椎間板がずれてしまう犬の病気「椎間板ヘルニア」について

犬の椎間板ヘルニアとは、骨の間に挟まってクッションの役割をはたしている椎間板が外へ出てしまう病気です。何らかの強い力が加わることで発症し、はみ出た椎間板の組織が神経を圧迫することで、麻痺や歩行障害などのさまざまな症状を引き起こします。治療では抗炎症薬や鎮痛剤などによる投薬治療や外科手術によってはみ出た椎間板の組織を切除します。外科手術を行った場合はリハビリが必要となり後遺症が残る可能性もあります。

目次

犬の椎間板ヘルニアとは

椎間板(ついかんばん)ヘルニアとは骨の間に挟まっている椎間板がずれたり、外へはみ出してしまう病気のことです。

体重や地面からの衝撃を和らげるクッションような役割をしている椎間板が潰れることで、椎間板の中にあるゼリー状の組織「髄核(ずいかく)」が外にはみ出て脊髄を圧迫し、さまざまな神経障害を引き起こします。主に強い力が加わったり、老化などが原因となって発症します。

また犬の椎間板ヘルニアはほとんど胸腰部で発症しますが、頚部(けいぶ)に症状が出る場合もあります。

ヘルニアについて

ヘルニアと聞くと腰痛を伴う病気、椎間板ヘルニアをイメージする人も多いと思いますが、ヘルニアには腰の病気だけでなく様々な種類があります。そもそもヘルニアとは、体の組織が正しい位置からはみ出した状態のことをいいます。

そのため、一般的によく知られている腰痛の病気である椎間板ヘルニア以外にも、胸腔と腹腔を隔てる横隔膜に穴が開くことで腹部にあるはずの臓器が胸部へと飛び出してしまう横隔膜ヘルニアや、骨盤隔膜が破れることで骨盤内にあるはずの臓器が外側に飛び出してしまう会陰ヘルニアなどがあります。

犬の椎間板ヘルニアの症状

・痛みが出る
・歩行障害
・麻痺

痛みが出る

椎間板ヘルニアを発症すると、犬が痛みを感じるようになります。
最初は痛みから抱っこを拒むようになり、症状が進行するにつれて触られたり、動くことを嫌がるようになります。

また階段などの段差から降りたときに痛みを感じるため、鳴き声をあげることもあります。悪化すると動かない状態でも痛みを感じるようになり、元気がなくなります。

歩行障害

痛みから歩き方に異変があらわれます。
足をひきづったり、腰を揺らして歩くようになり、運動や散歩などが困難になります。

麻痺

椎間板ヘルニアが発症した場所に応じて体が麻痺します。
もっとも多い胸腰部でのヘルニアでは、腰から背にかけてや後ろ足などに麻痺が起こります。また悪化することで排便や排尿が困難になることもあります。

ヘルニアが頚椎で見られた場合は前足に麻痺の症状があらわれ、悪化すると四肢が完全に麻痺して半身不随になることもあります。
いずれも重症化すると動くことができなくなり、麻痺によって痛みを感じなくなります。

犬の椎間板ヘルニアの原因

・強い衝撃
・老化
・肥満
・犬種

強い衝撃

椎間板の中にあるゼリー状の組織である髄核は、外側にある線維輪というコラーゲン線維で包まれています。
線維輪は丈夫ですが、何らかの強い衝撃が加わることで破れてしまい、中の髄核が飛び出してしまうことで椎間板ヘルニアを発症します。

主に高い場所からの落下、交通事故などの瞬間的な衝撃、激しい運動や段差の昇り降りを繰り返すことによって衝撃が積み重なることでも発症します。

老化

年齢を重ねるにつれて、椎間板ヘルニアが多く見られるようになります。
老化することで椎間板の線維輪は弱くなっていくため、走ったり階段の昇り降りなどの今まではなんともなかった衝撃でも破れてしまうことがあります。

肥満

体重が増加すると椎間板への負荷が高くなります。
そのため太りすぎて肥満になると全力で走ったり、段差の昇り降りなどでの衝撃が強くなってしまうため椎間板ヘルニアを引き起こすことがあります。

