ミニチュアピンシャーの子犬や成犬の体重、体の大きさについて

中型犬〜大型犬として分類されているドーベルマンを一回り小さくしたような姿であるミニチュアピンシャー。引き締まったスリムな体型が特徴的ですが、太りすぎてしまうと見た目にあらわれやすく、お腹が垂れたり横に膨れてしまいます。そうなると体にも悪影響を及ぼすため、子犬の時期からきちんと適切な体重を維持することが重要となります。ここではミニチュアピンシャーの標準的な大きさや体重についてご紹介します。

目次

ミニチュアピンシャーの大きさ

ミニチュアピンシャーは体高が25cm〜30cmほどの小型犬です。大きさはオスメスどちらでもあまり違いがなく、スクエア型と呼ばれる体高と体長の大きさがほとんど同じ犬種となっています。

また、非常にスリムで引き締まった筋肉質な体が特徴となっています。

体高が30cmを超えるような場合も

犬種の基準を定めているスタンダードではミニチュアピンシャーの体高は25cm〜30cmくらいが理想的だと言われています。
しかし、個体差によって大きさが異なるため、なかには30cmを超えるような大きさの子もいます。

体重はどれぐらい?

ミニチュアピンシャーの体重はオスメスともにだいたい4kg〜6kgほどとなっています。しかし、これはあくまでジャパンケネルクラブが理想としている数値というだけで、個体差によっては体高が30cmを超えるような大きい子もいるため、必ずしもこの体重が適切というわけではありません。

月齢ごとの体重

以下はオスのミニチュア・ピンシャーの生後2ヶ月から12ヶ月までの体重の記録です。

生後2ヶ月:1.3kg
生後3ヶ月:2kg
生後4ヶ月:2.6kg
生後5ヶ月:2.9kg
生後6ヶ月:3.3kg
生後7ヶ月:3.6kg
生後8ヶ月:3.8kg
生後9ヶ月:4.0kg
生後10ヶ月:4.2kg
生後11ヶ月:4.3kg
生後12ヶ月:4.3kg


これはあくまでも一つの例なので、すべての犬が同じような体重となるわけではありませんが、だいたい生後8ヶ月から10ヶ月くらいまでは体重が大きく増加していきます。

太りすぎや痩せすぎに注意しよう

成長期や成犬になってからの太りすぎや痩せすぎには注意しましょう。この犬種は体重が必要以上に増えて肥満になってしまうと細い足に大きな負担がかかるようになってしまうため、関節のケガを引き起こす原因となります。

また、成長期に痩せすぎていると発育不良を引き起こしてしまうことがあります。成長期に体重が変わらない、体重が下がっているという場合は何らかの病気の可能性があるので、すぐに病気に連れて行きましょう。

肥満は成長期の段階でも気をつけなければなりませんが、一般的に成長期の段階では太り気味な子よりも痩せ気味な子の方が多いので、肥満を気にしすぎるあまり痩せさせてしまわないように気をつけましょう。

ポイント

この犬種は体高が30cm以下、体重が4kg〜6kgくらいであることが一般的とされていますが、中には30cmを超えるような大きさの子もいるため、必ずしも4kg〜6kgという体重が適切というわけではありません。そのため、見た目や体を触った感覚で適切な体重かどうかを判断しましょう。太りすぎるとお肉が横にはみ出たり、下に垂れてしまい、ケガや病気の原因となってしまうので食事の量と運動量を調整して適切な体重を維持していきましょう。