シェットランドシープドッグの性格は溌剌としている?

まるでコリーを一回り小さくしたような姿をしたシェットランド・シープドッグ。通称「シェルティ」と呼ばれているこの犬種はとても元気いっぱいで溌剌とした性格をしています。コリーと同じく牧羊犬として働いていたこともあってタフで運動量が多い犬種で、外で遊ぶことを好みます。活発で何に対しても意欲的に取り組みますが、興奮させすぎには注意が必要です。ここではシェルティの活発で溌剌とした性格についてご紹介します。

目次

シェルティは溌剌した性格

Fotolia 144449515 xs

シェルティことシェットランド・シープドッグは非常に溌剌(はつらつ)とした性格をしています。もともと牧羊犬として働いていた犬種ということもあってとても活発な性格をしており、遊びやしつけなどにも意欲的に取り組みます。

活発で忍耐強い性格をしている

シェルティは明るくて溌剌とした性格をしているため、散歩や遊び、しつけ、トレーニングなどにも活発に取り組みます。
感受性も豊かなので、飼い主さんの指示にも敏感に反応し、褒めてあげることで溌剌とした意欲的なところを引き出してあげることができます。

また、風が強く厳しい気候であるシェットランド諸島で育ったということもあって忍耐強い性格をしています。

シェットランド・シープドッグは遊び好き

Fotolia 170388694 xs

シェットランドシープドッグは活発でとても遊び好きな犬種です。もともと牧羊犬として働いていたということもあってとても運動量の多い犬種なので、飼う場合は十分な散歩や運動が必要となります。そのため、室内でボール遊びをしたり、公園に連れて行って走らせる時間を作ってあげましょう。

外で走ったり、ジャンプするような遊びを好むためフリスビーを覚えさせるのにも向いています。活発ながらも温厚で優しいところがあるため、子供とも仲良く遊ばせることができます。

やや興奮しやすい

シェットランドシープドッグは溌剌とした元気いっぱいな性格の犬種ですが、感受性が豊かな一面もあることから、長時間運動をさせすぎたり、飼い主さんが高い声をかけて煽ってしまうと興奮しすぎてしまうことがあります。

そうなるとコントロールが効かなくなって激しく吠えたり、怪我や事故などのトラブルの原因となることがあるので注意しましょう。

素早く動くものに反応してしまうことも

牧羊犬としての性質からか、素早く動くものに反応してしまうことがあります。そのため、散歩中に自転車やバイク、車に反応して走り出そうとしたり、走っている人を追いかけようとしてしまうことがあるので、散歩に出かける際は事故に気をつけましょう。

また、なかには素早く動くものに反応したときに興奮して噛みついてしまうような子もいるので、子犬の時期から甘噛みなどの噛み癖をきちんとしつけておく必要があります。

ポイント

シェルティは活発で溌剌とした性格をしているので外で遊ぶことが大好きです。運動量も多いので、毎日の散歩に加え、走ったり、一緒に遊んであげる時間が必要となります。活発で忍耐強い性格からいろいろなしつけやトレーニングを覚えさせることができるので、フリスビーやアジリティなどにも向いているでしょう。溌剌としていて、飼い主さんと遊ぶことが大好きな犬なので、長時間運動させてしまうと興奮してしまうことがあります。そのため、クールダウンさせるための待てやおすわりなどはきちんと覚えさせておきましょう。基本的には温厚で優しい性格をしているので、子供と遊ばせたいという飼い主さんにも向いています。

シェットランド・シープドッグは警戒心が強い?シェルティの性格やオスメスの違いについて|HANEY [ハニー]
シェットランドシープドッグ、通称「シェルティ」は中型犬の中では高い人気を誇る犬種で、日本でもその飼い主さんが徐々に増えています。活発で溌剌とした性質や、穏やかで優しい性格が人気の理由となっていますが、なかには警戒心が強い子もおり、ときには大きな声で吠えてしまうこともあります。ここではシェルティの様々な性格やオスメスによる違いなどについてご紹介します。