ミニチュアピンシャーの毛色の種類は?チョコタンやブルータン、ホワイトなどのレアカラーについて

ミニチュアピンシャーといえばドーベルマンに似た黒と茶色の2色の毛色を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。実際に黒と茶色のバイカラーはもっとも見かけることが多いポピュラーな毛色となっていますが、ほかにも正式には認められていないブルータンやホワイトなどのレアカラーなど、たくさんの毛色の種類があります。ここではミニチュアピンシャーの毛色の種類を簡単にご紹介します。

目次

もっともポピュラーなブラックタン

Fotolia 83950982 xs

ブラックタンとはブラックとタンの2色で構成されている毛色のことをいいます。ミニチュアピンシャーといえばブラックタンというくらいもっともポピュラーな毛色で、まるでドーベルマンを小型化したような毛色となっています。

メインがブラックで部分的にタンが入っているカラーで、タンの色合いが犬によって異なったり、目の上に入っているタンの色がまるで眉毛模様になってように見えるなど特徴がある毛色となっています。

ブラックタンについては次の記事を参考にしてください。

ミニチュアピンシャーの毛色!ブラックタンについて|HANEY [ハニー]
ミニチュアピンシャーといえばブラックタンがもっとも一般的な毛色として知られています。まるでドーベルマンを小型化したような見た目から人気が高い毛色となっているので、ほかの毛色よりも見かけることが多いカラーとなっています。ここではミニチュアピンシャーのブラックタンの毛色や特徴を簡単にご紹介します。

色のバリエーションが多いレッド

Fotolia 176952381 xs

ブラックタンの次に見かけることが多いレッドの毛色。レッドは色の幅が広い毛色で、犬によって色合いが異なるという特徴があります。

ブラウンに近い毛色から、ダークレッドブラウン、ディアーレッドなど色合いによっていくつかの種類に分けられることもあります。ミニチュアピンシャーには鼻の色が黒い子が多いですが、レッドのなかには薄茶色の鼻の色をしていることがあります。

レッドの毛色について次の記事を参考にしてください。

ミニチュアピンシャーのレッドってどんな毛色?|HANEY [ハニー]
ミニチュアピンシャーといえばドーベルマンに似た、黒と茶色の2色の毛色であるブラックアンドタンをイメージする人が多いのではないでしょうか。しかし、それ以外にも何種類か毛色の種類があり、なかにはレッドという茶色を明るくしたようなカラーもあります。ここではミニチュアピンシャーのレッドの毛色についてご紹介します。

その他の毛色について

Fotolia 182460595 xs

この犬種といえばブラックタンやレッドがもっとも一般的な毛色となりますが、そのほかにもチョコレートやブルーなどの少し珍しいカラーがあります。

チョコレートタン

チョコレートタンとは名前の通り、濃い茶色であるチョコレート色とタンで構成されている毛色になります。
基本的にブラックタンのブラックがチョコレートになったカラーで、体や頭から鼻にかけてはチョコレート色で、口周りや頬、目の上、足先、尻尾の付け根などがタンになります。

レアカラーについて

ブラックタン、レッド、チョコレートタンなどはジャパンケネルクラブで正式に認められている毛色となっていますが、ほかにも正式には認められていないレアカラーがいくつかあります。

ミニチュアピンシャーのレアカラー
・ブルー
・ブルーラスト
・ブルータン
・フォーン
・グレータン
・イザベラ
・イザベラタン
・ホワイト
・ホワイトレッド
・ホワイト,チョコレートタン
・ホワイト,イザベラタン
・ブラックタン、ホワイト
など

いずれも非常に珍しいレアカラーとなりますが、遺伝の関係上、生まれつき健康的にも問題がある可能性があるので注意が必要となります。

ポイント

このようにミニチュアピンシャーにはいくつか毛色がありますが、日本で見かけることが多いのはブラックタンとレッドの2種類となっています。チョコレートタンも正式に認められている毛色なので、ブリーダーやペットショップによっては見かけることもありますが、レアカラーについては日本で見かけることはほとんどありません。遺伝的に問題を抱えていることもあるので、飼う場合はよく調べた上で飼うようにしてください。