視力の低下や失明にもつながる犬の目の病気「角膜炎」について

角膜炎とは目の表面にある角膜に炎症が起きる病気です。原因は主に外傷やウイルス、細菌、基礎疾患からの併発などがあり、発症することで強い痛みをともないます。また目の充血や白くにごるなどの症状が見られることもあり、重症化すると失明する可能性もあります。軽度であれば対症療法として目薬を使用することで自然治癒していきますが、重度の場合は手術が必要となります。このまとめでは犬の角膜炎についてご紹介いたします。

目次

犬の角膜炎とは

角膜炎とは犬の眼球の前面を覆っている透明の膜「角膜」に傷や異物、細菌やウイルスの感染によって炎症が起きる病気です。

角膜に炎症が起きることで痛みが出たり、痛みによって目がショボショボしたり開かなくなることもあります。
また目が充血したり、目の表面が白くみえることもあります。

また角膜炎には大きく分けて外的刺激により発症する「潰瘍性角膜炎」と、遺伝や犬種などが原因となる「非潰瘍性角膜炎」があります。

潰瘍性角膜炎について

角膜とは眼球の前面にある透明な部分のことを言い、いくつもの層でできています。
潰瘍性角膜炎とはこの層が一層以上破壊されることで発症する角膜炎のことを言い、どの層にどの程度の炎症ができているかによって病名が変わります。


・表層性角膜炎
角膜の一番浅い部分である表層、角膜上皮だけに炎症が起きている角膜炎。

・深層性角膜炎
角膜の上皮を完全に突き破り、さらに深い部分に炎症が起きている角膜炎。

非潰瘍性角膜炎について

非潰瘍性角膜炎とは遺伝や犬種、環境などの原因によって角膜の表面だけに炎症が起きる角膜炎のことを言いす。
非潰瘍性角膜炎は以下の三つの種類に分けれらます。

・慢性表層性角膜炎
角膜の表面に慢性的な炎症が見られる角膜炎で、両目ともに発症します。

・色素性角膜炎
角膜の表面が黒や赤褐色に変色する角膜炎で「角膜パンヌス」と言って、眼球内の毛細血管が浮き上がる症状が出ます。

・結節性肉芽腫性強膜炎
両目に発症し、角膜の淵に赤く腫れができる角膜炎です。

犬の角膜炎の症状

角膜炎の症状
・激しい痛み
・白目の充血
・目ヤニや涙が増える
・角膜が白くにごる
・角膜パンヌス
・視力低下
・失明

角膜炎の症状による犬の行動
・足で目をこすろうとする
・目を床や壁にこすりつけようとする
・まばたきが多くなる

激しい痛み

犬が角膜炎を引き起こすと激しい痛みを感じるようになります。
そのため足で目をこすったり、目を床や壁にこすりつけるなどの行動をとります。

また瞬きの回数が増えたり、目をしょぼしょぼさせるようにもなります。

白目の充血、目ヤニや涙が増える

角膜炎を発症すると白目が赤く充血していきます。
犬は光彩が大きく発達しているため普段の状態では白目が見えづらい場合もありますが、まぶたを持ち上げることで確認することができます。

また普段よりも涙が多く出るようになるため、目の周りが濡れていたり、目ヤニが多くついている場合があります。

角膜が白くにごる、角膜パンヌス

角膜炎を発症すると、目の外観に変化が起きます。
角膜に傷ができることによって角膜が白くにごったり、角膜パンヌスといって、通常は白目に収まっている毛細血管が角膜まで伸びてくる症状が出ることがあります。

視力の低下、失明

潰瘍性角膜炎が発症することで、角膜の層が深く破壊されていきます。そのため視力障害を引き起こす可能性があります。

傷や炎症によって全ての角膜が破られることを角膜穿孔といい、失明することもあります。

犬の角膜炎から併発する病気

結膜炎

結膜炎とはまぶたの裏側にある結膜が傷や刺激物、ウイルスや細菌の感染などによって炎症が起きる病気で、目のかゆみや痛み、充血などの症状を引き起こします。

角膜の炎症が結膜にまで広がることで併発します。

詳しくは”犬の「結膜炎」について”を参考にしてみてください。

白目が赤く充血する犬の目の病気「結膜炎」について|HANEY [ハニー]
結膜炎とは結膜というまぶたの裏側にある膜が炎症を起こす病気です。犬にもっとも多く発症する目の病気の一つといわれており、主にウイルスや細菌、傷、ホコリやシャンプーなどの異物、ほかの基礎疾患が原因となって発症します。発症すると目のかゆみや痛み、充血などの症状を引き起こしますが、早期に目薬による点眼治療をおこなえば、数日で症状が治まることもあります。このまとめでは犬の結膜炎についてご紹介いたします。

犬の角膜炎の原因

角膜炎の原因は潰瘍性角膜炎と非潰瘍性角膜炎によって異なります。

潰瘍性角膜炎の原因
・外傷
・ウイルス、細菌、真菌
・基礎疾患
・犬種

非潰瘍性角膜炎の原因
・基礎疾患
・環境
・犬種

外傷

潰瘍性角膜炎は角膜への外傷や刺激によって発症します。
主にトゲが刺さる、目にゴミが入る、シャンプー、犬同士のケンカで爪が当たるなどが考えられます。

ほかにも交通事故などによって外部から強い圧力が加えられることによって発症することもあります。

ウイルス、細菌、真菌

何らかのウイルス、細菌、真菌などに感染することによって潰瘍性角膜炎が発症することがあります。

犬ジステンパーという病原体への抵抗力が弱まるウイルスや、レプトスピラ症に感染することで発症しやすくなります。

基礎疾患

潰瘍性角膜炎はほかの基礎疾患から併発して発症することもあります。
ドライアイによってまぶたが閉じなくなることや、逆まつげによる刺激などの病気によって原因はさまざまです。

