犬の適温は何度くらい?夏場や冬場の室内の温度管理について

犬は一般的に暑さが苦手な動物ですが、犬の中には寒いのが苦手な子もいます。そのため、夏場や冬場は室内の温度が気になったり、エアコンを何度くらいに設定すべきか悩んでしまうこともあると思います。また気温だけでなく当然湿度も関係してくるため、暑い日は湿度も気にする必要があります。ここでは何度くらいであれば犬が暑さや寒さを感じることなく快適に過ごせるのか、犬種や毛の種類を考慮した上で考えてみました。

目次

犬の適温について

Fotolia 134277908 xs

犬は基本的に暑さに弱く寒さに強いというイメージがありますが、家の中の温度設定はだいたいどれくらいが望ましいのでしょうか?

犬は暑いと「ハアハア」と息をする

人は暑いときに体温を調整するために全身で汗をかきますが、犬は汗を出すための「汗腺」が足の裏の肉球以外にほとんどありません。

そのため体温調整をするためには「パンティング」といってハアハアと息をして、よだれを蒸散させる必要があります。
つまり、暑いときにハアハアと息をするので、このパンティングが見られないときは適温であると言えます。

飼い主さんと同じ室内環境で育てる?

多くの家庭では冬も夏も人が快適と思えるような室内温度に設定して過ごしていると思います。そのため、冬場は寒ければエアコンやヒーターをつけたり、夏の暑い日は冷房を効かせて涼しくしている家庭が多いと思われますが、犬は人間以上に暑さに弱い動物です。

人間にとって涼しくて快適だと思えるような室内温度でも、日当たりが良くて直射日光が当たるような場所にケージやクレートを置いていると、冷房がかかっていても熱中症を引き起こしてしまうことがあります。そのため、特に夏場は注意が必要です。

換毛期について

犬によっては毛の生え変わる「換毛期(かんもうき)」という時期があります。

人間が冬は冬服を着て、夏は薄着で過ごすのと同じように、犬も冬になると冬毛をまとい、春になると毛が抜けはじめて夏毛に切り替わります。
そして秋になると夏毛が抜け、再び冬毛が生えてきます。

シングルコートとダブルコート

犬は「ダブルコート」といって下毛(アンダーコート)と上毛(オーバーコート)を持つ犬種と、「シングルコート」というほとんど上毛のみの犬種に分かれます。

一般的にダブルコートの犬種は、換毛期にたくさんの毛が抜け落ちます。
一方でシングルコートの犬種はほぼ毛が抜けないため、ダブルコートの犬種に比べて気温の変化に弱く、温度管理が必要です。

ダブルコートの犬種

以下は主なダブルコートの犬種です。

・柴犬
・秋田犬
・スピッツ
・ポメラニアン
・パグ
・フレンチ・ブルドッグ
・ミニチュア・シュナウザー
・ウェルシュ・コーギー・ペンブローク
・ジャック・ラッセル・テリア
・ボーダー・コリー
・ラフコリー
・シェットランド・シープドッグ
・ジャーマン・シェパード
・シベリアンハスキー
・ラブラドール・レトリーバー
・ゴールデン・レトリーバー
など

シングルコートの犬種

以下は主なシングルコートの犬種です。

・プードル
・シー・ズー
・マルチーズ
・パピヨン
・ヨークシャー・テリア
・ミニチュア・ピンシャー
・ドーベルマン・ピンシャー
・イタリアン・グレーハウンド
・ウィペット
・グレーハウンド
・アフガン・ハウンド
・グレート・デーン
・ボクサー
など

トリミングが必要な犬種

犬の中には放っておくと、どんどん毛が伸びてしまう犬種がいます。
毛が長く伸びたままになっていると体の中に熱がこもりやすくなってしまうので、熱中症を発症しやすくなります。

そのため、サマーカットといって毛を短くしてあげることで熱中症の危険性を下げることができると言われています。
また、ノミやダニから身を守ったり、毛をきれいに保持するのに定期的なトリミングが必要です。

トリミング犬種

以下は定期的なトリミングが必要となる主な犬種です。

・プードル
・ビジョン・フリーゼ
・ヨークシャー・テリア
・アイリッシュ・セッター
・アメリカン・コッカー・スパニエル

また必ずトリミングが必要となるわけではありませんが、シー・ズー、ポメラニアン、マルチーズなども毛が長くなるため、トリミングサロンでサマーカットを行うことがあります。

室温は何度がベスト?

Fotolia 128966300 xs

夏場や冬場の適切な室内温度は被毛の種類によっても異なり、犬種によって暑がりな犬や寒がりな犬などさまざまです。
一概に何度がベストであるという正解はないため、目安程度にご覧下さい。

犬の適温

快適な温度を考える際にはダブルコートやシングルコートなどの被毛の特徴と合わせて、犬の毛の長さも考慮してあげる必要があります。

長毛の犬種では主に15度〜20度、短毛の犬種では20度〜25度くらいが適温だと言われています。

しかし日本には四季があるため、人間と生活する上で夏、冬ともにこの適温を維持することは難しい場合があります。
そのためダブルコートの犬は夏場23度〜26度、冬場19度〜23度くらいを、シングルコートの犬の場合は夏場22度〜25度、冬場20度〜25度くらいを維持してください。

湿度も重要

気温だけでなく、当然湿度も犬に大きな影響を与えます。例えば、気温22℃でも湿度が60%を超えていると犬は熱中症になる可能性が高くなってしまいます。

地域にもよりますが、基本的に日本は高温多湿な国です。そのため夏だけでなく、気温が高くなる春から梅雨にかけての時期にも注意が必要です。

環境によって体質が変化することも

犬にはある程度環境に適応する能力があるため、ときには暑さや寒さに慣れさせることも大切です。

例えば、あまり季節感のないような地域で育ったり、冷暖房によってほとんど気温が変化しないような環境で育った犬は換毛期でもあまり毛が抜けなくなり、新陳代謝に影響が出ると言われています。

そのため、人間に合わせて生活できるように、無理させない程度に慣れさせておきましょう。

体温調節できるようにしてあげよう

犬は暑いとき、または寒いときに自分の言葉でそれを伝えることができません。
そのため、ある程度は自分で体温調節をできるようなものを置いてあげると良いでしょう。

暑い日はクールマット

夏場はアルミや大理石、保冷剤などのクールマットを設置してあげると、暑いときに自分で体を冷やすことができます。

夏場冷房を効かせていても暑いと感じたら自分で体を冷やすことができるので、室内飼いの場合でも便利なアイテムです。

寒い日はホットカーペット

冬場はホットカーペットを設置してあげると、寒いときに自分で体を温められるようになります。電気代が気になる方は、省エネで犬用の小さなものが売られているのでそれらをオススメします。

また、ハウス内には普通の毛布などを置いてあげると良いでしょう。

ポイント

犬によって暑さや寒さに対する耐久は異なります。犬の場合、特に気をつけるべきなのは夏場で、人がそれほど暑くないと感じるような気温でも、湿度次第では熱中症になってしまうことがあります。留守番や外での激しい運動には十分に注意しましょう。

犬の多くは寒さにある程度強く、特に長毛で寒い地方から来た犬種は人間の感覚で「少しだけ肌寒いかな」というくらいの温度が適温になります。寒さが苦手な犬の場合は同じ温度でも、人間と同様に肌寒く感じることがあるので暖房をつけたり、服を着させてあげる、またはホットカーペットなどで温度を調節できるようにしてあげましょう。