毛の長いコーギーは珍しい?フラッフィーの子犬の販売や値段について

コーギーにはペンブロークやカーディガンという種類がありますが、他にもフラッフィーと呼ばれる種類があるのを知っていますか?通常コーギーは毛が短い犬種ですが、このフラッフィーは被毛が長くなっています。非常に数が少ないため、あまり耳にすることのない名前ですが、そのふわふわとした可愛らしい姿から一部では非常に人気があります。ここではフラッフィーの特徴や子犬の販売、値段などを簡単にご紹介します。

目次

フラッフィーってどんな犬?

Fotolia 208584843 xs

フラッフィーとは、毛が長いコーギーのことをいいます。通常は短毛ですが、ときどき毛の長いフラッフィーが生まれてくることもあります。

長毛のコーギー

コーギーの毛は短毛か中くらいの長さとなっていますが、ときどき生まれてくる毛の長いコーギーはフラッフィーという名前で呼ばれています。

通常のコーギーの被毛はやや硬めになっていますが、フラッフィーは柔らかい長毛となっています。
ふわふわとした長い毛には普通のコーギーとはまた違った魅力があり、その珍しさから人気となっています。

フラッフィーは偶然生まれてくる

フラッフィーはもともと綿毛という意味のある言葉で、偶然生まれてくる毛の長いコーギーを指す愛称となっていますが、正式な犬種の名前ではありません。

実は、本来毛の短い犬種から毛の長い犬が生まれることはコーギー以外でも稀に起こることがあります。
毛が長いこと以外は普通のコーギーと変わらないため、公式ではコーギーとして扱われています。

コーギーには2つの種類がある

Fotolia 181805317 xs

コーギーにはペンブロークとカーディガンという2つの種類が存在します。フラッフィーと呼ばれている長毛のコーギーはペンブロークとカーディガンのどちらにも見られる場合があります。

ペンブロークとカーディガンについて

コーギーにはウェルシュ・コーギー・ペンブロークとウェルシュ・コーギー・カーディガンという種類があります。
日本で人気があり、一般的にコーギーという名前でよく知られている犬はペンブロークの方で、カーディガンは日本では数が少なく、あまり知られていない種類となっています。

ペンブロークとカーディガンは見た目はとてもよく似ていますが、異なるルーツを持っており、それぞれ独立した犬種として認められています。

ペンブロークとカーディガンについては次の記事を参考にしてください。

フラッフィーはどちらにも見られる

フラッフィーと呼ばれている毛の長いコーギーは遺伝の関係で偶然生まれてくるため、ペンブロークとカーディガンのどちらにも見られることがあります。

カーディガンの方は日本でも数が少ないためほとんど見かけることはありませんが、ペンブロークとカーディガンはどちらも短毛であることがスタンダードとして定められているため、長毛な場合はスタンダードから外れた規格外の犬ということになります。

子犬の値段や販売について

Fotolia 183248336 xs

長毛のコーギーは劣性異伝子を持っている犬から偶然生まれてくるため、数がとても少ないと言われています。
そのため、フラッフィーの子犬は数が少なく、ペットショップではほとんど販売されていません。

とても数が少ない

長毛のコーギーの繁殖は基本的に行われておらず、劣性遺伝子を持っている親犬から偶然でしか生まれてくることはないため、その数はとても少なくなっています。

ペットショップではほとんど見かけることがないため、探して飼うことは非常に難しいと思われます。
稀にコーギー専門のブリーダーが偶然生まれたフラッフィーを販売している場合があるので、どうしても飼いたいという場合は専門のブリーダーに連絡をしてみると良いでしょう。

通常よりも安い値段で取引されている?

犬種の基準であるスタンダードでは、コーギーは短毛であることが定められているので、スタンダードから外れた犬となってしまいます。そのため、非常に数が少なく珍しい犬ではありますが、通常よりも安い値段で取引されることが多くなっています。

通常10〜30万円くらいで取引されることが多いですが、フラッフィーは通常の値段を割引して取引されています。
毛の遺伝が劣性ということもあって、病気が多いという偏見を持たれることがありますが、必ずしも病気の遺伝子を持っているというわけではありません。

また、スタンダードから外れていると一部のドッグショーに参加することはできませんが、家庭犬としては特に問題なく飼うことができます。

ポイント

短毛の犬種でも遺伝の関係でごく稀に長毛の犬が生まれてくることがあります。コーギーのフラッフィーもその一つで、独立した犬種ではなくケネルクラブではスタンダードから外れた規格外の犬として扱われていますが、普通にペットとして飼う分には問題ありません。

ただし、あえて繁殖されるものではないため非常に数が少く、通常のペットショップでは子犬の販売は行われていません。ごく稀に専門のブリーダーがたまたま生まれた長毛の犬を販売していることがあるので、どうしても飼いたいという場合は問い合わせてみましょう。