トイマンチェスターテリアとミニチュアピンシャーの違いについて

トイ・マンチェスター・テリアという犬種をご存知ですか?一見ミニチュア・ピンシャーと間違えてしまうくらい非常によく似た姿をしていますが、これらは全く別の犬種です。ここではトイ・マンチェスター・テリアの性格や特徴、ミニチュア・ピンシャーとの違いなどについてご紹介します。

目次

トイマンチェスターテリアとは?

Fotolia 164916355 xs

トイマンチェスターテリアはイギリス生まれの猟犬で、ネズミやうさぎ追いレースなどで活躍した犬種です。
そのため、走ることが好きな活発な犬種で、狩猟本能から自分よりも小さい動物や素早く動き回る小動物を追いかける傾向があります。

ドーベルマンを小さくしたような姿がミニチュアピンシャーと非常によく似ていますが、これらは全く別の犬種となります。

基本データ

・原産国 イギリス
・体重  オス♂メス♀2.7kg〜3.6kg kg
・体高  オス♀メス♀25cm〜30cmcm
・体格 スリムで背中がアーチ状になっている
・被毛 短い被毛、シングルコート
・運動量 多い
・寿命14-16年(犬平均13年)
・平均価格15-30万円(性別、毛色、血統等による)

性格について

もともと猟犬ということもあって活発で、好奇心旺盛な性格をしています。明るくて遊ぶことが大好きですが、やや神経質で臆病なところがあるため、見知らぬ人を怖がってしまうことがあります。

家族に対しては従順で愛情深く接しますが、興奮しやすく縄張り意識なども強いため、家族以外の人や犬、動物と触れ合わせるときは注意する必要があります。

ミニチュアピンシャーとの違いについて

Fotolia 178779412 xs

この犬種はミニチュアピンシャーと非常によく似た容姿をしていますが、この二つの犬種には模様や毛色などいくつか異なる特徴が見られます。

毛色が一種類しかない

ミニチュアピンシャーにはもっとも一般的なブラックアンドタンという毛色以外にも、レッドやチョコレートアンドタンという毛色の種類があります。しかし、この犬種は毛色がブラックアンドタンの一種類しかありません。

そのため、姿が似ていても毛色がレッドやチョコレートアンドタンの場合はミニチュアピンシャーということになります。

模様が異なる

この犬種はミニチュアピンシャーと顔の模様が若干異なります。ブラックアンドタンの毛色は頭や体の大半がブラックで、口周りや頬、目の上、足先、尻尾の付け根などがタンの毛色になります。

ミニチュアピンシャーはこの口周りや頬のタンの毛色がひとつながりになっているのに対して、この犬種はこれらが離れており、頬には豆状のタンの模様が入っています。

体の大きさや体格

この犬種とミニチュアピンシャーはどちらも小型犬で、体の大きさも似ていますが、体格や大きさが若干異なります。
体は若干ミニチュアピンシャーの方が大きい傾向があり、トイマンチェスターテリアはスリムで背中にアーチがかっているという特徴があります。

体重や大きさの違いについては次の記事を参考にしてください。

トイマンチェスターテリアの大きさや体重について|HANEY [ハニー]
トイ・マンチェスター・テリアという犬種をご存知ですか?一見ドーベルマンやミニチュアピンシャーととてもよく似た姿をしていますが、これらはすべて別の犬種です。ドーベルマンと比べるとその体の大きさの違いは一目瞭然ですが、ミニチュアピンシャーとトイ・マンチェスター・テリアではどちらの方が大きいのでしょうか。ここではトイ・マンチェスター・テリアの大きさや体重についてご紹介します。

ポイント

ミニチュアピンシャーにそっくりなこの犬種ですが、毛色のバリエーションや顔の模様、体のシルエットなどが異なります。ミニチュアピンシャーは公式に認められているだけで3種類、レッドを細かく分けるとさらに多くの毛色に分かれていますが、トイマンチェスターテリアはブラックアンドタンの1種類のみとなっています。また、ブラックアンドタンの頬の模様が繋がっているか分かれているかの違いや、アーチがかった背中のシルエットなどが異なります。ほかにもよく見ると顔つきが若干異なると言われることもあります。