ミニチュアピンシャーの散歩の距離や時間、頻度について

ミニチュア・ピンシャーは活発で好奇心が強いため、散歩好きな犬種だと言われています。また、運動量が多い犬種なので、しっかり散歩に連れて行ってあげないと運動不足や欲求不満からストレスを溜め込んでしまう場合があります。そうなると攻撃的になったり、無駄吠えや脱走などの問題行動を引き起こしてしまう原因となるので、満足がいく散歩を行うことはミニチュア・ピンシャーを飼う上でとても重要となります。

目次

ミニチュアピンシャーは散歩好き

Fotolia 170412407 xs

ミニチュアピンシャーは活発で好奇心が旺盛な犬種です。そのため、散歩が大好きで運動量も多いので、きちんと散歩に連れて行ってあげないとストレスを溜め込んでしまう原因となります。

散歩に連れて行かないとストレスの原因になる

散歩好きなミニチュアピンシャーはきちんと散歩に連れて行ってあげないとストレスを溜め込んでしまいます。
そうなると問題行動が増えたしまったり、外に出たくて脱走しようしてしまうことがあるので、しっかりと散歩を行うことでリフレッシュさせてあげる必要があります。

ミニチュアピンシャーはもともと無駄吠えが出やすく脱走件数が多い犬種なので、毎日きちんと散歩に連れて行きましょう。

散歩はどんな方法で連れて行けばいい?

Fotolia 180298541 xs

散歩に連れていくときはただ外を歩きに出かけるだけでなく、散歩の内容がとても重要となります。連れていく頻度や距離など、犬に合った散歩を行うことを心がけましょう。

散歩の頻度

散歩は基本的に毎日連れて行ってあげる必要があります。朝晩と1日2回は連れて行くようにして、きちんとリフレッシュさせてあげましょう。しかし、どんなときも必ず2回連れて行かなければならないというわけではなく、天気が悪い日や犬の体調が悪いときなど連れて行かない日があっても構いません。

散歩の時間や距離

適切な散歩の時間や距離などは犬によって個体差がありますが、ミニチュアピンシャーは運動量が多い犬種なので、だいたい30分ほどは連れて行ってあげる必要があります。

散歩から帰ったときにまだ体力があり余っているようであれば、時間や距離を増やしてあげるなど調整してあげましょう。

メリハリをつける

散歩へと連れていく場合はただ歩かせるだけでなく、メリハリをつけた散歩を行う必要があります。毎日しっかりと歩かせているつもりでも、犬が満足していないと欲求不満からストレスを溜め込んでしまいます。

この犬種は走ることが大好きなので、散歩の途中に公園によって走らせたり、ボール遊びをする時間を作るなど、工夫してあげましょう。

ポイント

この犬種は運動量が多く、好奇心が旺盛な犬種なので、毎日きちんと散歩へ連れて行く必要があります。基本的に1日2回、30分ほどは散歩が必要となりますが、ただ決まった道を歩かせて帰るだけでなく、途中で走らせたり、一緒に遊ぶ機会を作ってあげることが大切です。また、犬によっては散歩に帰ってからも体力があり余って走り回ってしまうということもあるので、そういった場合は時間や運動量を増やすなどしてエネルギーを発散させてあげましょう。