発症しやすい犬種

小型で足の短い犬種は体の構造上、椎間板ヘルニアを発症しやすくなっています。

好発犬種
・ダックスフンド
・狆(ちん)
・バセット・ハウンド
・コーギー
・ラサアプソ
・シー・ズー
・ペキニーズ
・コッカースパニエルなど

椎間板ヘルニアは「体高」「体長」「体重」が大きく関係しており、中でもミニチュア・ダックスフンドは最も椎間板ヘルニアを発症しやすい犬だと言われています。

犬の椎間板ヘルニアの検査法、治療法

椎間板ヘルニアの検査方法
・レントゲン検査
・CT検査
・MRI検査
・脊髄造影検査

椎間板ヘルニアの治療方法
・内科治療
・外科手術
・リハビリ

検査方法

椎間板ヘルニアの検査では、どの部位に損傷が起きているのかを確認するためにレントゲン検査を行います。
その後、CT検査やMRI検査によって詳しい状態を調べていきます。

また椎間板ヘルニアによって脊柱管内の神経が圧迫されている可能性がある場合は、その位置や程度を調べるために脊髄造影検査を行います。

内科治療

軽度な椎間板ヘルニアの場合は、症状を軽減するために抗炎症薬や鎮痛剤などを投与します。また悪化しないように運動制限を行い、状態が回復すれば肥満などの問題を改善します。

椎間板ヘルニアの圧迫によって神経症状を引き起こし、排尿や排便が困難となっている場合はカテーテルという細い管を通して排尿させたり、浣腸によって排便を促します。

外科手術

椎間板ヘルニアの症状が重度な場合は、外科手術を行うことがあります。

主に飛び出した髄核を除去するために骨を切断するような手術が必要となるため体への負担が大きく、半身麻痺や後ろ足を引きずるなどの後遺症が残ることもあるため、セカンドオピニオンを利用して獣医師と相談しながら慎重に判断するようにしましょう。

また「経皮的レーザー椎間板減圧術」(PLDD)という比較的負担の軽い治療法も開発されています。

リハビリ

椎間板ヘルニアの手術後は2、3日入院して安静にする必要があります。その後、退院して傷口がふさがり抜糸を終えるとリハビリを行います。
リハビリでは主に屈伸運動や歩行運動、プール、マッサージ、温浴などを犬の状態に合わせて行っていきます。

また運動機能の回復が難しい場合は犬用の車イスを用いることもあります。

犬の椎間板ヘルニアの予防法

・肥満防止
・負担がかかる運動を控える

肥満防止

太っているほど椎間板にかかる負荷が大きくなります。そのため食事のバランスに気をつけたり、散歩や運動をしっかり行うことで肥満を防ぎましょう。

特に好発犬種や高齢犬は椎間板ヘルニアを発症しやすくなるので、普段から健康管理が重要となります。

負担がかかる運動を控える

椎間板ヘルニアを引き起こす原因となる激しい運動を控えるようにしましょう。
特に好発犬種では階段や段差の昇り降りや、アジリティーのようなスポーツには注意が必要です。

また室内飼いの場合、床がフローリングだと滑ってしまう恐れがあるのでカーペットを敷くなどして負担を和らげましょう。

Q&A

犬の椎間板ヘルニアは自然回復しますか?

椎間板ヘルニアは治療せずにそのままにしていると悪化し続けてしまうため、自然治癒することはほとんどありません。

手術を受けなければ完治しない病気ですが、手術を受けることで後遺症が残ることもあるため信頼のおける獣医師とよく話し合った上で治療方法を決めましょう。

ポイント

椎間板ヘルニアは悪化すると体に大きな負担がかかる手術が必要となる病気なので、なるべく早期に発見して治療を行い、悪化を防ぐことが重要となります。

再発することも多いため、治療後は椎間板への負担をかけないように気をつける必要があります。
また手術を行った場合は少しでも後遺症が残らないように、根気強くリハビリを行っていくことが大切です。