ミニチュアピンシャーの運動量は多い?必要性や量、注意点について

ミニチュアピンシャーはとても活発で運動量が多い犬種だと言われています。そのため、毎日きちんと必要な運動量を満たしてあげる必要があります。運動不足になると様々な問題を引き起こす原因となってしまうので、散歩や室内での遊び、ドッグランなどできちんと運動量を満たしてあげましょう。また、あそばせるときは怪我や興奮のしすぎに注意する必要があります。ここでは運動量や運動の必要性や量などについてご紹介します。

目次

ミニチュアピンシャーは運動が大好き

Fotolia 167662931 xs

ミニチュアピンシャーはとても運動好きで、小型犬の中では運動量が比較的多い犬種です。かつてはネズミを取るために農家で飼われていたという歴史もあるため運動能力が高く、元気いっぱいに走り回るとてもタフな犬です。そのため、飼う際はしっかりと運動する時間を作ってあげる必要があります。

運動量が不足すると問題行動の原因に

ミニチュアピンシャーは、運動量が不足してしまうと様々な問題を引き起こす原因となってしまいます。主によく吠えるようになる、イライラして攻撃的な行動をとりやすくなる、家の中で暴れてしまうなどがあります。また、運動量が足りていないと脱走しようとすることもあるのでくれぐれも注意しましょう。

室内での遊びについて

ミニチュアピンシャーは運動量が多い犬種なので、毎日散歩をきちんと行ってあげる必要があります。散歩で必要な運動量を満たすことができていれば家の中で大人しくなりますが、まだ元気に走り回るような場合はそれ以外に運動する機会を作ってあげる必要があります。

特に天気が悪くて散歩に連れて行けない日や真夏で散歩時間が限られてしまうときなどは必要となることが多いので、家の中でボール遊びやおもちゃの引っ張り合いっこなどをして遊んであげましょう。

引っ張り合いっこをするときは左右に軽く動かしたりしながら遊び、興奮しない程度におもちゃを離して持ってこさせるようにすると良いでしょう。

走り回る機会を作ってあげよう

エネルギーを発散させるためにはきちんと走る機会を作ってあげる必要があります。そのため、家の中のボール遊びや、定期的にドッグランに連れて行ってあげるなどして走らせてあげましょう。

また、散歩中に公園で追いかけ合いっこをして遊んだりなど、メリハリをつけて走る機会を作ってあげるのもお勧めです。

散歩について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ミニチュアピンシャーの散歩の距離や時間、頻度について|HANEY [ハニー]
ミニチュア・ピンシャーは活発で好奇心が強いため、散歩好きな犬種だと言われています。また、運動量が多い犬種なので、しっかり散歩に連れて行ってあげないと運動不足や欲求不満からストレスを溜め込んでしまう場合があります。そうなると攻撃的になったり、無駄吠えや脱走などの問題行動を引き起こしてしまう原因となるので、満足がいく散歩を行うことはミニチュア・ピンシャーを飼う上でとても重要となります。

遊ぶときの注意点について

Fotolia 178779412 xs

運動や遊びが大好きなミニチュアピンシャーですが、遊ばせる際は怪我や興奮のしすぎに注意する必要があります。

怪我に注意

運動能力が高く、とてもタフな犬種ですが、運動のさせすぎには注意が必要です。細い足は脱臼や骨折などの怪我をしやすいため、無理な運動や硬い地面で飛び跳ねるなどの行動をとっていると危険な場合があります。

室内を走り回るような場合はフローリングにカーペットを敷くなどして滑らないように気を配りましょう。

興奮させすぎないようにしよう

遊び好きな性格ですが、長時間遊ばせすぎていると興奮しすぎてしまうことがあります。そうなるとコントロールが効かなくなったり、飛び跳ねるという行動を繰り返す、走りすぎて何かにぶつかってしまうなどケガの原因にもなってしまうので注意してください。

特に引っ張り合いによる遊びは興奮しやすいので、適度に放して犬に持ってこさせるようにして遊ぶことが大切です。

ポイント

ミニチュアピンシャーはとても運動量が多い犬種なので、飼う際は毎日の散歩や運動する時間をきちんと作ってあげる必要があります。運動量が不足するといろいろな問題行動をとる原因となるので散歩中も走る時間を作ったり、家の中で遊ぶ、ドッグランに連れて行くなどしてエネルギーを発散させてあげましょう。ただし、比較的怪我をしやすい犬種でもあるので激しすぎる運動や長時間の運動、滑る場所や硬い地面での運動などは避けるようにしてください。また興奮させすぎると問題行動や怪我の原因となるのであそばせるときは適度にクールダウンさせるようにしましょう。