ミニチュアピンシャーのレッドってどんな毛色?

ミニチュアピンシャーといえばドーベルマンに似た、黒と茶色の2色の毛色であるブラックアンドタンをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、それ以外にも何種類か毛色の種類があり、なかにはレッドという茶色を明るくしたようなカラーもあります。ここではミニチュアピンシャーのレッドの毛色についてご紹介します。

目次

ミニチュアピンシャーのレッドについて

Fotolia 176952381 xs

ミニチュアピンシャーにはいくつかの毛色の種類がありますが、レッドはそのなかでもっとも一般的なブラックアンドタンという毛色の次にオーソドックスな毛色となります。

レッドの色合いについて

レッドという名前が付けられていますが、実際は赤というよりも茶色に近いカラーとなります。色合いは犬ごとに若干異なりますが、基本的にレッドとは明るめの茶色に赤みが入ったような毛色のことをいいます。

色の範囲が広いカラーなのでやや暗めなダークレッドブラウンから、ディアーレッドという薄めで明るいカラーなど様々なバリエーションがあります。また、もっともオーソドックスなカラーであるブラックアンドタンにも足や尻尾の付け根、口元や目の上などにレッドの毛色が出ることがあります。

他の色と違う特徴は?

Fotolia 163181856 xs

レッドにはブラックアンドタンには見られない特徴がいくつかあります。主に鼻の色や耳が異なったり、ドッグショーなどの評価に影響を及ぼすことがあると言われています。

レッドは鼻の色が薄い?

ブラックアンドタンなどの毛色の場合、通常は鼻の色が黒色であることが多いですが、レッドの場合はやや抜けたような色をしていることがあります。レッドでも黒い鼻をしている子は多いですが、なかには薄茶色やややピンクがかった薄い茶色をしている子もいます。

耳が立たない子が多い?

ミニチュアピンシャーのなかには耳が立たずに先の方が垂れている子がいます。そのため、断耳をすることで矯正して耳を立たせている子もいますが、基本的にレッドは何もしていないと耳が垂れてしまう子が多いと言われています。

耳が垂れていると若干通気性が悪くなる可能性があるので、定期的に耳掃除をしてあげる必要があります。

ドッグショーで有利?

ドッグショーは純潔の犬の容姿をスタンダードを基準にして評価して競うショーのことで、この犬種の場合はレッドの毛色の方がブラックアンドタンよりも有利な評価を受けやすいと言われています。

値段について

基本的にこの犬種の場合はレッドとブラックアンドタンで値段差が出るということはほとんどありません。それよりも血統や年齢、身体や顔つきなどによって値段差が出ることが多いと言われています。

値段について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ミニチュアピンシャーの値段はどれくらい?相場や価格の違いについて|HANEY [ハニー]
まるでドーベルマンを小型化したような容姿のミニチュア・ピンシャーは日本で飼われている犬種ランキングで毎年20位前後をキープしている比較的人気の高い犬種となっています。ここではそんなミニチュア・ピンシャーの相場や飼育にかかる餌代、毛色や性別、血統、年齢などによる値段の違いを簡単にご紹介します。

ポイント

この犬種のレッドにはいろいろなカラーがあるため、個体によって色合いが異なります。鼻の色にも違いが出ることがあるなど個体差が出やすい毛色となっており、ブラックアンドタンと比べると自然に耳が立たない子が多いため、垂れ耳になりやすいといった特徴があります。レッドはこの犬種の中ではブラックアンドタンについでオーソドックスな毛色となっていますが、ほかにもいくつかのカラーがあります。

毛色について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ミニチュアピンシャーの毛色の種類は?チョコタンやブルータン、ホワイトなどのレアカラーについて|HANEY [ハニー]
ミニチュアピンシャーといえばドーベルマンに似た黒と茶色の2色の毛色を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に黒と茶色のバイカラーはもっとも見かけることが多いポピュラーな毛色となっていますが、ほかにも正式には認められていないブルータンやホワイトなどのレアカラーなど、たくさんの毛色の種類があります。ここではミニチュアピンシャーの毛色の種類を簡単にご紹介します。