パグの値段はどれくらい?相場や価格の差について

パグといえば顔のしわやユニークな表情が特徴的な犬種で、プードルやチワワほど大人気の犬種というわけではありませんが、根強い人気があります。そのため、値段は安定しており、比較的高い値段が付けられることも多いと言われています。ここではパグの値段の相場や、価格の差についてご紹介いたします。

目次

パグの相場はどれぐらい?

Fotolia 133711911 xs

パグの値段には非常にばらつきがあります。そのため、10万円〜20万円ほどの値段でペットショップで売りにだされていることもありますが、30万円前後の値段で売られていることも多いです。

小型犬の相場

犬の状態や犬種、どこで購入するかなどによっても異なりますが、小型犬の値段は大体15万円~20万円前後が相場となっています。パグは30万円前後で取引されることも多いので、小型犬のなかでは比較的高い値段が付けられています。

帝王切開が必要な場合も

パグの相場が比較的高めに設定されているのは、ブルドッグなどと同じように難産になりやすい犬種だと言われていることが原因です。パグは骨盤が小さいのに対して子犬の頭が大きいため、自然分娩では生まれてこない可能性があります。

特にパグは個体差が出やすいため、母犬と父犬の体の大きさが違いすぎると難産になる可能性が高くなります。自然分娩での出産が難しい場合は帝王切開で出産することになるため、親犬、子犬ともに負担が大きくなってしまい、死産してしまうこともあります。

出産のリスクや難易度の高さからパグは高い値段が付けられることが多いようです。

値段に差があるのはどうして?

Fotolia 167922322 xs

パグは個体によって値段の差が大きい犬種ですが、その理由には主に血統や体格、犬の年齢、性別や毛色、購入先などが関係しています。

血統や体格による違い

犬は血統や体格によって値段が大きく異なります。そのため、パグの親犬がチャンピオン犬だったり、親犬がその血統を引き継いでいる場合はその分値段が高くなります。

また、体格がパグのスタンダードのなかに収まっている場合も高い値段が付けられます。これらは主にドッグショー向けに販売されており、付加価値が高いとされています。

年齢による違い

犬は年齢によっても値段が大きく異なります。一般的に人気なのが生後2ヶ月くらいの子犬で、高い値段が付けられますが、生後3ヶ月を過ぎると値段は下がっていきます。犬は年齢が大きくなると急激に値段が下がるため、パグが10万円以下の価格で売られていることもあります。

犬には人やよその犬、環境、音などに慣れさせる社会化期という期間がありますが、社会化期は生後3ヶ月ほどで終わってしまうと言われています。そのため、生後3ヶ月を過ぎて大きくなってしまった犬は何らかの問題を抱えていることが多く、しつけに苦労する可能性が高くなります。

年齢を含め、相場よりも極端に安い値段が付けられている犬は何かしらの問題を抱えている場合が多いので注意しましょう。

性別や毛色

犬種によっては性別や人気の毛色などによって値段が大きく異なる場合もありますが、パグの場合はそれほど違いが出ないと言われています。

性別はややメス犬の方が高い傾向があると言われており、毛色も珍しいものになると値段が上がる可能性もありますが、基本的には流行色というものがないため、他の犬種よりも値段は安定しています。

ペットショップとブリーダーの違い

パグはペットショップで購入するか、ブリーダーから購入するかによっても値段が異なります。大型のペットショップなどはパグも多く扱っていたり、その後のアフターケアやサービスなどを受けることができますが、ブリーダーと比べると若干値段が高い傾向があります。

ブリーダーは仲介料がかからないため、ペットショップよりも安くパグを購入できる場合がありますが、ブリーダーによって差があるため、きちんと知識や経験があるブリーダーから購入しなければなりません。

また、血統などに力を入れている質の高い専門のブリーダーなどの場合は、ペットショップよりも値段が高くなることもあります。いずれも飼育環境に問題はないか注意する必要があります。

ポイント

パグは値段が比較的高い犬種となっていますが、その理由には出産のリスクの高さが関係しています。また、これといった流行色がないため、毛色による値段の差がほとんどなく、価格が安定していることなども値段が高い理由と言えるでしょう。他にも血統や体の大きさなどで高い値段が付けられ、それによって人気が集中するため、値段の差も大きくなっているように思われます。いずれも高いパグが飼い主さんにとって良い犬であるとは限らないので、たくさんのパグを見て気に入った子を迎え入れることが大切です。