コーギーのブラックタン、トライカラーの毛色について

コーギーといえば明るい茶色とホワイトの2色の毛色をイメージする人が多いのではないでしょうか?ペットショップなどでもこの茶色と白の2色の毛色がもっとも多く取り扱われているため、日本では一般的なコーギーの毛色となっています。しかし、コーギーにもブラックタンと呼ばれる毛色が存在しています。ここではウェルシュ・コーギーペンブロークのブラックタンの毛色についてご紹介します。

目次

コーギーにもブラックタンの毛色がある?

Fotolia 181894335 xs

コーギーは茶色と白の2色の毛色が一般的となっていますが、ダックスフンドなどの犬種でおなじみのブラック&タンと呼ばれる毛色が存在しています。

どんなカラーの毛色?

ブラック&タンとはその名前の通りブラックとタンが入っている毛色のことを言います。タンとは淡い色をした茶色のことを指し、犬ではいろいろな犬種で見られる一般的な毛色となっています。

トライカラーと言われることも

通常、他の犬種ではブラックとタンの2色からなる毛色をブラック&タンといいますが、コーギーの場合は白い毛色も混じっているため、正式にはブラックタン&ホワイトとなります。

また、ブラックとタン、ホワイトの3色からなる毛色ということもあって、トライカラーという名前で呼ばれることもあります。
主に目の周り、頭から背中、体にかけてがブラックとなっており、目の上、頬、耳、足の付け根などがタン、口周りや首回り、胸、腹、足先などがホワイトになっています。

各毛色の割合や模様は犬によって異なるため、鼻から額にかけて白いラインが入っていることもあります。

黒いカラーは見かけることが少ない?

Fotolia 183248336 xs

コーギーにはブラックタンという毛色が存在していますが、見かけることが少ない、または見たことがないという人も多いのではないでしょうか。

コーギーは明るい茶色とホワイトの毛色をしているレッドというカラーがもっとも一般的となっているため、ブラックタンは比較的珍しい毛色となっています。

ブリーダーから購入することができる

街やペットショップなどではあまり見かけることがないブラック&タンですが、ブリーダーではこうした毛色の子犬を扱っているところがあるので、毛色にこだわりたいという場合は専門のブリーダーなどから探すことをお勧めします。

コーギーは毛色による値段の差があまりないので、血統や毛の長さなどに違いがなければ一般的な毛色であるレッドと同じくらいの価格で購入することができます。

ポイント

コーギーといえばレッドがオーソドックスな毛色となっていますが、ダックスフンドなどで見られるブラックタンの毛色も認められています。コーギーの場合はホワイトの毛色も入っているため、トライカラーと呼ばれることもありますが、白い毛色はなくても特に問題はないそうです。ただし、白の割合が広すぎたり全身真っ黒という場合はミスカラーとなってしまうこともあります。