ビーグルの特徴は?嗅覚や鳴き声、体臭、食いしん坊かどうかについて

ビーグルは日本でも比較的知名度が高く、飼われている犬種ランキングでも20位前後にランクインするなど、隠れた人気犬となっています。スヌーピーのモデルにもなっている犬で、優れた嗅覚や食いしん坊、特徴的な鳴き声など、様々な特徴がこの犬種の魅力となっています。ここでは、そんなビーグルの様々な特徴をご紹介します。

目次

スヌーピーのモデル犬

Fotolia 141062705 xs

ビーグルは世界的に有名な犬のキャラクターである「スヌーピー」のモデル犬だといわれています。スヌーピーは作者が子供の頃に飼っていた犬がモデルになっているといわれており、長い垂れ耳、シルエット、自由奔放な性格などの特徴がビーグルと一致しています。

また「snoopy(スヌーピー)」の語源となっている「snoop」という言葉には、うろうろ捜し回るという意味があるため、あちこちのにおいを嗅いで探索をすることが好きなビーグルの特徴とも当てはまります。

しかし、スヌーピーはビーグルにはない白黒の毛色をしているなど、実際のビーグルにはない特徴を持っています。

スヌーピーのモデル犬について詳しくは次の記事を参考にしてください。

スヌーピーのモデル犬はビーグル?共通点や違いについて|HANEY [ハニー]
白い犬のキャラクターとして世界中で知られている「スヌーピー」は、実はモデルとなっている犬が存在するといわれています。その犬はスヌーピーの作者であるチャールズ・モンロー・シュルツが少年時代に飼っていた犬で、そのとき犬種がビーグルだったのではないかといわれています。ここではスヌーピーとビーグルの共通点や違いなどについてご紹介します。

ビーグルは嗅覚が優れている

Fotolia 90063975 xs

ビーグルはセントハウンドというグループに属する猟犬で、獲物を追跡するための嗅覚が非常に発達しています。

犬は人間に比べると非常に優れた嗅覚を持っていますが、その中でもこのセントハウンドグループに属している犬は嗅覚が優れており、地面の近くに鼻を近づけて様々なにおいを嗅ぎ分けることができます。

探知犬として活躍している

ビーグルはその優れた嗅覚からいろいろな物のにおいを嗅ぎ分ける探知犬として活躍しています。探知犬にもいろいろな種類があり、麻薬探知犬や検疫探知犬などがよく知られています。

日本では主にジャーマン・シェパードやラブラドールレトリバーなどが活躍していますが、ビーグルは一般的ではありません。しかし、海外ではビーグルが麻薬探知犬として活躍しているところもあります。

探知犬について詳しくは次の記事を参考にしてください。

【探知犬!】自慢の嗅覚でいろいろなものを嗅ぎ分ける!!〜珍しい犬の仕事5選〜|HANEY [ハニー]
「探知犬」という言葉を知っていますか?ワンコは自慢の嗅覚を使って色々なものを嗅ぎ分けることができます。「探知犬」はその能力をいかしていろいろなものを見つけ出す仕事のことを言います。今回はその中でも珍しいお仕事を紹介します。

特徴的な鳴き声をしている

Fotolia 140517515 xs

ビーグルは吠えたときの声がとても特徴的な犬種です。よく響く特徴的な声からバリトンなどの楽器に例えられたり、「森の声楽家」「森のトランペッター」などと呼ばれれることもあります。

また、愛好家からはすべての犬種の中でもっともよく響く美しい声をしていると言われており、ビーグルの特徴の一つとなっています。

よく響く大きな吠え声は狩りをする際に、飼い主さんに自分や獲物の位置を知らせるのに役立っていましたが、家庭犬として飼う場合は問題となってしまうことがあります。比較的無駄吠えが出やすい犬種だと言われているので、マンションやアパートなどで飼う場合は注意が必要となります。

ビーグルの鳴き声について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ビーグルの鳴き声はうるさい?独特な声と注意点について|HANEY [ハニー]
ビーグルはよく吠える犬として知られており、非常によく響く声で吠えます。そのため、鳴き声がうるさいと言われることもありますが、その特徴的な声は愛好家の間では美しいと評価されることもあり、楽器に例えられたり、様々な愛称で呼ばれています。しかし、大きな声でよく吠えることで、近所迷惑となってしまうこともあるので注意が必要です。ここではビーグルの鳴き声の特徴や注意点についてご紹介します。

体臭がきつい犬種?

Fotolia 103181262 xs

ビーグルは一般的に体臭が強い傾向にあると言われています。犬はどのような犬種でもシャンプーをしていないとある程度体臭がするようになりますが、ビーグルは比較的皮脂が出やすい犬種だと言われているため、体臭がきつくなりやすいとされています。

ただし、個体差や食べ物による影響も大きいため、すべての犬に当てはまるわけではありません。また、ビーグルの特徴である長い垂れ耳は汚れが溜まったり、蒸れやすくなっているため、こまめに耳掃除をしてあげないと臭いにおいの原因となってしまいます。

ビーグルの体臭について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ビーグルは臭い子が多い?耳のにおいや原因、対策について|HANEY [ハニー]
犬を飼うときはにおいが気になるという人も多いのではないでしょうか?特に室内で飼う場合は臭いにおいが気になってしまいます。においの原因は様々で、においの強さなども犬種によって異なりますが、ビーグルは比較的においがきつい子が多いと言われています。ここではビーグルのにおいの原因や対策、注意点などについてご紹介します。

寂しがり屋な性格をしている

Fotolia 128966300 xs

ビーグルは非常に社交的で、集団行動が得意な犬だと言われていますが、やや寂しがり屋な子が多いとも言われています。

そのため、留守番を苦手とする子が多く、一人になると大きな声で吠えてしまったり、ストレスを溜め込みやすくなります。そうなると普段から無駄吠えが増えて近所迷惑になる恐れがあるので、短い時間から留守番に慣れさせておく必要があります。

ビーグルの留守番について詳しくは次の記事を参考にしてください。

非常に食いしん坊

Fotolia 188077156 xs

体の大きさはそれほど大きくないビーグルですが、非常に食欲旺盛で食いしん坊な犬種です。そのため、やや太りやすいという特徴があります。食いしん坊な特徴から与えた分だけ食べてしまうので、きちんと食事の量を計算して決めておく必要があります。

また、活発で体力にも優れているので、適度に運動させる時間を作ってあげましょう。太ってしまうと怪我や病気の原因となってしまうので気を付けてください。

ポイント

このようにビーグルには様々な特徴があります。優れた嗅覚からかつて猟犬として飼い主さんを手伝っていましたが、現在は探知犬としてその特徴を生かして活躍しています。また、人気キャラクターであるスヌーピーのモデルとなった犬種ということもあって、世界的に人気が高い犬となっています。

ただし、特徴的な鳴き声はときに騒音トラブルとなったり、寂しがり屋な性格から留守番をさせるとうるさく吠えてしまうなど、集合住宅にはあまり向いていないとされています。活発で運動好きですが、非常に食いしん坊という特徴もあるので、太り過ぎには注意が必要です。