ミニチュアピンシャーの注意すべき病気について

ミニチュアピンシャーは比較的病気にかかりにくい犬種だと言われていますが、関節の病気や怪我を引き起こしやすいとも言われています。また、皮膚が弱い場合があり、アレルギーや皮膚疾患を引き起こしたり、垂れ耳の子も多いため、耳に炎症を引き起こしてしまうことがあります。遺伝的な病気もいくつか持っているため、早期発見や定期的な検査が重要となります。

目次

関節の病気を発症しやすい

Fotolia 147153947 xs

走り回ることが大好きな運動量の多い犬種ですが、関節の怪我や病気には注意する必要があります。筋肉質ではありますが、細い体や足は負担や衝撃に弱い傾向があるため、激しすぎる運動や転倒などの事故には十分に注意しましょう。

膝蓋骨脱臼

「膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)」とは、膝の関節にあるお皿が外れてしまう病気のことです。これは比較的小型犬に発症しやすい病気で、軽度な場合はすぐに元の状態に戻りますが悪化すると外れたお皿が元に戻らなくなってしまうため、足を浮かして歩くようになったり、足が曲がったままになることで歩行に影響を及ぼします。

主に激しい運動を繰り返したり、肥満によって関節への負担が大きくなる、足に衝撃を受ける、滑ることなどが原因で発症します。そのため、室内で運動させる場合は滑りやすいフローリングを避けて、カーペットを敷くなど対策をしてあげましょう。

椎間板ヘルニア

「椎間板(ついかんばん)ヘルニア」とは、骨と骨の間でクッションのような役割を果たしている椎間板が潰れてしまい、外にはみ出してしまうことを指します。衝撃を受けたり、飛び跳ねるなどの運動を繰り返すことで発症することがあり、強い痛みや歩行障害などの症状を引き起こします。

肥満や老化が原因で発症することもあり、ミニチュアピンシャーはやや興奮しやすい性格をしているため、激しすぎる運動や事故には十分に注意しましょう。

椎間板ヘルニアについては次の記事を参考にしてください。

椎間板がずれてしまう犬の病気「椎間板ヘルニア」について|HANEY [ハニー]
犬の椎間板ヘルニアとは、骨の間に挟まってクッションの役割をはたしている椎間板が外へ出てしまう病気です。何らかの強い力が加わることで発症し、はみ出た椎間板の組織が神経を圧迫することで、麻痺や歩行障害などのさまざまな症状を引き起こします。治療では抗炎症薬や鎮痛剤などによる投薬治療や外科手術によってはみ出た椎間板の組織を切除します。外科手術を行った場合はリハビリが必要となり後遺症が残る可能性もあります。

糖尿病

糖尿病は関節の病気ではありませんが、関節の怪我や病気で十分に運動することができなくなると発症しやすくなってしまいます。

ミニチュアピンシャーは運動量が多い犬種なので、運動不足に陥ると太りやすくなってしまいます。健康な状態でも運動量が不足して肥満に陥り、糖尿病を発症してしまうことがあるので、毎日の運動や関節の状態などに注意して適切な体型を維持しましょう。

糖尿病については次の記事を参考にしてください。

血液中の糖が多くなる犬の病気「糖尿病」について|HANEY [ハニー]
犬の糖尿病とは血液中の糖の量が多くなりすぎてしまう病気です。発症することで多飲多尿になる、食欲が増すが痩せるなどの症状があらわれ、白内障や膀胱炎などを引き起こすこともあります。悪化することで神経症状を引き起こして死に至ることもあるため、寿命に影響が出ないよう早期に治療を行う必要があります。治療にはインスリンの投与や食事療法、運動療法などを取り入れ、健康状態を維持していきます。

皮膚や耳の状態に注意しよう

Fotolia 147224051 xs

ミニチュアピンシャーはやや皮膚が弱い傾向があるので皮膚の病気に注意しましょう。また、垂れ耳の子の場合は耳の病気も発症しやすいため、普段から定期的に耳掃除などでケアしてあげる必要があります。

アレルギー性皮膚炎

アレルギー性皮膚炎とは、特定の物質に触れたり食べたりすることで皮膚に炎症が起こり、フケやかゆみ、発疹、脱毛などの症状を引き起こす病気のことです。ハウスダストやドッグフードに含まれている原料が原因となっている場合もあるので、生活環境や食事に気を配るようにしましょう。

アレルギー性皮膚炎については次の記事を参考にしてください。

強いかゆみを引き起こす犬の病気「アレルギー性皮膚炎」について|HANEY [ハニー]
アレルギー反応によって皮膚に炎症が起きる犬の病気「アレルギー性皮膚炎」。アレルゲンとなるご飯を食べる、ダニやハウスダストにふれるなど原因はさまざまで、治療にはできる限りアレルゲンを排除することと投薬による対症療法をおこなう必要があります。予防にはシャンプーや保湿剤によるスキンケアが大切で、食物アレルギーの場合はドッグフードにも気をつけなければなりません。犬のアレルギー性皮膚炎についてまとめました。

脂漏症

「脂漏症(しろうしょう)」とはアレルギーや細菌、寄生虫などが原因で皮膚が脂っぽくなったり、反対に乾燥してしまう病気のことです。この病気を発症するとフケがよく出るようになったり、体臭がきつくなってしまい、かゆみや発疹、脱毛などの症状が出るようになります。

