コーギーってどんな性格?特徴やオスメスの違いについて

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは日本でも人気が高く、家庭犬として広く飼われている犬種です。基本的には賢くて活発な子が多い犬種なので、子供の遊び相手にもぴったりな素晴らしい家庭犬となりますが、中には癖が強い性格の子もいるため、飼うのが難しいと言われることもあります。ここではウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格の特徴についてご紹介します。

目次

好奇心旺盛で外向的な犬種

Fotolia 168509410 xs

コーギーはとても好奇心旺盛な性格なので、外で遊んだり散歩に出かけることが好きな外向的な犬種です。
強い好奇心から子犬の頃はよくイタズラをすることもありますが、社交的な性格の子も多いため、子供や知らない人、犬とも仲良くなったり、積極的にコミュニケーションを取ろうとします。

堂々とした物怖じしない性格なので、自分よりも大きい相手にも臆することなく向かっていきますが、それゆえに犬同士でトラブルとなることもあるので注意しましょう。

コーギーの外向的な性格について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格は外向的で堂々としている?|HANEY [ハニー]
コーギーことウェルシュ・コーギー・ペンブロークは好奇心旺盛で外向的な性格をしています。そのため散歩に出かけたり、外で遊ぶことが大好きです。また、社交的な性格から知らない人や犬とも楽しく遊ぶことができます。しかし、なかには攻撃的な行動をとってしまう子もいるので注意が必要となる場合もあります。ここでは外向的で物怖じしないコーギーの性格をご紹介します。

コーギーは活発で遊ぶことが大好き

もともと牧羊犬として働いていたということもあって、とても活発で遊ぶことが大好きな犬種です。
体は小さいですが運動量は多く、走り回ったり、ボール遊びなどで遊ぶことを好みます。

きちんとエネルギーを発散させてあげないとストレスを溜め込んでしまうので、しっかり運動させたり、遊ばせる機会を作る必要がありますが、興奮しやすい一面もあるので、噛み癖や吠え癖などには注意しましょう。

また、家の中でも走り回ることがあるため、落ち着きがない犬だと言われることもあります。

コーギーの遊び好きな性格について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格は遊び好き?|HANEY [ハニー]
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークはとても活発で遊び好きな性格をしています。そのため、飼い主さんとボール遊びをしたり、追いかけっこをして遊ぶことが大好きです。ときには室内で走り回ったり、暴れてしまうこともあるため、落ち着きがないと言われてしまうこともありますが、非常に運動能力が高いので、フリスビーやアジリティなどのドッグスポーツにも向いています。

粘り強い性格で訓練性も高い

Fotolia 190190198 xs

コーギーは我慢強く、粘り強い性格をしていると言われています。かつて牧羊犬として広い牧場を走り回ったり、長時間家畜の守りをしていた犬種なので、非常にスタミナや集中力があります。

そのため、訓練性が高くきちんとしつけを行うことで、様々なコマンドやトレーニングをこなすようになります。
我慢強い性格から犬の中では比較的留守番が得意な子も多いと言われていますが、ややマイペースで頑固なところもあるので、上手にしつけを行わないと言うことを聞いてくれなかったり、しつけに時間がかかってしまうこともあります。

コーギーの粘り強い性格については次の記事を参考にしてください。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格は粘り強い?|HANEY [ハニー]
ウェルシュ・コーギー・ペンブロークはかつて牧羊犬として働いていた犬種なので、粘り強い性格をしていると言われています。そのため、しつけやトレーニングなどにも集中して取り組むことができる訓練性の高い子が多く、運動能力の高さからドッグスポーツにも向いています。ここではコーギーのタフで粘り強い性格をご紹介します。

警戒心の強い子が多い

社交的な性格の子が多い一方で、警戒心が強く、見知らぬ人や犬に対して大きな声で吠えてしまうことがあります。

コーギーはかつて家畜が敷地の外へ出てしまわないように守りをしていたり、よその家畜が敷地に入ってこないように見張っていたため、保護意識が旺盛な子が多く、縄張りを主張してしまうことがあります。

気が強く社交的な性格の一方で、警戒心が強く縄張り意識が高い子も多いので、無駄吠えなどの問題行動には注意しましょう。

詳しくは次の記事を参考にしてください。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格は保護意識が旺盛?|HANEY [ハニー]
コーギーことウェルシュ・コーギー・ペンブロークは警戒心が強く保護意識が旺盛な犬だと言われることがあります。自分のテリトリーに入ると大きな声で吠えたり威嚇することがあるため番犬に適した犬種だと言われていますが、家庭犬として飼う場合はこうした性格がときに問題となってしまうことがあります。そのため、縄張り意識の強い性格が問題行動につながってしまわないように子犬の頃のしつけが重要となります。

攻撃的できつい性格と言われることも

Fotolia 181894335 xs

社交的で温厚な性格の子が多い一方で、コーギーは攻撃的できつい性格をしていると言われることもあります。
それには警戒心や縄張り意識が強い性格からよく吠えてしまったり、興奮しやすい性格から激しいスキンシップをとったり、噛み癖などが出てしまうことなどが主な原因となっています。

コーギーは家畜の足に噛みつくことで牛や羊などを誘導していたため噛み癖が出やすく、しつけ方次第では気が強く攻撃的な性格になってしまうこともあります。

そのため、飼い主さんがきちんとリーダーシップを持ってしつけを行ったり、よその人や犬との触れ合い方を子犬の時期から学ばせておく必要があります。

詳しくは次の記事を参考にしてください。

コーギーの性格はきつい?攻撃性の高さやわんぱく具合について|HANEY [ハニー]
コーギーことウェルシュ・コーギー・ペンブロークはその可愛らしさと元気いっぱいな性格から人気の高い犬種となっています。しかし、そんなコーギーはときにきつい性格をしていると言われることがあります。元気いっぱいいなためわんぱく具合が目立ったり、賢いことから悪いこともすぐに覚えてしまいます。さらになかには攻撃性が強い子もいるため、きちんとリーダーシップを持ってしつけを行う必要があります。

オスメスによる違いや特徴について

犬の性格は個体差や育った環境、しつけなどの影響が大きいですが、オスメスによっても性格が異なると言われることがあります。
しかし、あくまでそういう傾向が見られるというだけで、すべてのオスメスにそうした性格が当てはまるわけではありません。

オスのコーギーの性格

もともと活発で遊ぶことが大好きなコーギーですが、オスの場合は特にやんちゃな子が多く元気いっぱいに走り回ります。

そのため、メスに比べると落ち着きがなく、やや攻撃的な性格が見られることもありますが、大人になってからでも子犬の頃のように飼い主さんと元気いっぱいに遊ぶ子が多いようです。

メスのコーギーの性格

メスのコーギーはオスと比べると落ち着いた性格をしており、攻撃性が少なく温厚な子が多いようです。
そのため、一般的にオスよりも飼いやすいと言われていますが、発情期に入ると不安定になり、攻撃的になったり、無駄吠えなどの問題行動を引き起こす場合があるので注意しましょう。

ポイント

コーギーは好奇心が旺盛で遊び好きな犬種です。賢くて粘り強い性格なので、しつけも入りやすく、様々なトレーニングをこなすことができます。社交性も高いので子供の遊び相手にもなってくれますが、なかには警戒心や攻撃性が強い子もいるため、きちんとしつけを行わなければ問題行動を起こす場合があります。特に吠え癖や噛み癖が出やすい犬種なので、子犬の時期からしっかりとしつけを行い、温厚で社交的な性格の犬になるように育てていきましょう。