ミニチュアピンシャーの毛色!ブラックタンについて

ミニチュアピンシャーといえばブラックタンがもっとも一般的な毛色として知られています。まるでドーベルマンを小型化したような見た目から人気が高い毛色となっているので、ほかの毛色よりも見かけることが多いカラーとなっています。ここではミニチュアピンシャーのブラックタンの毛色や特徴を簡単にご紹介します。

目次

ミニチュアピンシャーのブラックタンってどんな毛色?

Fotolia 180298541 xs

ブラックタンはブラックアンドタンとも呼ばれる毛色で、名前の通りブラックとタンの2色のバイカラーで構成されている毛色です。
主にブラックがメインで頭や体、尻尾などは黒くなっており、目の上、頬から口周り、足先、胸、尻尾の付け根などがタンになっています。

タンはやや黄土色に近い茶色のことを指すことが多いですが、ミニチュアピンシャーのタンの場合はブラウンに近いくらい濃い色をしていることがあります。

もっともオーソドックスなカラー

ブラックタンはミニチュアピンシャーの中でもっともオーソドックスなカラーとして知られています。そのため、他の毛色よりも流通数が多いので比較的見かけることが多く、ちょうどドーベルマンを小型化したような見た目から人気の高い毛色となっています。

ブラック&タンの特徴について

Fotolia 170412407 xs

ブラック&タンにはお茶目な眉毛模様があったり、犬によって若干色味が異なるなどの特徴があります。

眉毛が可愛い

ブラック&タンは頭から鼻、目の周りなどはブラックの毛色をしていますが、目の上だけはタンになっているため、まるで眉毛のような可愛い模様が付いています。このとっても可愛くてお茶目な眉毛は犬によって形や幅が異なるため、その犬ごとの個性となります。

タンの毛色が犬によって異なる

ブラック&タンの毛色のタンの部分は犬によって色が大きく異なることがあります。やや薄くて砂のような色をしたいわゆる一般的なタンのようなカラーから、濃いブラウン、赤みが入ったレッドなど様々なバリエーションがあります。

また、口元のタンと足先のタンでは色が異なることもあるので、個性が出やすい毛色と言えるでしょう。

立ち耳の子が多い?

この犬種の耳は犬によっては立っていたり、垂れたりしていることがあります。なかには垂れている耳を断耳することによって強制的に立たせている場合もありますが、ブラック&タンの場合は断耳を行っていなくても自然と耳が立つ子が多いと言われています。

ポイント

ブラックタンはこの犬種のなかでもっともポピュラーな毛色となりますが、眉毛があったり、タンの色合いが犬によって異なったりなど、とても個性的な毛色となっています。特にタンの部分は犬によって様々なバリエーションがあるので、注目してみてください。

ミニチュアピンシャーの毛色の種類は?チョコタンやブルータン、ホワイトなどのレアカラーについて|HANEY [ハニー]
ミニチュアピンシャーといえばドーベルマンに似た黒と茶色の2色の毛色を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に黒と茶色のバイカラーはもっとも見かけることが多いポピュラーな毛色となっていますが、ほかにも正式には認められていないブルータンやホワイトなどのレアカラーなど、たくさんの毛色の種類があります。ここではミニチュアピンシャーの毛色の種類を簡単にご紹介します。