シェットランドシープドッグのブルーマールやバイブルーってどんな色?特徴や注意点について

シェットランド・シープドッグ、通称”シェルティ”にはブルーマールやバイブルーと呼ばれる毛色があります。これらの毛色は少し特殊で、特定の遺伝子によって発生するため比較的珍しい毛色となっています。また、他の毛色には見られない特徴や注意点があるため、飼う場合はこれらのカラーについてきちんと知っておく必要があります。ここではシェルティのブルーマールやバイブルーについてご紹介します。

目次

シェットランドシープドッグのブルーマールについて

Fotolia 81769266 xs

シェルティにはいろいろな毛色がありますが、そのなかにはブルーマールと呼ばれる少し変わった毛色があります。ブルーマールは基本的にブラック、ホワイト、タンからなっているトライカラーの毛色ですが、ブラックの毛色がところどころ色が抜けてシルバーやグレーの斑模様になっています。

また、犬によってカラーが異なるため、中にはブラックの毛色がほとんどなくグレーやシルバーが大半を占める場合もあります。

珍しくて人気が高い

シェルティのブルーマールは他の毛色と比べると比較的珍しい毛色となっているため、見かけることはそれほど多くないように感じます。また、珍しいことに加え、シルバーやグレーの斑がどことなく神秘的で美しい毛色なので人気が高いカラーとなっています。

バイブルーとは?

Fotolia 178450395 xs

ブルーマールとよく似たカラーで、バイブルーと呼ばれる毛色があります。ブラック、ホワイト、タンにグレーやシルバーの斑が入っているブルーマールと違ってこちらにはタンが入っておらず、ブラックとホワイトの毛色にグレーやシルバーの斑が入っています。こちらも珍しい毛色で一部の飼い主さんから人気の高い毛色となっています。

目の色に変化が出ることも

ブルーマールやバイブルーの毛色のシェルティは目の色に変化が見られることがあります。通常シェルティの目の色はブラウンですが、ブルーマールやバイブルーの子はブルーの目をしていたり、瞳に青い斑が入っている、左右で目の色が異なる、などの特徴がみられます。

マールの注意点

マールやバイブルーはどこか神秘的で美しい毛色に見えますが、こうした毛色はマール因子という特殊な遺伝子が作用することで生まれています。これらはときに病気や障害の原因となることもあるので注意が必要です。

マール因子について

「マール因子」は色素を作るのを抑える働きがある遺伝子のことで、黒い毛に働きかけることで色が薄くなります。
そのため、黒い毛がところどころグレーやシルバーに脱色しています。マール因子を持っている犬は子供を産むと子犬にマール因子が遺伝しますが、このとき母犬と父犬の両方がマール因子を持っている場合は生まれてくる子犬は「ダブルマール」と呼ばれます。

ダブルマールの犬は高い確率で障害を抱えており、短命になることが多いため、犬を交配させるときにマール同士を掛け合わせてはいけないという決まりがあります。

ダブルマールについて

母犬と父犬からそれぞれマール因子を受け継いだダブルマールの犬は、先天的な障害や奇形などの問題を抱えている場合があります。

目や耳が生まれつき著しく悪い、全く機能していないということもあり、内臓に異常がある場合は深刻な障害を引き起こし、非常に短命になることもあります。そのため、マールのシェルティを飼う場合は注意が必要となります。

ポイント

ブルーマールやバイブルーなどの毛色は非常に美しく神秘的なため、シェットランド・シープドッグのカラーの中でも人気が高い毛色となっています。しかし、こうした毛色はマール因子が原因となっているため、交配させるのには不向きな犬となります。ブリーダーのなかにはわざとマール因子を持った犬同士を交配させているようなところもあるので、迎え入れる場合は信用がおける人からにするか、両親を見せてもらうなどの注意が必要となります。

シェットランドシープドッグの毛色の種類について|HANEY [ハニー]
「シェルティ」ことシェットランドシープドッグには様々な毛色の種類があります。セーブルやトライカラーなどのおなじみの毛色から普段、公園やペットショップなどではほとんど見かけることのないマール系の毛色や2色のバイカラーなどがあります。ここではシェットランドシープドッグの様々な毛色の種類をご紹介いたします。