犬の甘噛みのしつけ方は?治らない犬の甘噛みをやめさせる方法

甘噛みの多くは子犬に見られ、犬にとって遊びの延長や愛情表現の一つなのです。しかし、いつまでたっても治らない甘噛みに困っている飼い主さんも多いのではないでしょうか。子犬のときはかわいいで済んでいたかもしれませんが、大人になると噛む力が強くなるためあざやミミズ脹れができて腫れることもあるため、怪我の原因にもなります。ここでは甘噛みをする理由や甘噛みをしつけ方、やめさせる方法をご紹介します。

目次

犬の甘噛みについて

Fotolia 117442550 xs

甘噛みとは犬が遊ぶときや甘えるときなど、コミュニケーションをとるために相手を噛む行為のことを言います。
多くの場合は犬同士がじゃれて遊ぶときなどに見られますが、人に対して甘噛みをすることもあります。

攻撃的な目的ではないため、ほとんどの場合は力加減をしており、痛みを感じたり怪我をすることはありません。
しかし、なかには加減を知らなかったり、噛む力が強い犬がいるため相手に怪我をさせてしまうこともあります。

甘噛みは子犬に多く見られる

甘噛みは主に、子犬に多く見られる行動です。
子犬が甘噛みをする理由は様々ですが、飼い主さんの指や手などを甘噛みする場合があります。

子犬の甘噛みは痛くないことが多く、じゃれている姿が可愛いことから放置してしまう飼い主さんもいますが、子犬のうちから甘噛みのしつけを行っていないとトラブルの原因となります。

甘噛みによるトラブル

子犬の頃に見られた甘噛みは犬の成長によって自然と治る場合もありますが、放置することで大人になっても甘噛みの癖が残っていたり、子犬の頃よりもひどくなってしまうことがあります。

成犬になってからの甘噛みは様々なトラブルの原因となります。

甘噛みが痛い

子犬の頃はまだ歯も生えそろっておらず、力も弱いため、甘噛みをされても痛みを感じることはないかもしれませんが、成犬になってからも甘噛みをする場合は永久歯が生えそろい、力が強くなっているため痛みを感じてしまうことがあります。

たとえ怪我をするほどの力ではなかったとしても、痛いと感じてしまうような甘噛みは問題行動となります。
一緒に遊んでいるときに甘噛みをしてこられると、痛みから犬と遊ぶことがだんだん憂鬱となってしまうこともあるので、必ずしつけによって治す必要があります。

相手にケガをさせる

甘噛みの加減ができておらず、噛む力が強い犬の場合は人に怪我をさせてしまうことがあります。そうなるとすでに甘噛みとは言えません。

飼い主さんだけでなく、家族や家に訪ねてきた友人などとじゃれたときに噛みつき、青あざが出来たり、出血してしまうこともあります。
特に皮膚の弱い子供やお年寄りなどは大きな怪我をしてしまう可能性があるので注意しましょう。

家のものを壊す

甘噛みはそのまま噛み癖となってしまうことがあります。犬に噛み癖がつくと人や物を問わず、様々なものに噛み付くようになってしまいます。

そうなると、ソファーやクッション、家具などを噛み付いて家の中にあるものを破壊してしまうようになり、さらにクレートやケージなどに犬を入れたときに柵を噛んでしまう場合などは、自分の歯を傷つけてしまう原因にもなります。

噛みやすい犬の特徴

Fotolia 99678565 xs

甘噛みや噛み癖は幼少期の過ごし方による影響が大きいですが、特定の犬種に多く見られる傾向があります。

噛み癖が出やすい犬種

犬によって個体差があるため一概に正しいとは言えませんが、主にダックスフンドやチワワはソファーやベッドなどの家具をよく噛む傾向があります。

他にも
・ビーグル
・ジャック・ラッセル・テリア
・エアデール・テリア
・ボーダー・コリー
・ビーグル
・ジャーマン・シェパード
・ロットワイラー
などの犬種は比較的噛みやすい傾向があると言われています。

甘噛みをしやすい犬の性格

興奮しやすかったり、甘えたがりな性格の犬は比較的甘噛みが出やすいと言われています。興奮しやすい犬は遊びの延長で興奮したり、甘えん坊な犬はかまってほしくて甘噛みをすることがあるようです。

