ミニチュアピンシャーは断耳しない方がいい?メリットやデメリットについて

犬の耳の一部を外科手術で切る断耳は、一般的に牧羊犬や猟犬が獲物の反撃によって耳を噛まれないようにするためという実用的な意味のある手術でしたが、闘犬や牧羊犬が減ってしまったため現在では犬の容姿を守るという理由がほとんどになりました。耳のほかにも犬種によっては断尾と呼ばれる尻尾を切断する手術もあります。ここではミニチュアピンシャーに断耳をする理由やデメリット、メリットについてご紹介します。

目次

断耳とは?

Fotolia 171137165 xs

「断耳(だんじ)」とは、犬の耳の一部を外科手術で切ることをいいます。断耳には様々な意味がありますが、一般的に猟犬や牧羊犬に行われることが多くなっています。

断耳を行う理由について

断耳には猟犬や牧羊犬などが狩りの獲物や羊を狙う狼などに耳を噛まれて深手を負わないように行うという実用的な意味がありました。
長い垂れ耳の犬はどうしても噛まれてしまうことが多く、出血から命を落としてしまうこともあったため、それを防ぐために行われています。

ほかにも犬同士を戦わせるいわゆる「闘犬」などでも同じ理由で断耳が行われていましたが、現在、ペットとして飼われている犬にも同じように断耳が行われていることがあります。

なぜミニチュアピンシャーも断耳を行うの?

現在、断耳が行われている理由は昔からの犬の容姿を守る規定によるものがほとんどで、かつてのような実用的な意味はありません。
ミニチュアピンシャーの場合は特に断耳を行うという決まりはありませんが、同じ理由で「断尾(だんび)」といって尻尾が切られることがあります。

また、ミニチュアピンシャーは犬によって立ち耳の子と垂れ耳の子に分かれることがあるため、わざと立ち耳にするために断耳を行って耳を矯正する場合もあります。

耳を切ることによるメリットやデメリットについて

Fotolia 178779412 xs

ミニチュアピンシャーが断耳を行う場合、立ち耳になることで耳の通気性が良くなる、好みによっては犬の見栄えが良くなるなどのメリットがありますが、一般的にデメリットの方が多いと言われています。

耳の通気性について

ミニチュアピンシャーは成長することで立ち耳と垂れ耳に分かれますが、立ち耳の子のほうが垂れ耳の子と比べて若干耳の通気性が良いため蒸れにくいと言われています。

立ち耳のほうが汚れが溜まったり菌が繁殖することが少なく、耳掃除が楽で外耳炎を発症しづらくなるため、断耳を行うことで立ち耳になると耳の病気を発症しにくくなるというメリットがあります。

断耳によるデメリットについて

断耳は生後7~12週頃に外科手術を行うことが一般的となっています。手術を行う場合は麻酔が必必要になるため、麻酔による副作用の影響や手術後の感染リスクなどがあります。また、断耳の手術は必ずしも成功するとは限らず、失敗すると見た目に影響が出たり、再度手術を行うことによって負担が大きくなります。

手術の負担以外にも耳を切られたことによる痛みが原因で性格面で影響が出てしまい、神経質な面が強く出るなどのデメリットが出てしまう可能性もあります。

ヨーロッパでは禁止されている

アメリカでは現在も変わらずに行われている犬の断耳ですが、ヨーロッパでは犬に不要な痛みを与えると考えられているため、法律的に禁止されている国もあります。実際、現在家庭でペットとして飼われている犬の断耳は、そのほとんどが見た目のためだけに行われています。

かつての犬種の姿やあるべき姿を守ることは大切なことだと考えられていますが、ヨーロッパの人々にはあまりこうした考え方は受け入れらていないようです。

ポイント

ミニチュアピンシャーはスタンダードでは特に断耳を行うという決まりはありません。そのため、犬によっては耳が垂れてしまう子もいます。動物病院へ連れて行けば手術を受けさせることができるので、断耳によって立ち耳にすることができますが、デメリットも多いのでよく考えてから行うようにしましょう。耳が立っている子がいいと感じるか、耳が垂れている子がいいと感じるかは飼い主さんの好みの問題となりますが、犬に不要な痛みを与えてまで手術を行う意味はあまりないと思われます。