コーギーにはどんな毛色がある?様々な種類について見てみよう!

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークといえば茶色と白の2色の毛色をイメージする人が多いかと思われますが、実は他にもいくつかの毛色の種類があります。日本ではレッドと呼ばれるカラーがもっとも見かけることの多い毛色となっていますが、ブラックタンやフォーンなどの珍しい毛色も存在します。ここでは代表的なレッドの毛色から、比較的珍しいフォーン、ミスカラーなど様々なコーギーの毛色の種類をご紹介します。

目次

コーギーでもっともオーソドックスなレッド

Fotolia 168509410 xs

レッドの毛色はコーギーの中ではもっともオーソドックスで見かけることの多い代表的なカラーとなっています。
やや赤みがあるブラウンの毛色で、足先や胸などにホワイトの毛色が入ることが多いので、レッドアンドホワイトなどと呼ばれることもあります。

レッドの毛色は犬によってそれぞれ異なり、色が濃く暗めのブラウンの場合はダークレッドという名前で呼ばれることもありますが、日本ではやや色が薄く淡いレッドの毛色が人気となっています。

レッドの毛色について詳しくは次の記事を参考にしてください。

コーギーのレッドってどんな毛色?特徴やカラーの種類について|HANEY [ハニー]
コーギーことウェルシュ・コーギー・ペングロークには様々な毛色がありますが、その中でもレッドという毛色がもっとも馴染み深く一般的なカラーとなっています。そのため、ペットショップなどでも見かけることが多い毛色となっていますが、レッドの毛色は主に2つの種類に分けられることがあります。ここではコーギーのレッドの毛色の特徴や種類などについて見ていきましょう。

毛先の色が濃いセーブル

Fotolia 166410684 xs

ベースはレッドの毛色ですが、毛先の色が濃くブラックのような毛色になっているカラーをセーブルと呼びます。
レッドよりも全体的に色が濃いためか、やや落ち着いた印象を受けるカラーで、レッドと同じように顔や胸、足先などには白い模様が入ることもあります。

毛先の濃さや、黒い模様などは犬によっても異なり、換毛期になると黒い毛先が消えて普通のレッドに近い毛色となる子もいるそうです。

セーブルの毛色について詳しくは次の記事を参考にしてください。

コーギーのセーブルってどんな毛色?|HANEY [ハニー]
短い手足と尻尾でおなじみのウェルシュ・コーギー・ペーンブロークにはいくつかの毛色があります。日本では茶色と白の毛色であるレッドがもっとも一般的ですが、若干レッドと似た毛色であるセーブルというカラーも存在します。ここではコーギー以外のたくさんの犬種や、様々な動物の毛色として存在するセーブルというカラーをご紹介します。

トライカラーと呼ばれることもあるブラックタン

Fotolia 192305073 xs

ダックスフンドなどの犬種でおなじみのブラックタンですが、コーギーの場合はホワイトの毛色も入ることが多いため、トライカラーと呼ばれることもあります。

ブラックとタン、ホワイトの3色からなるトライカラーで目の上には眉毛のようなタンの模様が入るのが特徴的です。
レッドに比べると日本ではそれほど見かけることが多くない毛色なので、比較的珍しいカラーとなります。

コーギーのブラックタンについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

コーギーのブラックタン、トライカラーの毛色について|HANEY [ハニー]
コーギーといえば明るい茶色とホワイトの2色の毛色をイメージする人が多いのではないでしょうか?ペットショップなどでもこの茶色と白の2色の毛色がもっとも多く取り扱われているため、日本では一般的なコーギーの毛色となっています。しかし、コーギーにもブラックタンと呼ばれる毛色が存在しています。ここではウェルシュ・コーギーペンブロークのブラックタンの毛色についてご紹介します。

日本ではとても珍しいフォーン

Fotolia 177300545 xs

フォーンとは、やや金色に近いようなブライトで明るいブラウンの毛色のことを言います。犬では様々な犬種に見られる毛色ですが、コーギーの場合は非常に珍しく、人気も高いため希少なカラーとなっています。

全体的にレッドを淡くしたようなカラーとなっており、同じように顔や胸、脚などは部分的にホワイトの模様が入っています。

フォーンについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

コーギーのフォーンは珍しい毛色?滅多に見られないカラー|HANEY [ハニー]
ウェルシュ・コーギー・ペーンブロークといえばやや赤みが入ったブラウンとホワイトの2色の毛色がもっとも見かけることが多いカラーとなっていますが、なかには「フォーン」と呼ばれる毛色をしている子もいます。フォーンは犬にとっては比較的一般的な毛色となっていますが、コーギーの場合は数が少なく珍しい毛色の種類となっています。ここではコーギーのフォーンについてご紹介します。

成長と共に毛色が変化していく?

Fotolia 187754588 xs

コーギーは子犬から成長することで毛色が変化していくことがあります。

主に色が濃くなったり薄くなることがあり、もともとはセーブルの毛色をしていた子が毛が生え変わることで黒い差し毛が消えてレッドのような毛色になったり、薄く淡いフォーンの毛色をしていた子が成長することで色が濃くなり、レッドとなってしまうこともあるそうです。

また、反対にレッドの毛色をしていた子が成長することで色が薄くなり、フォーンの毛色になることもあるので、成長することでどのようなカラーになるのかが楽しみな犬種でもあります。

ミスカラーについて

ケネルクラブが公式に認めていない毛色をしている場合は「ミスカラー」となります。コーギーの場合は主にブルーマールと呼ばれる毛色や、レッドやフォーンなどで白い毛の範囲が広すぎる場合はミスカラーとされています。

ブルーマール

ブルーマールとは大理石模様と呼ばれることもある毛色で、黒い毛にグレーや白の班模様が出るカラーのことを言います。

ブルーマールは色素を抑えるマール因子というものが作用することで生まれる毛色となっており、交配させることで遺伝的な病気や欠陥が生じる可能性があるため、交配が禁止されている毛色となっています。

白の割合が多い

コーギーのホワイトの模様については細かい指定がありませんが、顔の半分を白毛が覆っていたり、体を広い範囲で白い毛が覆っている場合などはミスカラーとなります。

ポイント

このようにコーギーには様々な毛色の種類があります。一般的なレッドの他にもセーブル、ブラックタン、フォーンなどがあるので好みにあったカラーを選ぶことができます。また、レッドとダークレッドなど同じ毛色でもそれぞれで色の濃さが異なったり、ホワイトの毛の範囲、模様などが異なるため個性が出てきます。成長することによって毛色が変化することもありますが、好みのカラーがある場合はペットショップやブリーダーなどから探してみてください。