ビーグルの毛色の種類はどれくらいある?ブルータンやチョコレートについて

ビーグルには様々な種類の毛色があります。基本的には3色のカラーがもっとも一般的でハウンドカラーと呼ばれ、この犬種のグループのみに見られる毛色だとされていますが、ほかにもブルータンやチョコレートと呼ばれるような珍しい毛色もあります。ここではビーグルの毛色の種類や、模様のパターンなどについてご紹介します。

目次

ビーグルのトライカラー

Fotolia 141062705 xs

トライカラーとは3色の毛色からなるカラーのことで。ビーグルのなかでもオーソドックスな毛色となっています。
ビーグル以外にも多くの犬種に見られる毛色となりますが、ビーグルのような「セントハウンドグループ(嗅覚ハウンド)」の犬種のトライカラーはハウンドカラーと呼ばれることもあります。

主にホワイトがメインで、そこにブラック、ブラウンなどの毛色が入っており、犬によって色の配分が変わったり、模様が異なります。背中にホワイト、ブラウン、ブラックがブチ模様で出ることがあるのがこのハウンドカラーの特徴となっています。

ビーグルのトライカラーについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

ビーグルのトライカラーってどんな毛色?ハウンドカラーの特徴について|HANEY [ハニー]
ビーグルのトライカラーはもっともオーソドックスで人気のある毛色となっています。そのため、ビーグルといえばホワイト、ブラウン、ブラックの毛色のトライカラーをイメージする人が多いのではないでしょうか。この種類の毛色はビーグル以外にもたくさんの種類がいますが、ビーグルのようなセントハウンドにのみ他のトライカラーとは違った模様が見られるため、ハウンドカラーと呼ばれることがあります。

ブラックタンアンドホワイト

Fotolia 90063975 xs

ブラックタンアンドホワイトは、名前の通りブラックとタン、ホワイトからなる毛色のことをいいます。タンとはベージュに似た薄くて明るい茶色のことをいい、多くの犬に見られるカラーとなります。

このブラックタンアンドホワイトも3色の毛色からなっているカラーなので、トライカラーの一種となります。こちらも犬によって配色や模様が異なり、鼻から額にかけて白いラインが入ったり目の上にタンが入り眉毛のような個性的な模様ができることが特徴となります。

ビーグルのブラックタンアンドホワイトについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

ビーグルの毛色!ブラックタン&ホワイトについて|HANEY [ハニー]
ビーグルにはいくつかの毛色の種類がありますが、その中でももっとも一般的なのがトライカラーと呼ばれている毛色です。このトライカラーはハウンドカラーと呼ばれる毛色とブラックタン&ホワイトと呼ばれる毛色に分かれます。ここではビーグルのブラックタン&ホワイトについてご紹介します。

レモンやレッドについて

ビーグルは3色のトライカラーが一般的となっていますが、2色のバイカラーの毛色もあります。主に、ホワイトとレモン、ホワイトとレッド、ホワイトとオレンジなどの毛色があり、レモンは薄いベージュを明るくしたようなカラーで、レッドは赤みが入った濃いブラウン、オレンジはちょうどレモンとレッドの間のようなオレンジに似たブラウンとなります。

トライカラーと比べると見かけることはそれほど多くないかもしれませんが、レモンは優しくて淡い色合いから徐々に人気が高くなりつつあるそうです。

ビーグルのレモンやレッド、オレンジの毛色について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ビーグルのレモン&ホワイトやレッド&ホワイトについて|HANEY [ハニー]
ビーグルといえばブラックやブラウン、ホワイトのトライカラーが一般的な毛色となりますが、2色で構成されているバイカラーの毛色もあります。トライカラーのビーグルとはまた少し違った雰囲気の毛色となるため、人気が高く、徐々に数が増えつつあります。ここではビーグルのレモンやレッド、オレンジなどの毛色についてご紹介します。

ブルータンやチョコレートなどの毛色も?

トライカラーやブラックタンアンドホワイト、レモンやレッド以外でも比較的珍しい毛色としてブルータンやチョコレートなどの色があります。それぞれの毛色について見ていきましょう。

ブルータンアンドホワイトについて

ビーグルのブルータンアンドホワイトとは、ブラックタンアンドホワイトのブラックが薄くなった毛色のことをいいます。ブラックの部分がグレーに近い毛色となっており、頭から背中にかけてがグレーがかったカラーになります。

ブルーの色合いは犬によって異なるため、犬によってははっきりとグレーのような色をしていることもあればやや黒に近い子もいます。

チョコレートについて

チョコレートとは、名前の通りチョコレートに近い茶色になります。ブラックタンアンドホワイトのブラックの部分の色が薄くなりチョコレートのような毛色となっている場合はチョコレートと呼ばれることがあります。

毛の模様について

このようにビーグルには様々な毛色の種類がありますが、いずれも毛色の配分や模様には個体差があります。

ベースはホワイト

ビーグルはどの種類の毛色であってもベースはホワイトとなります。そのため、足先からお腹にかけては基本的に白色で、首の周りやマズルも白いことがあります。

タンやブラウン、レモンなどは目の周りや頬、背中、足や尻尾の付け根などにあらわれ、ブラックは頭や耳、背中などにあらわれます。

尻尾の先は白い

いろいろな模様や配色のパターンがあるビーグルですが、基本的に尻尾の先は白くなっています。稀に尻尾の先までブラックやタンの犬もいますが、ほとんどの場合は筆のように尻尾の先だけがホワイトになっています。

ポイント

ビーグルは3色のトライカラーがもっとも一般的な毛色となっています。特にハウンドカラーと呼ばれる毛色やブラックタンアンドホワイトなどの毛色であることが多いですが、ほかにも淡い色をしたレモンやオレンジ、レッドなどの毛色もあり、珍しいブルータンやチョコレートなどの毛色も存在しています。また、毛色の配色や模様については犬によって異なりますが、尻尾の先が白いなどある程度のパターンは決まっています。