脂漏症については次の記事を参考にしてください。

いやな臭いと大量のフケがでる犬の病気「脂漏症」について|HANEY [ハニー]
皮脂の分泌量に異変が起こる病気「脂漏症」。発症することで大量のフケやきつい臭いを発し、重症化するとかさぶたや発疹などの症状があらわれます。原因は主にマラセチアという常在菌ですが栄養の偏りも関係しているため、毎日の食事やフード選びに気をつける必要があります。治療には専用のシャンプーを使用し、炎症がひどい場合は投薬を行う場合もあります。犬の脂漏症についてまとめました。

外耳炎

外耳炎は鼓膜へと通じている耳の穴である外耳道に炎症が起きる病気のことです。この病気を発症するとかゆみや痛みが出る、違和感から頭をふるようになる、耳が臭くなるなどの症状があらわれるようになります。

ミニチュアピンシャーは立ち耳の子と垂れ耳の子に分かれていますが、垂れ耳の子は耳の中が蒸れやすいため、汚れや細菌が繁殖しやすくなってしまいます。そのため、垂れ耳である場合は特に耳のケアに気を配る必要があります。

外耳炎については次の記事を参考にしてください。

耳のかゆみや痛みを引き起こす犬の病気「外耳炎」について|HANEY [ハニー]
鼓膜の通り道である外耳道が炎症を起こすことで発症する犬の病気「外耳炎」。発症するとかゆみや痛み、強い臭いなどの症状がではじめます。外耳炎の炎症がひろがることで中耳、内耳までうつることがあり、内耳炎や中耳炎を併発させます。治療には治療薬を投与する必要があり、主に点耳薬を使用したり抗菌剤、抗生剤などの飲み薬を使用します。このまとめでは犬の外耳炎についてご紹介します。

ミニチュアピンシャーに発症する遺伝性の疾患について

Fotolia 142246411 xs

ミニチュアピンシャーは犬種特有の遺伝性の疾患があまりなく、比較的病気にかかりにくい犬種だと言われています。しかし、特定の遺伝性の病気はミニチュアピンシャーにも発症することがあるため、注意しなければなりません。

レッグバーセス病

レッグパーセス病とは股関節を作っている「大腿骨頭(だいたいこっとう)」が壊死してしまう病気のことです。
そのため「大腿骨骨頭壊死症(だいたいこつこっとうえししょう)」ともいい、レッグペルテス病と呼ばれることもあります。

小型犬に多く発症する病気で、何らかの原因によって大腿骨頭に血液が流れなくなることが原因で発症します。
レッグパーセス病を引き起こすと歩行障害や、強い痛みが出るなどの症状があらわれ、一度壊れてしまった骨は元に戻ることがないため、何らかの後遺症が残ってしまう場合もあります。

出典:haney.jp

ミニチュアピンシャーは遺伝的にレッグパーセス病を発症しやすい傾向があります。主に1歳になるまでに発症することが多いので、犬の様子を見て異変を感じたら病院で検査を受けさせるようにしてください。

レッグパーセス病については次の記事を参考にしてください。

股関節の骨が壊死する犬の病気「レッグパーセス病」について|HANEY [ハニー]
犬のレッグパーセス病とは太ももの骨である大腿骨の骨頭に血液が廻らなくなり壊死してしまう病気です。原因は不明ですが、遺伝による要因が大きく、10キロ未満の小型犬に多く発症します。発症することで強い痛みが出たり、骨が変形して歩行が困難になります。治療では状態に応じて、鎮痛剤を使用した経過観察や人工の関節を取り付ける外科手術を行います。手術後はリハビリが必要になり、何らかの後遺症が残ることもあります。

進行性網膜萎縮症

「進行性網膜萎縮症」とは、ものを見る上で重要な役割をはたしている網膜が徐々に萎縮してしまう病気のことです。
ミニチュアピンシャーは遺伝的にこの病気を発症しやすいと言われており、予防法や治療法はなく、一度発症してしまうと必ず失明してしまう病気なので、早期に発見し生活環境を整えてあげる必要があります。

進行性網膜萎縮症については次の記事を参考にしてください。

徐々に目が見えなくなる犬の目の病気「進行性網膜萎縮」について|HANEY [ハニー]
進行性網膜萎縮とは徐々に網膜が萎縮することで視力が低下していく病気です。はじめは夜や薄暗い場所での視力低下が見られるようになり、進行することで失明してしまいます。原因には遺伝が関係しており、特定の犬に多く発症します。予防法や治療法はなく、抗酸化剤などで病気の進行を遅らせることしかできません。そのため視力を失った犬を考慮した生活環境を作る必要があります。犬の進行性網膜萎縮についてご紹介いたします。

鼠径ヘルニア

「鼠径(そけい)ヘルニア」とは、足の付け根にある鼠径部に腸や膀胱などが入り込んでしまう病気のことです。そのため、鼠径部が飛び出したようになり、入り込んだ内臓を元に戻す手術を行う必要があります。

この病気は事故が原因で発症しますが、ミニチュアピンシャーは遺伝的にもともとこの病気を発症していることがあります。

ポイント

ミニチュアピンシャーは関節の怪我や病気を引き起こしやすい犬種です。運動量が多い犬種なので、関節を悪くしてしまうと十分に運動することができずストレスを溜め込んだり、肥満になりやすくなるので、散歩や運動を行うときや、室内で一緒に遊ぶときは十分に注意しましょう。また、遺伝性の病気も持っているので、子犬の時期に異変が見られた場合はすぐに病院で検査を受けさせるようにしてください。