カビが感染することで起こる犬の皮膚の病気「白癬症」について

犬の「白癬症」は別名「皮膚真菌症」とも呼ばれ、名前の通り真菌に感染することで発症する病気です。発症することでフケをともなう脱毛が円形状に進んでいくため「リングワーム」と呼ばれることもあります。白癬症は犬や他の動物にもうつることがある「人獣共通感染症」で、治療には投薬や、薬浴、薬用シャンプーなどを使用します。このまとめでは犬の皮膚病、白癬症についてまとめました。

目次

犬の白癬症とは

Fotolia 68174008 xs

真菌に感染することで発症する犬の皮膚疾患を「白癬症(はくせんしょう)」といいます。
真菌とはカビのことをいい、感染することで菌糸(きんし)を毛根に伸ばすため毛が細くなったり途中で切れるようになります。

真菌が感染することで発症するため「皮膚真菌症」と呼ばれることもあり、症状が進行すると脱毛が円形に広がっていきます。

真菌について

真菌とはカビのことで、犬の白癬症は主に「犬小胞子菌」「石膏状胞子菌(せっこうじょうほうしきん)」「白癬菌」などの真菌によって引き起こされます。

人の水虫も真菌が感染することが原因で、真菌は細胞に定着して菌糸を伸ばすことで成長していきます。
菌糸とは真菌の体を構成している糸状のものことで、カビやキノコなどはこの菌糸が寄り集まってできています。

犬の白癬症の症状

・毛が細くなる
・脱毛
・発疹ができる
・フケがでる
・かさぶたができる
・皮膚がただれる
・かゆみがでる

毛が細くなる、脱毛

皮膚真菌症を発症することで真菌が毛根に菌糸を伸ばすため毛が細くなり、途中で切れることもあります。
また症状が進むと円形の脱毛が広がっていきます。この症状から「リングワーム」と呼ばれることもあります。

発疹ができる、フケがでる

円形に脱毛が広がっていくと同時に大きめの発疹がでて、その周囲にフケやかさぶたがみられるようになります。
これらの症状は主に皮膚が薄くて柔らかい目や耳、口などの顔まわり、お腹、足の付け根や脇の下などに多くでてきます。

かゆみがでる、皮膚がただれる

発疹やフケをともなった円形の脱毛が広がるにつれて、皮膚がジメジメとただれはじめることがあります。
かゆみは人の水虫ほど強くはなく、犬によってはでないこともありますが皮膚の免疫が弱まり、細菌による二次感染を引き起こすことで強いかゆみがでるようになります。

症状が出ない場合も

犬に白癬症の原因となる菌が感染していても全く症状を示さない場合があります。
これを「不顕性感染(ふけんせいかんせん)」といい、犬の免疫力が低下することで症状があらわれるようになります。

犬の白癬症から併発する病気

Fotolia 123878576 xs

犬の脂漏症

犬に「脂漏症(しろうしょう)」とは皮脂の分泌が多くなる、または少なすぎることが原因で発症する病気です。
発症することでフケがでたり、臭いにおいが出るようになります。白癬症によって皮膚がただれ、皮脂の分泌が正常にできなくなることで発症します。

犬の膿皮症

犬の膿皮症とは犬の皮膚に細菌が感染することで皮膚に炎症を起こす病気のことです。
白癬症によって脱毛が進み、皮膚のバリア機能が弱くなることで発症することがあります。

詳しくは”犬の「膿皮症」について”を参考にしてください。

犬の「膿皮症」について

犬が白癬症になる原因

・真菌と接触する
・免疫力の低下
・不衛生にしている

真菌と接触する

白癬症は犬に真菌が感染することが原因で発症します。真菌に感染している犬にふれたり、空気中に飛んでいる真菌の胞子によってうつることがあります。

また真菌症の原因となる菌は、土の中にも生息しているため、穴掘りが好きな犬や免疫力の低い子犬や老犬は感染することがあります。
菌の胞子は犬の被毛の根もとにとりつき、毛根に菌糸を伸ばして広がっていきます。

免疫力の低下

通常、犬に真菌が感染しても犬の免疫によって菌を撃退することができるため、発症することはありません。
しかし何らかの原因によって免疫力が低下し、皮膚のバリア機能が弱まることで菌が増床して白癬症を発症してしまいます。

犬の免疫力が低下する原因には、アレルギー性皮膚炎や感染症、老化、ステロイドなどの薬、ストレスなどがあります。

不衛生にしている

真菌とはカビのことなので、カビが繁殖するような不衛生な状態だと白癬症を発症しやすくなります。
特にトリミング犬種や長毛種は短毛の犬に比べて白癬症を発症する可能性が高いといわれています。

手入れをしていない長い被毛は汚れや湿度から菌が繁殖しやすい状態になってしまうため、不衛生にしていることは白癬症を発症させる原因となります。

犬の白癬症の治療法

・犬の白癬症の検査
・外用薬、内服薬の使用
・薬浴、薬用シャンプー

犬の白癬症の検査

白癬症の患部の被毛を採取して顕微鏡で調べることである程度診断することができますが、白癬症であることを確定させるためには被毛や患部の皮膚を使って培養検査をおこなう必要がります。

