コーギーのしっぽのありとなしの違いは?尾の長さや短い理由について

コーギーといえばしっぽが生えていない、または短いしっぽが少しだけ付いているというイメージがありますが、コーギーの中にもときどき長いしっぽが生えている子がいます。それでは長いしっぽが生えているしっぽありのコーギーとしっぽが短かったり、生えていない子にはどのような違いがあるのでしょうか?ここではコーギーのしっぽあり、なしの違いやしっぽが短い理由などをご紹介します。

目次

しっぽのあり、なしの違いについて

Fotolia 191159298 xs

コーギーの多くはしっぽが付いていない、または極端に短いしっぽが少しだけ付いていますが、中にはキツネのような長いしっぽが生えている子もいます。

ありとなしの違いにはコーギーの種類が違う、断尾が行われてないなどの理由が考えられます。

コーギーの種類の違いについて

普段私たちがコーギーと呼んでいる犬種には、正式には「ウェルシュ・コーギー・ペンブローク」という名前が付けられています。

しかし、コーギーにはこのウェルシュ・コーギー・ペンブロークの他に、ウェルシュ・コーギー・カーディガンという種類もいます。
この2匹はとてもよく似た見た目をしていますが、一般的にペンブロークにはしっぽがない、または極端に短いのに対して、カーディガンは長くてフサフサとしたしっぽが生えています。

そのため、長いしっぽが生えたコーギーを見かけた場合は、もしかするとカーディガンである可能性があります。

コーギーの種類については次の記事を参考にしてください。

コーギーの種類の違いは?カーディガンとペンブロークについて|HANEY [ハニー]
コーギーは小さな体と短い手足、ピンと立った耳などが特徴的で日本でもよく知られている人気の犬種です。コーギーの正式名称はウェルシュ・コーギー・ペンブロークといいますが、名前が長いためコーギーと呼ばれることが一般的となっています。しかし、コーギーにはウェルシュ・コーギー・ペンブローク以外にもウェルシュ・コーギー・カーディガンという種類が存在します。ここでは2種類のコーギーの違いなどをご紹介します。

断尾を行っていない可能性も

しっぽが生えているコーギーはウェルシュ・コーギー・カーディガンである可能性があるという話をしましたが、普段私たちがコーギーと呼んでいるウェルシュ・コーギー・ペンブロークも本来は長いしっぽが付いています。

しかし、コーギーは断尾によってしっぽを短くした状態がスタンダードとして定められているため、ほとんどの場合子犬の時期に切ってしまいます。
そのため、ペンブロークの場合は通常しっぽが付いていないことが多いですが、最近では断尾に反対してあえて残すという取り組みが行われている国もあるので、ブリーダーによっては断尾を行わずに子犬を販売しているところもあります。

日本で流通しているコーギーのほとんどは断尾が行われていますが、日本ではペンブロークの方が圧倒的に数が多いため、しっぽが付いているコーギーはカーディガンではなく、断尾が行われていないペンブロークという可能性もあります。

断尾ってなんのこと?

Fotolia 166410684 xs

人為的に犬のしっぽを短く切ることを断尾といいます。断尾はコーギーだけでなく、他にもいくつかの犬種で行われています。

断尾は子犬の時期に行う

断尾にはゴムを巻きつけることでしっぽを壊死させる方法とメスを使ってしっぽを切ってしまう方法があります。
いずれも生後1週間以内から生後8~9周目くらいの子犬の時期に行います。

断尾が行われている犬種

以下はコーギー以外で断尾が行われている犬種となります。

・プードル
・ジャックラッセル・テリア
・ヨークシャー・テリア
・エアデール・テリア
・アメリカン・コッカー・スパニエル
・イングリッシュ・コッカー・スパニエル
・ミニチュア・ピンシャー
・シュナウザー
・ドーベルマン
・ボクサー
・ポインター

なぜ短くする必要があるの?

Fotolia 177300545 xs

断尾には犬によってそれぞれに異なる理由があります。そのため、コーギーの場合もいくつかの理由があると言われています。

怪我から犬を守るため?

断尾はコーギー以外の犬種でも古くから行われていましたが、その理由の一つとして犬の体を守る目的があったと言われています。

断尾が行われていた犬は猟犬や牧羊犬など、使役犬として飼われていた犬が多く、しっぽがあると仕事をする上で不便だったり、怪我をする原因となる場合がありました。

例えば猟犬の場合、藪の中を移動するときにしっぽが草木に引っかかって怪我をしたり、傷口が化膿する原因となったためしっぽを切ることで怪我を防いでいたとされています。

しっぽを踏まれないように短くした

コーギーはかつて牧羊犬として働いていました。そのため、牧羊犬として働いているときにしっぽを踏まれて怪我をしてしまわないように短く切っていたと言われています。

しかし、現在では血統書を発行するためや見た目を損なわないように断尾が行われています。

コーギーの断尾の理由について詳しくは次の記事を参考にしてください。

コーギーの尻尾を切る理由とは?断尾の必要性やデメリットについて|HANEY [ハニー]
コーギーといえば短い尻尾とプリプリしたお尻が特徴的ですが、コーギーの尻尾は生まれつき短いというわけではありません。子犬の時期に断尾を行うことでわざと尻尾を短くしています。そのため、本来は長い尻尾が生えていますが、日本のコーギーのほとんどは断尾によって尻尾が短い状態になっています。ここではウェルシュ・コーギー・ペンブロークの尻尾を切る理由や断尾の方法、デメリットなどをご紹介します。

ポイント

コーギーは短いしっぽがトレードマークなっている犬種ですが、実はもともとはしっぽが付いており、断尾を行わなかった場合はキツネのようにフサフサとした長いしっぽが生えてきます。

そのため、しっぽがあるコーギーはスタンダードで特に規定のないカーディガンであったり、あえて断尾が行われていないペンブロークということになります。いずれもペットショップでは取り扱われている可能性が低いので、興味がある方はブリーダーなどから直接購入する必要があります。