トイマンチェスターテリアの大きさや体重について

トイ・マンチェスター・テリアという犬種をご存知ですか?一見ドーベルマンやミニチュアピンシャーととてもよく似た姿をしていますが、これらはすべて別の犬種です。ドーベルマンと比べるとその体の大きさの違いは一目瞭然ですが、ミニチュアピンシャーとトイ・マンチェスター・テリアではどちらの方が大きいのでしょうか。ここではトイ・マンチェスター・テリアの大きさや体重についてご紹介します。

目次

トイマンチェスターテリアの大きさについて

Fotolia 171137146 xs

トイマンチェスターテリアはオスメスともに体高が約25cm〜30cm、体重が約3kg~4kgの小型犬です。ジャパンケネルクラブでは体重はオスメスともに2.7kg〜3.6kgが理想的だとされています。

トイマンチェスターテリアとは?

この犬種はスタンダードマンチェスターテリアを小型化した犬種です。その姿は、ドーベルマン、ミニチュアピンシャーととてもよく似ていますが、中型犬〜大型犬に分類されているドーベルマンと比べるととても小柄な犬種となります。

ミニチュアピンシャーとは容姿や大きさがとてもよく似ていますが、体格や体の大きさ、ミニチュアピンシャーにはないトイマンチェスターテリアのみに見られる特徴がいくつかあります。

ミニチュアピンシャーとの違いについては次の記事を参考にしてください。

トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの違いについて|HANEY [ハニー]
トイ・マンチェスター・テリアという犬種をご存知ですか?一見ミニチュア・ピンシャーと間違えてしまうくらい非常によく似た姿をしていますが、これらは全く別の犬種です。ここではトイ・マンチェスター・テリアの性格や特徴、ミニチュア・ピンシャーとの違いなどについてご紹介します。

体の特徴や体格について

Fotolia 104930934 xs

この犬種はミニチュアピンシャーと非常によく似ていますが、体の大きさや体格がやや異なります。一般的にミニチュアピンシャーの方が体が大きいことが多く、がっしりとした体格をしています。

ミニチュアピンシャーとの大きさの違い

ミニチュアピンシャーの理想的な大きさは体高がオスメスともに25cm〜30cmで、体重がオスメスともに4〜6kgとされています。
一方でこの犬種の場合は体高はオスメスともに25cm〜30cmと同じですが、体重はオスメスともに2.7kg〜3.6kgとミニチュアピンシャーよりもやや軽くなっています。

数字的にはあまり違いがないため、個体差によってはどちらが大きいかは異なりますが、全体的にミニチュアピンシャーの方がやや体が大きい傾向があります。

体長が長くスリムな体型

この犬種とミニチュアピンシャーでは、体の大きさ以外にも体格に違いが見られます。体高と体長がほとんど変わらないミニチュアピンシャーと違い、この犬種の方はやや体長が長い傾向にあります。

また、全体的にトイマンチェスターテリアの方がスリムで、アーチがかかっているようなフォルムをしています。一方でミニチュアピンシャーはスリムながらもややがっしりとしている印象を受けます。

ポイント

この犬種は体高が約25cm〜30cm、体重が約3kg~4kgくらいの小型犬です。ドーベルマンを小型化したような容姿をしていますが、同じく、ドーベルマンと似た姿をしているミニチュアピンシャーとは体の大きさも似ているため、一見同じ犬種に見えることがあると思います。しかし、個体差はありますが、ミニチュアピンシャーの方が若干大きい傾向があり、横に長く、スリムなこの犬種と比べるとややがっちりして見えます。

ミニチュアピンシャーの体重については次の記事を参考にしてください。

ミニチュアピンシャーの子犬や成犬の体重、体の大きさについて|HANEY [ハニー]
中型犬〜大型犬として分類されているドーベルマンを一回り小さくしたような姿であるミニチュアピンシャー。引き締まったスリムな体型が特徴的ですが、太りすぎてしまうと見た目にあらわれやすく、お腹が垂れたり横に膨れてしまいます。そうなると体にも悪影響を及ぼすため、子犬の時期からきちんと適切な体重を維持することが重要となります。ここではミニチュアピンシャーの標準的な大きさや体重についてご紹介します。