菌があるかどうかを確認し、その菌を増殖させてから生化学的特徴などを組み合わせて解析していきます。
菌を増殖させる必要があるため、診断に1週間以上かかってしまうこともあるので試験的に白癬症の治療をおこなうことが多いです。

外用薬、内服薬の使用

白癬症が確認された場合、外用薬や内服薬を使用することで治療をおこないます。
白癬症が体の一部にだけ感染している場合は抗真菌剤軟膏のような外用薬を塗布することで局所治療をおこない、原因となるカビを取り除くため、あるいは薬を塗りやすくするため被毛を刈り取ることがあります。

白癬症の症状が深刻で体の全身にでているような場合は、局所にくわえグリセオフルビンやフルコナゾールなどの経口抗真菌薬を使用します。

薬浴、薬用シャンプー

薬による治療にくわえ、1〜2週間に一回は真菌を殺す薬を配合したペット用の薬浴剤や薬用シャンプーを使用して治療していきます。

カビを死滅させることは大変で、症状が治まったからといって治療をやめてしまうと再び再発してしまうことも少なくありません。
そのため投薬や薬浴、シャンプーなどの治療は最低でも1ヶ月以上継続する必要があります。

犬の白癬症の予防法

Fotolia 124437040 xs

・真菌になるべくふれさせない
・犬の皮膚や被毛ケアをする
・生活環境を清潔にする
・早期発見する

真菌になるべくふれさせない

白癬症は真菌が犬に感染することによって発症するため、なるべく真菌にふれさせないようにしましょう。
特に免疫力の弱い子犬や老犬は真菌症を発症している犬にふれない、ジメジメとした汚い場所には近づかないことが大切です。

また直接犬が接触しなくても、飼い主が真菌症に感染した動物やその犬の首輪やタオルなどにふれることで菌を家に持ち帰ってしまい感染することがあります。

犬の白癬症は菌が感染していても症状がでない「不顕性感染」の状態になっていることがあり、特に野良犬や野良猫などはその可能性が高いので、もし犬や猫にさわった場合はしっかり手を洗って家に持ち帰らないようにしましょう。

犬の皮膚や被毛をケアする

犬の皮膚や被毛のケアが十分でない場合は、菌が繁殖しやすくなります。
特に毛の長い犬はシャンプーやブラッシングをしてあげないと毛の中が蒸れてしまい菌が増殖します。

適度にシャンプーやブラッシングをおこない、トリミング犬種は定期的にトリミングサロンでヘアカットをおこないましょう。
雨の散歩やシャンプーの後などに被毛が濡れたままになっていると、菌が繁殖してしまうのでしっかりタオルで拭いて乾かしてあげてください。

生活環境を清潔にする

犬の周りが不衛生な状態だと菌が繁殖しやすくなります。犬舎やカーペットなどはこまめに掃除、洗濯をおこない消毒しておきましょう。
犬が普段から使用しているタオルや首輪、ドッグウェアなども洗濯、天日干しをして綺麗にしておくことが大切です。

生活環境を清潔にすることは白癬症の再発を防止するためにも大切です。

早期発見する

犬の白癬症を予防するためには早期に発見して治療する必要があります。早期発見することで症状が進行することを食い止め、治療時間も短くなります。

特に犬やほかのペットを多頭飼いしている場合は、ほかのペットにうつさないためにも症状がでたらすぐに病院で調べてもらうことが大切です。

犬の白癬症に効果的な抗真菌作用薬浴シャンプー

マラセブシャンプー 250mL(動物用医薬品)

31jiihwxjdl. sy355

出典:www.amazon.co.jp

白癬症の予防や治療によく使われている「マラセブシャンプー」は、余分な皮膚の脂を落とし皮膚炎を起こす可能性のある菌を駆除してくれます。真菌への効果が高く白癬、皮膚感染症を防いでくれます。

マラセブシャンプー 250mL(動物用医薬品)

ペットダームシャンプー

017044 petderm

出典:usapara.org

人用として使用されているオロナイン軟膏の主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩が配合されておりバッチリ殺菌、抗菌を行ってくれます。皮膚への刺激もそれほど強くないので、皮膚が弱い犬でも白癬症の予防や治療に使用することができます。

ペットダームシャンプー

Q&A

犬の白癬症が人に感染することはありますか?

犬の白癬症の原因になる真菌の一つである白癬菌は人の水虫の原因となる菌と同じです。
そのため犬から人へ感染することがあり、また人から犬へ感染することもある人獣共通感染症(じんじゅうきょうつうかんせんしょう)です。

犬や人以外にも猫やうさぎなども感染するので、一緒に飼っている場合は注意が必要です。

ポイント

白癬症は若くて健康な犬の場合、治療をおこなうことによってほとんどが完治します。しかしほかに病気を患っていたり、白癬症が体全身に広がってしまっている場合は治療による効果がでにくい場合があり、再発を繰り返したり完治しないこともあります。

そのため重症化させないように早期に治療をおこなう、または未然に防ぐことが重要で、特に免疫力が低くなっている老犬やほかの病気で弱っている犬は予防を徹底しましょう。できるだけ菌を持ち帰らない、また弱っているときは散歩を控えることも大切です。