甘噛みをする理由

子犬に多く見られますが、どうして犬は噛むのでしょうか。じつは噛むのにはいろいろな理由があります。

甘噛みを治すためには子犬や、成犬が甘噛みをする理由をきちんと知っておきましょう。

愛情表現

もともと犬の甘噛みは、子犬特有の愛情表現によるものだと考えられています。
親犬にかまってほしい、甘えたいなどの感情や、兄弟犬や仲間と遊ぶときのコミュニケーションとして甘噛みをします。

子犬への教育としての甘噛み

親犬が子犬に対して甘噛みをすることもあります。しかもこの場合は子犬が「キャン」と鳴くくらい強く噛みます。
これは子犬への教育であり、子犬を甘噛みすることで噛まれることの痛さや力加減を教えていると言われています。

犬にとって噛むという行為は食べるときだけでなく、ケンカやじゃれあい、物や子犬を移動させるときなどにも使います。
そのため、人が手を使うのと同じくらい重要な行動になります。

子犬は小さい頃から親犬や兄弟犬とじゃれ合うことで、噛まれることの痛さや噛む力の加減を学びます。
しかし、親や兄弟犬から早くに引き離された犬はこうした経験を経ていなため、甘噛みが痛い場合があります。

歯や歯茎がかゆい

子犬が甘噛みをするのには、歯や歯茎のかゆみが原因となっている場合があります。
犬の歯はおよそ生後3ヶ月頃に生えはじめ、7ヶ月になることに生え変わります。

歯が生え変わるこの時期は歯や歯茎がムズムズしたり、こそばがゆくなることがあるため、かゆみをまぎらわせるために甘噛みをするようになります。
この場合は人の指や手だけでなく、硬くて噛み心地の良い家具やクッションなどを噛むことがあります。

遊びの延長

犬は遊びでも甘噛みすることがあり、噛むことはコミュニケーションの一環です。そのため、犬同士のじゃれ合いでも甘噛みしている姿を見かけることがあります。

この場合、本来なら噛まれても痛くない強さで噛むのですが、子犬の頃に親や兄弟犬といた時期が不足していると噛む力加減を知らないため、大人になってからも人間に対しても甘噛みをしてしまうことがあります。

そのため、子犬同士のプロレスごっこのような遊びにはただのコミュニケーションだけではない重要な意味があります。

ストレスが溜まっている

犬が何らかの理由でストレスを溜めていると、ストレスを発散させるために甘噛みをすることがあります。
主に散歩の時間が足りていない、頻繁に一人で留守番をさせている、コミュニケーションが十分でない場合などに犬はストレスを溜めてしまいます。

甘噛みをやめさせるようにしつけをしているのになかなか治らないという場合には、こうしたストレスが原因となっている場合も多いです。
特に運動量が多い犬種などは散歩だけではもの足りなくて欲求不満におちいっている場合があるので、十分にエネルギーを発散させる必要があります。

自分の方が偉いと思っている

犬のリーダー論や順位付けには賛否両論がありますが、犬は家族のことを下に見ており、従わせようとして噛む場合があります。

この場合、正確には甘噛みとは呼べず、子犬で力が弱いため甘噛みになっている可能性があるので大人になると非常に危険です。
そのほかの問題行動も引き起こす可能性が高いので、飼い主さんの立場をきちんと犬に教えなければなりません。

犬の本能

犬は本能的にいろいろなものを噛もうとすることがあります。例えば子犬は見たことがないものや興味があるものを好奇心からとりあえず噛もうとします。

また、かつて猟犬として活躍していた犬種には狩猟本能が残っている場合が多く、素早く動くものに反応して噛みついてしまうことがあります。
ほかにも一部の牧羊犬などは家畜を噛むことで誘導していたため、逃げるものに反応して噛んでしまうことがあります。

これらは犬の本能が関係しているので犬にとっては自然な行動と言えるかもしれませんが、人間にとっては問題行動となります。
そのため、犬には噛んでいいものとそうではないものをきちんと教えなければなりません。

飼い主さんの反応を見ている

犬は噛むことで飼い主さんの反応を見ている場合があります。
犬に噛まれた飼い主さんは痛みや驚きから声を出したり、大きなリアクションを見せることがあると思いますが、犬はそれを見ることで楽しいと感じていたり、飼い主さんが喜んでいると勘違いしてしまっている可能性があります。

