シェットランド・シープドッグは警戒心が強い?シェルティの性格やオスメスの違いについて

シェットランドシープドッグ、通称「シェルティ」は中型犬の中では高い人気を誇る犬種で、日本でもその飼い主さんが徐々に増えています。活発で溌剌とした性質や、穏やかで優しい性格が人気の理由となっていますが、なかには警戒心が強い子もおり、ときには大きな声で吠えてしまうこともあります。ここではシェルティの様々な性格やオスメスによる違いなどについてご紹介します。

目次

シェルティは警戒心が強い?

Fotolia 157498442 xs

社交的な犬種として紹介されることも多いシェットランドシープドッグですが、中には臆病で警戒心が強い性格の子もいます。牧羊犬ということもあって吠えやすい犬種なので、ときには注意が必要となることもあります。

見知らぬ人や犬を警戒しやすい

臆病で警戒心が強い性格のシェルティは見知らぬ人や犬を見かけると警戒して吠えてしまうことがあります。なかには、警戒心から吠えるだけでなく、噛むなどの攻撃的な行動をとってしまうこともあるので注意しましょう。

いずれも頭が良く従順な性格の子が多く、しつけ次第ではこうした問題行動を抑えることができるので、子犬の時期にきちんとしつけを行っておくことが重要となります。最近では昔よりも穏やかでおとなしい性格のシェルティが多くなっていると言われているため、基本的なしつけを行うだけで特に吠え癖が気にならない場合もあります。

基本的には穏やかな性格をしている

Fotolia 88751000 xs

警戒心が強い性格から、よく吠えてしまう子もいますが、反対におとなしくてあまり吠えない子もたくさんいます。基本的には穏やかで友好的な性格をしているので、知らない人や犬にも友好的に接する子も多く、家族に対しては特に従順で愛情深く接するため、子供とも仲良く遊んでくれます。

しかし、家族に対して愛情深く接する反面、さみしがりな性格をしていることもあるので、留守番をさせるときには注意が必要となります。

シェルティの穏やかな性格については次の記事を参考にしてください。

シェットランド・シープドッグの性格は穏やかで優しい?|HANEY [ハニー]
シェットランドシープドッグは穏やかで優しい性格の子が多い犬種です。愛情深く、家族に従順な性格をしているため、家庭犬としても飼いやすく社交的で他の犬とも仲良くなりやすい犬種だと言われています。しかし、一方でさみしがり屋だったり、臆病でよく吠えてしまう子も多いと言われているため、しつけや接し方には注意が必要な場合もあります。ここでは穏やかで優しいシェットランドシープドッグの性格をご紹介します。

活発で溌剌としている

Fotolia 170388694 xs

もともと牧羊犬だったということもあって、シェットランドシープドッグは運動量が多く、活発で溌剌としています。外で走ったり、飼い主さんと一緒に遊ぶことが大好きな犬種で、訓練性能も高いため、フリスビーやアジリティなどのドッグスポーツにも向いています。

ただし、やや興奮しやすいところがあるため、長時間の運動や興奮させすぎるような遊びは控えましょう。また、本能的に動くものに反応して追いかけてしまうことがあるので、散歩に連れて行くときや、放し飼いにするようなときは特に事故に気をつける必要があります。

シェルティの溌剌とした性格については次の記事を参考にしてください。

シェットランドシープドッグの性格は溌剌としている?|HANEY [ハニー]
まるでコリーを一回り小さくしたような姿をしたシェットランド・シープドッグ。通称「シェルティ」と呼ばれているこの犬種はとても元気いっぱいで溌剌とした性格をしています。コリーと同じく牧羊犬として働いていたこともあってタフで運動量が多い犬種で、外で遊ぶことを好みます。活発で何に対しても意欲的に取り組みますが、興奮させすぎには注意が必要です。ここではシェルティの活発で溌剌とした性格についてご紹介します。

運動不足に気をつけよう

シェットランドシープドッグは興奮したときや、警戒心からよく吠えてしまうことがある犬種です。特に運動不足になると欲求不満によるストレスから吠える、噛むなどの問題行動が出やすくなってしまいます。

運動量が多い犬種だけに、きちんと運動量を確保して運動不足になってしまわないように気をつけましょう。

シェットランド・シープドッグはオスメスで性格が違う?

Fotolia 170805652 xs

シェルティはメスとオスで性格が違うと言われることがあります。基本的に同じ犬種でもしつけや個体差によって性格に違いが見られますが、この犬種は特にオス、メスによって特定の性格が出やすくなると言われています。

オスのシェルティの性格

オスのシェルティは活発で溌剌とした面が強く出ると言われています。そのため、遊びが大好きで常に元気いっぱいに走り回ります。しかし、興奮して何かを追いかけてしまったり、うるさく吠えてしまうことも多いため、問題行動が出ないようにきちんとしつけを行う必要があります。

やんちゃでいたずらをしてしまうことも多いですが、甘えん坊で優しい性格の子が多いとも言われているので、小さい子供と遊ばせるのにも向いています。

メスのシェルティの性格

オスと比べるとメスの方が落ち着きがある子が多く、比較的おとなしい性格をしていると言われています。そのため、興奮して走り出したり、吠えるということは少ない可能性がありますが、やや神経質だったり、発情期に不安定になることで無駄吠えが出てしまうことがあります。

また、シェルティに限らず、メスの方がオスよりもマーキング縄張り行動や攻撃性が出にくいと言われています。

ポイント

シェットランド・シープドッグは基本的には穏やかで優しい犬種なので、家族に対しても愛情深く接してくれますが、臆病で警戒心が強い性格の子もいます。もともと吠え癖が出やすい犬種でもあるため、子犬の時期にいろいろなものに慣れさせて吠え癖が出ないようにしつけを行うことが重要となります。また、活発な生活から興奮して問題行動を引き起こしたり、運動不足が原因でストレスを抱えてしまうこともあるので注意しましょう。オスメスによっても違いが見られると言われていますが、多くの場合は個体差や育った環境が影響します。最近はおとなしい子も増えており、比較的飼いやすい犬種だと言われていますが、飼う場合はきちんとしつけを行うようにしましょう。