コーギーのレッドってどんな毛色?特徴やカラーの種類について

コーギーことウェルシュ・コーギー・ペングロークには様々な毛色がありますが、その中でもレッドという毛色がもっとも馴染み深く一般的なカラーとなっています。そのため、ペットショップなどでも見かけることが多い毛色となっていますが、レッドの毛色は主に2つの種類に分けられることがあります。ここではコーギーのレッドの毛色の特徴や種類などについて見ていきましょう。

目次

コーギーのレッドについて

Fotolia 168509410 xs

レッドと聞くと真っ赤な毛色を想像する人もいるかもしれませんが、犬のレッドというカラーの多くは明るい茶色のような毛色を指すことが多く、コーギーのレッドも少し赤みの入った明るい茶色やベージュに近い毛色のことをいいます。

もっとも一般的なカラー

レッドはウェルシュ・コーギー・ペンブロークでもっとも人気が高く、オーソドックスな毛色となります。
そのため、ペットショップなどでも見かけることが多く「コーギーといえばこの毛色」というイメージを持っている人も多いかと思われます。

レッドとホワイトの2色のカラー

レッドという名前で呼ばれていますが、部分的に白い毛色も入っているため「レッドアンドホワイト」という名前で呼ばれることもあります。

一般的に頬や耳、頭、体、足の付け根などがレッドになっており、鼻まわりや胸、足先、お尻などはホワイトになっていますが、模様は犬ごとに若干異なる場合があります。

そのため、鼻から頭にかけて入っている白いラインの有無や太さ、形などが違ってきますが、白い模様が優勢になっていなければ白い模様が入っていないような場合でも正式なカラーと認められています。

ダークレッドの特徴やカラーについて

Fotolia 187754588 xs

レッドの毛色はコーギーによって若干色合いが異なります。そのため、レッドの色合いは薄い毛色の子と濃い毛色の子に分かれており、色が濃いレッドはダークレッドという名前で呼ばれることがあります。

レッドよりも色が濃い

レッドはベージュにやや赤みが入ったような毛色のことを指しますが、ダークレッドは名前の通り色が濃く、やや暗めの茶色の毛色のことを指します。

こちらも「ダークレッドアンドホワイト」と呼ばれることもあり、足先や胸、鼻周りなどはホワイトとなっています。
色の濃さなどはコーギーごとに異なりますが、子犬の時期は薄い色をしていても大きくなるにつれてダークレッドに変化していくことがあります。

ポイント

レッドはコーギーでもっとも一般的で人気の高い毛色となっています。赤みが入ったベージュや茶色のような毛色のことを指しますが、色合いは犬ごとに異なり、色が濃く暗めの茶色をしている場合はダークレッドという名前で呼ばれています。

また、部分的にホワイトが入っており、白い模様も犬ごとに異なりますが、ホワイトの毛色の模様には特に規定がないため、白が大部分を占めている場合以外は正式なカラーとして認められています。