ほかにも緑内障、白内障、眼瞼外反症、眼瞼内反症、角膜剥離などから併発することがあります。

環境

非潰瘍性の慢性表層性角膜炎は、高地や日差しの強い地域など環境によって発症率が高まるといわれています。

角膜炎になりやすい犬種

潰瘍性角膜炎を引き起こしやすい犬種

両目の角膜にいろいろなものが沈着する遺伝による病気「角膜上皮ジストロフィー」を発症することがあるシェットランド・シープドッグや「角膜内皮ジストロフィー」を発症するボストン・テリアなどはこれらの病気から潰瘍性角膜炎を併発させることがあります。

慢性表層性角膜炎

ジャーマン・シェパード・ドッグは慢性表層角膜炎を発症しやすい犬種で、4~7歳で発症することが多いと言われています。

色素性角膜炎

色素性角膜炎はドライアイや、逆まつげ、目がきちんと閉じなくなる兎眼(とがん)など、外部からの刺激が慢性的に続くことで発症すると考えられています。

そのためこれらを発症しやすい
・パグ
・シー・ズー
・ペキニーズ
・ラサアプソ
に多く見られる傾向があります。

結節性肉芽腫性強膜炎

詳しい原因はよくわかっていませんが、
・コリー
・シェットランド・シープドッグ
・グレーハウンド
などの犬種に多く見られると言われています。

犬の角膜炎の検査法、治療法

角膜炎の検査方法
・視診
・フルオレセイン染色検査

角膜炎の治療方法
・点眼治療
・基礎疾患、感染症の治療
・異物の除去
・外科手術

検査方法

角膜炎の検査は、視診によって目を観察することで診断をおこないます。
角膜の白いにごりや白目の充血を確認し、フルオレセイン染色検査という緑色の色素を角膜に垂らして検査をおこないます。

色素は傷が付いている場所にだけ反応するため、どこに傷があるのかを探すことができます。また検眼機という検査機を使用し、目を拡大して調べていきます。

点眼治療

角膜の傷は程度にもよりますが、1週間あれば再生されます。
再生の補助として人口涙液や感染症を予防するための抗生物質が入った目薬を投与して、完治するのを待ちます。

治療中にどうしても目をこすってしまう場合は、エリザベスカラーという円錐台形状の保護具を首につけることで予防します。

基礎疾患、感染症の治療

何らかの目の基礎疾患やそれ以外の感染症、またはアレルギーなどが原因で結膜炎を発症している場合は、まず原因となっている基礎疾患、感染症の治療をおこなう必要があります。

それぞれの病気、感染症の治療をおこないながら点眼薬を投与して炎症を抑えていきます。

異物の除去

異物が目に刺さることなどによって結膜炎を引き起こしている場合は、原因となっている異物を取り除く必要があります。

まず一定量のホウ酸水などで目の洗浄を行い、その後異物を取り除いていきます。

外科手術

角膜炎の症状が重く、失明の恐れがある場合は外科手術による治療をおこなうことがあります。

手術では角膜の再生を早めるために角膜用の接着剤を使用した角膜移植や、病変した角膜の表層の切除をおこないます。

犬の角膜炎の予防法

・目を清潔に保つ
・基礎疾患の予防
・目の砂やゴミを取り除く

目を清潔に保つ

犬の目ヤニや涙などは、放置すると細菌が繁殖し感染症などを起こしやすくなります。
そのため普段から犬の目を清潔に保つことを意識することが大切です。

特に目ヤニが多く出る犬種はこまめにとるようにしてあげましょう。眼病予防の目薬などがいくつか出ているので定期的に投与することも効果的です。

基礎疾患の予防

犬の角膜炎は、何らかの基礎疾患が原因となって発症することが多い病気です。
そのため普段から目の病気や感染症などにかからないように気をつけましょう。

また何らかの病気を発症した場合は、早期に治療をおこなうことで角膜炎を引き起こすことを防ぐことができるので、毎日犬の健康チェックをおこない、可能であれば定期的に健康診断に連れて行くことが大切です。

目の砂やゴミを取り除く

犬の結膜は砂やほこりなどで傷つきやすいので、結膜炎の原因となります。
そのため犬の目に砂やゴミが入ってしまった場合は放置せずにキレイに洗い流しましょう。

目に入ったゴミを取る場合は目薬の液体で目じりにゴミや毛を寄せて、コットンや綿棒などで優しく拭きとります。
また犬に目薬をさすときは、必ず目薬が犬の視界に入らないように後ろ側からさします。

詳しくは動画を参考にしてみてください。

Q&A

犬の結膜炎を自然回復させることはできますか?

角膜炎の症状が軽度な場合であれば、自然に回復させることは可能です。
しかし重度な症状の場合は視力障害や失明の危険もあるため必ず病院での治療が必要になります。

また軽度な症状の場合でも点眼治療を受けることでほかの病気の併発を防いだり、エリザベスカラーを着用することで犬に目をさわらせるのを防ぐことができるので、これ以上悪化させないためにも症状が見られたらなるべく早く動物病院へ連れて行きましょう。

ポイント

角膜は外側に面しているため、ちょっとした怪我や細菌によって炎症を起こして発症することもある病気で、基本的に人口涙液を投与して1週間ほどすれば完治することも多いです。

しかし重症化することで手術が必要となったり、失明の危険がある病気となります。
恐ろしい病気となってしまわないように、目の異常に気がついたらすぐに動物病院で検査を受けるようにしましょう。