症の予防法

犬の鉤虫症の予防には
・糞に触れさせない
・生活環境の改善
・寄生虫検査
などが有効です。

糞に触れさせない

鉤虫の卵や幼虫は犬の糞に付着していることが多いので、なるべく近づけないようにすることが大切です。

散歩中に道端に落ちている糞に近づけさせないようにしたり、飼い犬が出した糞便はすぐに片付けるようにしましょう。犬を多頭飼いしている家庭では特に注意が必要です。

生活環境の改善

こまめに掃除して常に清潔な状態を維持しましょう。特に一度鉤虫症に感染している場合は犬舎、敷物、食器などに幼虫が付いている可能性があります。

再感染や多頭飼いしている場合は他の犬にうつる可能性があるのでキレイに洗っておきましょう。

寄生虫検査

定期的に寄生虫の検査を受けることで予防しましょう。特に繁殖を考えている場合は、親犬が感染していると生まれてくる子犬にも感染してしまう恐れがあります。

そのため交配させる前は必ず寄生虫検査を受けましょう。

Q&A

犬の鉤虫症は人に感染することがありますか?

鉤虫の幼虫は外へ排出されから1〜2週間で自ら動き、皮膚から感染できるようになります。
そのためこの状態の幼虫がいると人の皮膚から侵入して感染することがあります。

一時的に皮膚が炎症を起こしたりかゆくなるなどの症状が出ますが、犬のような下痢などの症状が出たり、重症化することはありません。

ポイント

犬の鉤虫症は主に暖かくて衛生状態の悪いジメジメした場所に多く生息します。そのため普段から犬の身の回りをキレイにして生活環境を整えることが大切です。

鉤虫の幼虫は自ら動き皮膚から感染することができるので、犬が一度でも感染した場合は部屋を綺麗に掃除して幼虫を駆除しておきましょう。
鉤虫症は一度発症すると、体内や体外に幼虫が隠れていて再感染することも多いので、特に予防を徹底する必要があります。