こうした状態が続くと、犬は飼い主さんにかまって欲しいときや遊びの延長などで定期的に噛みついてくるようになってしまいます。

犬の甘噛みをやめさせる方法

Fotolia 136838992 xs

甘噛みを放置していると、噛み癖となり、いろいろなものに噛み付く犬になってしまいます。成犬になると力が強くなるので、飼い主さんや他の人に噛み付くとケガやトラブルの原因になるので、きちんとしつける必要があります。

甘噛みをやめさせる方法はいくつかあるので、甘噛みの原因などを考慮して愛犬にあった方法を試しましょう。

大きな声を出す

犬の甘噛みを治すために、噛まれたときに大きな声を出してみましょう。
遊びなどで犬が手に噛み付いた瞬間に大声で「痛い!」と言います。これを繰り返すことで、犬は驚いて、噛んではいけないんだということを理解するようになります。

犬は痛みを感じると「キャン」という鳴き声をあげます。
犬には仲間内で争う場合、相手が「キャン」と大きな声を出すと攻撃をやめるという暗黙のルールがあります。
そのため、人間も大きな声を出すことで噛むと相手が痛がるんだということを学びます。

噛んだら無視する

大きな声を出してもやめない場合は「痛い!」と大きな声を出した後に、しばらく無視するようにしましょう。
特に遊んでいる最中などが効果的です。甘えてきたり、遊んでいるときに甘噛みをしてきたら「痛い」と言って無視することで犬は噛むとかまってくれなくなるということを覚えます。

また、飼い主さんの気を引きたくて飼い主さんの手を噛んだり、ソファーやベッドを噛んでいる犬にも徹底的に無視することは効果的な場合があります。

噛んでも良いものを与える

歯が生え変わる時期で、歯や歯茎がかゆくて手や物を噛んでしまう場合にはおもちゃなどの噛んでいいものを与えてみましょう。
音の出るおもちゃや、噛み心地が良さそうなものなど、犬が興味を示しそうなものを何種類か用意しておくとしつけがしやすくなります。

犬が噛んではいけないものを噛んだ場合は「ダメ!」と大きな声を出して注意し、犬が興味を持ちそうなおもちゃを与えます。
犬が噛むのをやめて、与えたおもちゃで遊び始めたらおやつなどのご褒美を与えてしっかり褒めてあげましょう。
これを繰り返すうちに噛んではいけないソファーや家具を噛むのをやめて、代わりにおもちゃを噛むようになります。

ビターアップルを使用する

甘噛みをやめさせるのには「ビターアップル」が効果的です。ビターアップルとは犬の噛み癖を治すためのスプレーのことで、舐めるととても苦い味がします。

一般的に犬は苦い味を嫌うため、手や家具などの噛んではいけないものにビターアップルを塗っておくことで”人の手や家具などは噛むと嫌な味がする”ということを覚えます。

そのタイミングで噛んでもいいおもちゃを与えて、先ほどと同じように褒めてあげると「手やソファーは噛むと嫌なことがあるけど、おもちゃを噛むといいことがある」というふうに記憶するようになるためより効果的です。

しかし、犬の中には稀に苦い味を好む犬がいます。
そうした場合はビターアップルの代わりにレモンを使用しましょう。犬は苦い味と同じく、酸っぱい味を苦手としているため同様の効果が期待できます。

欲求不満の改善

甘噛みをやめさせるしつけを繰り返してもなかなか効果が得られないという場合は、犬が欲求不満によってストレスを溜めこんでいると考えられます。

散歩や運動の時間が足りていなかったり、頻繁に留守番をさせて伝達をとっていない場合などはそれらを改善しない限り甘噛みは治りません。

特に運動量が多い犬種などは、散歩だけではもの足りなくて欲求不満におちいっている場合があるので、十分にエネルギーを発散させる必要があります。
定期的にドッグランに連れていったり、ボール遊びや公園で一緒に走るなど、できるだけエネルギーを発散させるような遊びを行いましょう。また、タオルの引っ張り合いやおやつ探しなどは、家で簡単に行えて犬も夢中になってくれるのでオススメです。

ポイント

甘噛みは犬にとってコミュニケーションの一つで、甘えたいときや遊ぶときなどに見られます。しかし、いつまでも人に対して甘噛みをする場合は歯が当たって痛かったり、噛む力が強くて怪我をしてしまうことがあります。そのため、必ず子犬のうちからしつけを行い、甘噛みをやめさせる必要があります。

ときには欲求不満やストレスなど飼い主さんに原因がある場合もあるので、しつけを行う前に犬がどのような状況で甘噛みをしているのか見て、甘噛みをする理由を特定することが大切です。