パグの毛色について!どんな種類があるか見てみよう

パグにも他の犬種と同じようにいくつか毛色の種類があります。もっとも一般的なフォーンの他にもブラック、アプリコット、シルバーやホワイト、公式には認められていないミスカラーなどの毛色があり、それぞれ流通数や値段、性格などが違うと考えられています。ここではそれぞれの毛色の特徴を簡単にご紹介いたします。

目次

パグには様々な毛色がある

Fotolia 116895292 xs

パグといえば薄茶色の毛色がもっとも一般的なカラーとなっていますが、他にも毛色の種類がいくつかあります。日本で見かけるパグはほとんどが薄茶色の毛色で、他の毛色を見かけることはあまりありませんが、ジャパンケネルクラブではフォーン、ブラック、アプリコット、シルバーの4つの毛色が正式に認められています。

このなかには日本では交配が行われていない非常に珍しいものもあります。それぞれの特徴などについて見ていきましょう。

もっとも一般的なフォーン

Fotolia 159629597 xs

もっとも見かけることの多い一般的なパグの薄茶色の毛色をフォーンと言います。日本ではもっとも流通数が多く、ペットショップで見かけるパグのほとんどはこの毛色となります。鼻や口が黒いブラックマスクや、背中に黒いラインが入るトレースなどがはっきりとあらわれやすい毛色となっています。

パグのフォーンについては次の記事を参考にしてください。

パグといえばフォーン?おなじみの茶色い毛色について|HANEY [ハニー]
パグといえば薄茶色の毛色がおなじみのカラーとなっていますが、この毛色はフォーンと呼ばれ、日本で流通しているパグの中ではもっとも数が多い毛色となっています。ペットショップや街中などで見かけるパグの多くはほとんどがこの毛色で、他の毛色との交配にも使われることからパグの基本色とされています。

人気の高いブラック

Fotolia 126574437 xs

パグのブラックはフォーンの次に人気が高い毛色となっています。黒パグという愛称で呼ばれており、黒くて艶やかな毛並みが特徴となっています。フォーンと比べると個体数はかなり少ないですが、他の毛色と比べると見かけることが比較的多く、ペットショップやブリーダーなどに問い合わせることで購入することができます。

黒パグについては次に記事を参考にしてください。

黒パグってどんな犬?特徴や性格について|HANEY [ハニー]
お茶目でユニークな雰囲気が特徴のパグですが、全身真っ黒な黒パグは茶色いパグとは少し違った魅力があります。見た目だけでなく性格や体の特徴にも違いがあるため、飼うときはこうした違いを考慮する必要があります。ここでは黒パグの特徴や性格、値段、飼うときの注意点などをご紹介いたします。

かつては日本でも交配が行われていたアプリコット

Fotolia 153404755 xs

アプリコットはフォーンの毛色に赤みが入った毛色のことで、「杏色(あんずいろ)」と表現されることもあります。フォーンよりも色が濃く、やや暖かみのある色が特徴で、かつては日本でも交配が行われていましたが、現在では日本でほとんど見かけることのないレアカラーとなっています。

パグのアプリコットについては次の記事を参考にしてください。

パグのアプリコットってどんな毛色?日本ではほとんど繁殖されていないの?|HANEY [ハニー]
パグといえば薄い茶色をしたフォーンが人気ですが、他にもいろいろな毛色の種類があります。しかし、フォーンの次に人気が高いブラックをたまに見かけることがあるくらいで、他の毛色のパグを見かけることはあまりないと思われます。ここではペットショップなどでもあまり見かけることがないちょっと珍しいパグの毛色をご紹介いたします。

非常に珍しいシルバー

Fotolia 165122715 xs

パグのシルバーはほとんど見かけることがない非常に珍しい毛色となっています。グレーとフォーンを薄くしたような毛色が混じったカラーで、キラキラとした高級感がある毛色となります。

主にアメリカで交配が行われていますが、アメリカでも人気が高く、流通数が少ないことからレアカラーとなっています。そのため、購入する場合は海外から輸入する必要があります。

パグのシルバーについては次の記事を参考にしてください。

パグのシルバーってどんな毛色?日本ではほとんどいないレアカラー!|HANEY [ハニー]
パグといえばベージュのような薄茶色の毛色であるフォーンをイメージする人が多いかと思いますが、他にもいくつか毛色の種類があります。日本ではフォーンがもっとも一般的ですが、ブラックやアプリコットなどの毛色や、とても珍しいシルバーなどがあります。この記事ではパグのシルバーの毛色についてご紹介します。

ミスカラーについて

ジャパンケネルクラブでは、パグの毛色はフォーン、ブラック、アプリコット、シルバーの4つとなっていますが、これらの他にも真っ白な毛色をしたホワイトのパグもいます。

ホワイトはアメリカでは人気が高い毛色となっていますが、ジャパンケネルクラブではホワイトはミスカラーとされています。そのため、正式には認められていない毛色となりますが、国によっては正式なカラーと認められていることもあります。

ポイント

パグといえば薄茶色のフォーンが一般的ですが、他にもいろいろな毛色があります。日本でも比較的人気の高いブラックや、かつて日本でも交配が行われていたアプリコット、アメリカで交配が行われているシルバーなどがありますが、流通数が少ないためほとんど見かけることのない毛色となっています。また、真っ白なホワイトもアメリカでは人気の毛色となっていますが、日本では正式な毛色として認められていないということもあってほとんど見かけません。そのため、興味がある場合はブリーダーやペットショップに問い合わせたり、海外からの輸入代行を行っている業者に依頼する必要があります。