ミニチュアピンシャーは寒さに弱い?対策や注意点について

ミニチュアピンシャーは暑さだけでなく、寒さにも弱い犬種だと言われています。寒がりなミニチュアピンシャーは冬になって気温が下がってしまうと散歩を嫌がったり、夜泣きをしてしまうなど様々な問題が出てしまう可能性があります。体温が低下してしまうと体調を崩してしまうこともあるので、気温が低い日は何らかの対策を取ってあげましょう。ここでは寒さ他細工や注意点についてご紹介します。

目次

ミニチュアピンシャーは寒がり?

Fotolia 169831079 xs

犬といえば寒さに強いというイメージを持っている人も多いと思われますが、ミニチュアピンシャーは寒さが苦手な犬種だと言われています。そのため、冬場は気温の低下に注意する必要があります。

散歩に行くのを嫌がるようになる

ミニチュアピンシャーは好奇心旺盛な性格なので、散歩や外で運動することが大好きな犬種ですが、外の気温があまりに寒いと散歩を嫌がったり、散歩中に固まって動かなくなってしまうことがあります。

無理に連れ出す必要はありませんが、散歩は運動や犬のリフレッシュのためにも必要なものとなるので、散歩に連れて行かない日が続いてしまうと犬にもあまり良くありません。

夜泣きをしてしまう

夜中ケージの中が冷えてしまうと眠れずに夜泣きをしてしまう子がいます。夜泣きをする癖がなかった子が寒い日に夜泣きをしてしまう場合は寒さを感じている可能性があり、体調を崩す原因にもなるのでケージ内を暖かくしてあげる必要があります。

体調を崩してしまう

低い気温に一定時間さらされてしまうと寒さから体調を崩してしまう場合があります。特に気をつけたいのが低体温症で、体温が下がることで元気が無くなったり、唇や歯茎などが青くなってしまい、最悪の場合は命の危険にさらされてしまうこともあるので注意しましょう。

寒さ対策について

Fotolia 147153947 xs

ミニチュアピンシャーは寒さに弱いので、冬場は体温が低下してしまわないように様々な寒さ対策を取ってあげる必要があります。

暖かい時間に散歩してあげる

真冬になると外の気温はとても低くなるので、散歩に連れて行くときはなるべく暖かい時間帯に連れて行ってあげるようにしましょう。
早朝や夜中は気温が低くなるため、寒さから散歩を嫌がったり、途中で歩かなくなってしまうこともあるので、昼間など日が当たる時間に連れて行ってあげると良いでしょう。

また、非常に気温が低い日や天気の悪い日は避けて、比較的暖かい日に連れて行くなど犬の体調に合わせた対策を取りましょう。

ドッグウェアを着せる

ドッグウェアの中には犬に着せてあげることで寒さ対策になるものがあります。家の中や散歩中に着せてあげることである程度寒さを軽減できる可能性があるので、必要に応じて着せてあげる良いでしょう。

ケージの中を暖かくする

夜中寝るときや、お昼寝をするときなどは寒くないようにケージの中を暖かくしてあげる必要があります。
毛布や湯たんぽ、ペット用のホットカーペットを入れるなどしてあげると良いでしょう。湯たんぽやホットカーペットを入れる場合は熱くなりすぎてしまわないように注意しましょう。

暖房器具を使用する

室温が15度を下回るような場合は、暖房器具を使用して温度を高くしてあげましょう。エアコンやストーブ、ホットカーペット、こたつなどを使用することも多いと思いますが、ストーブとこたつは飼い主さんがいない状況では危険なので使用しないようにしましょう。

また、暖房器具を使用すると喉が乾きやすくなるので、水をしっかり飲ませてあげることも大切です。

ポイント

寒がりな犬種なので夏の暑さだけでなく、冬の寒さにも弱い傾向があります。寒さを感じたままでいるといろいろな問題が出てしまうので、気温が低くなったら寒さ対策をしなければいけません。暖房器具で部屋を暖めたり、夜は毛布や湯たんぽでケージの中を温めてあげましょう。また、寒さから散歩を嫌がるような場合はドッグウェアを着せてあげたり、できるだけ暖かい時間に連れて行ってあげましょう。