ミニチュアピンシャーは暑さに弱い?注意点や対策について

犬は基本的に暑さに弱い動物です。ミニチュアピンシャーは被毛が短い犬種ですが、日本の高温多湿な気温はあまり得意ではないため、ほかの犬種と同様に暑さ対策を取る必要があります。暑さによって体温が上昇してしまうと熱中症を引き起こし、命の危険にさらされてしまうこともあるので、夏場の散歩や留守番には特に注意が必要となります。ここでは暑さ対策や注意点についてご紹介します。

目次

ミニチュアピンシャーは暑がり?

Fotolia 142246411 xs

犬は人間のように全身から汗を出して体温を下げることができないため、暑さに弱い傾向があります。
ミニチュアピンシャーは被毛が短い犬種なので、被毛の長いプードルやゴールデンレトリーバーと比べると涼しそうな印象を受けますが、ほかの犬種と同様に暑さを苦手としています。

夏場の散歩に注意

ミニチュアピンシャーは活発な子が多く、散歩や運動が大好きな犬種ですが夏場の散歩や運動には注意する必要があります。特に真夏の炎天下での散歩は熱中症を引き起こす危険があるので、絶対にやめてください。

また、活発な性格から長時間の散歩、運動を行ってしまうことがありますが、気温が高い日は熱中症を引き起こす可能性が高いので無理をさせないようにしましょう。

留守番をさせるときは気をつけよう

犬は室内でも熱中症を発症してしまう可能性があります。特に留守番中は犬の異変に気付くことができないので十分に注意しましょう。
特に季節の変わり目や梅雨の時期などは午後から急に気温が上昇してしまうことがあるので、午前中は涼しい場合でもエアコンをつけてあげてください。

また、犬は気温だけでなく湿度にも弱く、人間以上に暑さに敏感なので人間がそれほど暑くないと感じるような場合でも犬は暑さを感じている可能性があります。

詳しくは犬の適温を参考にしてください。

犬の適温は何度くらい?夏場や冬場の室内の温度管理について|HANEY [ハニー]
犬は一般的に暑さが苦手な動物ですが、犬の中には寒いのが苦手な子もいます。そのため、夏場や冬場は室内の温度が気になったり、エアコンを何度くらいに設定すべきか悩んでしまうこともあると思います。また気温だけでなく当然湿度も関係してくるため、暑い日は湿度も気にする必要があります。ここでは何度くらいであれば犬が暑さや寒さを感じることなく快適に過ごせるのか、犬種や毛の種類を考慮した上で考えてみました。

暑さ対策の方法は?

Fotolia 178779412 xs

ミニチュアピンシャーは暑さに弱い犬種なので、熱中症を避けるためにも夏場はいろいろな暑さ対策が必要となります。

涼しい時間に散歩を行う

夏場は日中に散歩へ連れて行くと暑さにやられてしまう可能性があるので、早朝や夜など気温が低い時間を選んでに散歩へ連れて行くようにしましょう。早朝は特に問題ありませんが、夜に連れて行く場合はまだアスファルトに熱が残っている場合があります。

温度が上昇したアスファルトの上を歩かせると肉球が火傷をしてしまったり、アスファルトの熱気によって熱中症を引き起こしてしまうこともあるので、夜に連れて行く場合でも暑さに注意してあげる必要があります。

クールウェアを着せる

ドッグウェアの中には着ることで涼しくなったり、暑さを軽減することができるクールウェアがあります。防虫効果を兼ね備えているようなものもあるので、着せてあげることで夏場の散歩が少し快適になるかもしれません。

冷房を使用する

夏場は外だけでなく、室内の温度も高くなります。犬は人間以上に暑さに弱いので、夏場はエアコンなどの冷房機器が必要不可欠となります。しかし、エアコンの風を直接当ててしまうと体調を崩してしまう原因となるので、留守番させるときは風向きに注意しましょう。

冷却マットを敷いてあげる

ペット用の冷却マットや石のタイルなどを敷いてあげることも暑さ対策に効果的です。室外で犬を飼っている場合や、留守番をさせている場合などは暑いと感じたときに自分でその場所へ避難させることができます。

ポイント

ミニチュアピンシャーは暑さに弱いため、夏場は熱中症になってしまわないように十分に気をつける必要があります。特に散歩中や留守番中は体温が上がりすぎてしまわないように注意しましょう。日中の散歩や気温が高い中での長時間の運動を避ける、留守番中は直射日光が当たらないように気を配り、エアコンで室温を調整してあげてください。