コーギーの体重はどれくらい?推移や平均について知っておこう

胴長で短い足が可愛らしいコーギーですが、体の大きさの割には体重が重たくがっちりとした体型をしているため、標準体型でも人によってはややぽっちゃりして見えることがあります。犬の健康を管理するためには体重の管理が重要となるので、コーギーの平均体重や子犬の時期の推移を知ることで、適切な体重を維持しましょう。ここでは、コーギーの平均体重や子犬の時期の体重の推移などをご紹介します。

目次

平均的な体重について

Fotolia 167906011 xs

コーギーは1年から1年半くらいで大人になると言われています。そのため、平均体重は1歳から1歳半のコーギーのおおよその平均となります。

コーギーの平均体重について

コーギーの体重はメスよりもオスの方が若干重い傾向にあります。そのため、ジャパンケネルクラブによると平均体重はオスが10〜12kg、メスが9〜11kgとなっています。

ただし、最近のコーギーはオスが13kg、メスは11kgくらいにまで大きい子も多くなっていると言われています。

適正体重は個体によって異なる

適正体重とは犬の理想的な体重のことで、痩せすぎでも太りすぎでもなく、程よい体型となる体重のことをいいます。
平均体重は犬種の標準体重を知る目安となりますが、犬の適正体重は犬種だけでなく、個体によって異なります。

コーギーは個体によって体の大きさが全く異なる場合もあるので、その子にあった体重を知るためにはコーギーの体を見たり、直接触るなどして確認する必要があります。

体重の調べ方について詳しくは次の記事を参考にしてください。

犬の体重の目安は?体型チェックの方法を知っておこう!|HANEY [ハニー]
犬も人間と同じように太り過ぎて肥満になると体への負担が大きくなるため、様々な悪影響が出たり病気のリスクが高くなってしまいます。反対に痩せ過ぎている場合は体調が崩しやすくなったり、すでに何らかの病気を発症している可能性もあります。そのため、犬の健康を維持するためにはできるだけ標準的な体重を維持する必要があります。ここでは犬の体重の目安や体型をチェックする方法などをご紹介いたします。

コーギーの子犬の時期の推移について

Fotolia 183248336 xs

子犬の時期は成長期ということもあって体重が大きく増えていきます。子犬の時期の体重の推移は犬の健康のバロメーターとなるので、こまめに確認してあげましょう。

子犬の体重の推移

以下はコーギー(オス)の体重の変化の一例となります。

・生後1ヶ月 1.5kg
・生後2ヶ月 2.6kg
・生後3ヶ月 5.8kg
・生後4ヶ月 8.5kg
・生後5ヶ月 10.2kg
・生後6ヶ月 11.5kg
・生後7ヶ月 12kg
・生後8ヶ月 12.4kg
・生後9ヶ月 12.6kg
・生後10ヶ月 12.9kg
・生後11ヶ月 13.1kg
・生後12ヶ月 13kg

このように生後半年くらいまでは大きく体重が変化します。生後3〜5ヶ月くらいまでは1週間単位で体重が大きく変わることもあるので、こまめにチェックしてあげましょう。

子犬の時期の体重の推移に関しては犬によって異なるので、すべてのコーギーがこのように変化していくわけではありません。そのため、目安程度にご覧ください。

体重が増えない場合

子犬の時期は体が成長するため、体重も大きく増えていきます。特にコーギーは生後半年くらいまでは大きく成長しますが、その時期に体重が増えなかったり、体重が減っているという場合は注意しなければなりません。

子犬の時期にきちんと体重が増えない場合は、何らかの病気が原因となっている可能性があるのですぐに病院で検査を受けさせましょう。

太りすぎに注意しよう

Fotolia 177300545 xs

コーギーは太りやすい犬種だと言われています。肥満は様々な病気の原因となることもあるので、体重管理には気を配る必要があります。

コーギーは太りやすい?

太りやすさには個体差がありますが、コーギーは犬の中でも比較的太りやすい犬種だと言われています。

コーギーのようにかつて牧羊犬として働いていた犬は太りやすい傾向があります。
広い牧場を走り回っていたということもあって非常に運動量が多いので、きちんと運動させてあげないと太りやすくなってしまいます。

肥満は様々な病気の原因にもなるので、コーギーの体重管理には特に気を配る必要があります。

肥満は病気の原因に

太りすぎは心臓や肝臓への負担が大きくなったり、糖尿病などの病気の原因となることがあります。
特にコーギーのような足が短く胴が長い犬種は、体重が増えすぎると椎間板ヘルニアを発症しやすくなります。

悪化すると手術が必要になることがあり、痛みがひどくなったり、麻痺によって歩くことができなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

ポイント

太りすぎや痩せすぎは、病気や体調不良の原因となることがあるので、適切な体重を維持させることはとても大切です。同じ犬種でも体の大きさや体格は犬によって異なる場合があるので、平均体重が必ずしもその子の適正体重であるとは限りません。

そのため、あくまでも目安として体型を見たり、体を触るなどして体重を調べるようにしましょう。コーギーは比較的太りやすい犬種なので、特に意識して体重管理を行ってあげましょう。