シェットランドシープドッグの珍しい毛色バイブラックについて

シェルティことシェットランドシープドッグには様々な毛色の種類があります。バイブラックもその中の一つで、セーブルやトライカラーなどの毛色が一般的なシェルティでは比較的珍しい毛色とされています。ここではシェルティのバイブラックの特徴についてご紹介します。

目次

シェットランドシープドッグのバイブラックについて

Fotolia 178450395 xs

シェルティにはバイブラックという毛色があります。あまり聞きなれない毛色ですが、名前の通りブラックとホワイトの2色のバイカラーとなっています。シェルティで一般的なトライカラー以上にブラックとホワイトの2色のコントラストがはっきりとした毛色となります。

ボーダーコリーのようなカラー

バイブラックのシェルティは顔から背中、尻尾にかけてがブラックで鼻や胸、足先がホワイトとなっています。
個体ごとにブラックとホワイトの色の割合や模様が異なり、中には鼻から額にかけてホワイトのラインが入っていることもあります。その姿はまるで白黒の毛色でおなじみのボーダーコリーと非常に似ています。

ショードッグで評価されやすい?

バイブラックはトライカラーのシェルティが茶色の毛色であるタンの遺伝子を持っていない、または劣性の黒を発色させる遺伝子が原因で生まれるとされています。バイブラックのシェルティには顔のつくりが良い犬がよく産まれるとされているため、ショードッグで活躍する犬が多いと言われています。

とってっも珍しい毛色?

Fotolia 170805652 xs

シェルティの毛色の中でもバイブラックは流通数が少なく比較的珍しい毛色となっています。そのため、シェルティの中でも人気が高く一般的なセーブルやトライカラーなどと比べるとペットショップやブリーダーでも見かけることはそれほど多くありません。

高い値段がつけられることも

この毛色は比較的珍しい毛色ということもあって、他の毛色と比べると高い値段がつけられることも多いようです。
一般的に20万円前後の値段がつけられることが多いシェルティですが、この毛色の場合は30万円を超えるような金額がつけられることもあります。また、顔立ちが良い子が多いのも高い値段がつけられる理由の一つとなっています。

ポイント

ブラックとホワイトの2色の毛色は他の犬種では一般的であることが多いですが、シェットランドシープドッグの中では比較的珍しい毛色となっています。そのため、お店などでも見かけることが少なく、トライカラーやセーブルと比べると高い値段がつけられることが多くなっています。また、顔立ちが良い子が生まれやすいため、ドッグショーで高い評価をつけられる子も多いと言われています。

シェットランドシープドッグの毛色の種類について|HANEY [ハニー]
「シェルティ」ことシェットランドシープドッグには様々な毛色の種類があります。セーブルやトライカラーなどのおなじみの毛色から普段、公園やペットショップなどではほとんど見かけることのないマール系の毛色や2色のバイカラーなどがあります。ここではシェットランドシープドッグの様々な毛色の種類をご紹介いたします。