コーギーのフォーンは珍しい毛色?滅多に見られないカラー

ウェルシュ・コーギー・ペーンブロークといえばやや赤みが入ったブラウンとホワイトの2色の毛色がもっとも見かけることが多いカラーとなっていますが、なかには「フォーン」と呼ばれる毛色をしている子もいます。フォーンは犬にとっては比較的一般的な毛色となっていますが、コーギーの場合は数が少なく珍しい毛色の種類となっています。ここではコーギーのフォーンについてご紹介します。

目次

フォーンってどんな毛色?

Fotolia 177300545 xs

「フォーン」という色の名前を聞いてもいまいちピンとこないという人が多いのではないでしょうか。

フォーンとは本来子鹿のことを指す言葉で、子鹿のようなやや色が薄く明るいブラウンのカラーのことを指して使われています。
コーギーだけでなく様々な犬に見られる毛色で、猫などにも見られるカラーとなっています。

コーギーのフォーンについて

コーギーといえばやや赤みの入ったブラウンとホワイトのレッドアンドホワイトの毛色がもっとも一般的ですが、フォーンの場合はレッドの毛色の部分がやや色が薄く、ブライトな毛色となっています。

主に目の周りや耳、頭から背中にかけてが明るいブラウンで、口周りや頬、首回り、胸、足先、お尻などにホワイトの毛色が入っていることがあるため、フォーンアンドホワイトという名前で呼ばれることもあります。

ホワイトに関しては細かい指定がありませんが、ホワイトの毛色の範囲が広すぎるような場合はミスカラーとなります。

コーギーの場合はあまり見かけない

Fotolia 73878337 xs

フォーンはいろいろな犬に見られる毛色ですが、コーギーの場合はとても珍しい毛色となっています。

そのため、ペットショップやブリーダーなどでも見かけることが少ないカラーとなりますが、成長することでレッドから毛色が変化していく場合もあります。

レッドから毛色が変化する?

コーギーは成長することで毛色が変化する場合があります。同じカラーでも犬ごとに若干毛色が異なる場合があり、子犬の時期はやや薄めのレッドだった子が成長することで明るくブライトなブラウンに変化していくこともあります。

そのため、成長することでフォーンの毛色になっていくこともありますが、反対に子犬の時期はフォーンの毛色をしていたのに、成長することでレッドの毛色に変化していく子も多いようです。

ポイント

コーギーはレッドが一般的な毛色となっているので、フォーンは珍しい毛色となっています。そのため、ペットショップなどでも見かけることはありません。また、子犬の時期は明るくブライトな毛色をしていたという子も成長するにしたがってレッドに近いカラーになってしまうことも多いそうなので、成犬のフォーンはとても珍しい毛色となります。

しかし、コーギーは毛色による値段の違いがあまり見られない犬種なので、珍しい毛色だからといってレッドと比べて特別値段が高くなるということもないようです。