ビーグルの平均体重はどれくらい?子犬や成犬、成長による推移について

ビーグルは体が小さい犬種ですが、非常に食いしん坊な犬種です。そのため、食べ過ぎによる肥満には注意しなければいけません。ビーグルの平均体重を把握して標準的な体重を維持する必要がありますが、犬は個体によって体の大きさが異なるので、その犬にあった体重を把握しなければ健康管理が難しくなります。ここでは、ビーグルの成犬の体重や子犬の体重、推移などについてみていきましょう。

目次

ビーグルの重さについて

Fotolia 128966300 xs

ビーグルの体重はだいたいオスメスともに10kg前後だといわれています。しかし、オスの方がやや大きい子が多いため、体重もオスが10kg〜11kg、メスが9kg〜10kgとオスの方が重たくなっています。

個体差がある

ビーグルの大きさには個体差があり、スタンダードでは最小で33cm、最大で40cmほどが理想とされています。
同じように体重にも大きく個体差があり、体が小さい子だと8kg、大きい子だと15kgでも標準体重ということもあります。

子犬の体重や推移について

Fotolia 188077156 xs

子犬の時期は体重が大きく増加していくため、1ヶ月で大きく変化していきます。ビーグルは比較的成長が早いため、生後7ヶ月〜9ヶ月くらいで大人の体に成長し、それ以降は体重が変化しなくなります。

子犬の体重の推移について

以下はメスのビーグルの生後3ヶ月から12ヶ月までの体重の推移を記録したものです。

生後3ヶ月:1.2kg
生後4ヶ月:2.4kg
生後5ヶ月:3.3kg
生後6ヶ月:3.7kg
生後7ヶ月:4.0kg
生後8ヶ月:4.1kg
生後9ヶ月:4.2kg
生後10ヶ月:4.2kg
生後11ヶ月:4.3kg
生後12ヶ月:4.3kg

子犬の成長や大人になってからの大きさ、体重などには個体差があるため、必ずしもこのように体重が変化するというわけではありません。

標準的な体重は犬によって異なる

体の大きさが犬によって異なるため、適切な体重も犬によって違ってきます。体が小さい子であれば体重が8kgを下回っていても痩せ過ぎではなく、体が大きい子であれば15kgを超えていても太り過ぎではない場合があります。

そのため、犬の体型を見てどのくらいの体重が適しているのかを確認する必要があります。ビーグルを横から見たときに肋骨が浮き出ていたり、触ったときにすぐに肋骨を確認できる、ゴツゴツと骨の硬い感触がする場合は痩せ過ぎの可能性があります。

逆に真上や横から見たときにお腹周りが横にはみ出ている、お腹が垂れているような場合や、触ったときに背骨や肋骨を確認できない場合は太り過ぎとなります。

太り過ぎに注意しよう

成長期の子犬は短い期間で体重がどんどん増えていきます。子犬の時期の体重の増加は成長のために必要なので、きちんと増えていっているかを確認する必要がありますが、太り過ぎて肥満になると関節を悪くしたり、病気のリスクが上がってしまいます。

子犬の時期は太り過ぎないように気を配り過ぎて痩せ気味になっていることが多いですが、ビーグルは非常に食いしん坊で太りやすい傾向があるため、食事の管理をきちんと行う必要があります。

ビーグルは成長が早いため、生後10ヶ月を過ぎても体重が増加する場合は、成長によるものではなく食べ過ぎが原因となっている可能性もあるので注意しましょう。

子犬の時期に体重が増加しない

子犬の時期は体重の変化が健康のバロメーターとなります。そのため、子犬の時期にもかかわらず体重がほとんど変化しない、または下がっているという場合は何らかの病気が原因となっている可能性があります。

きちんと体重が増えていないと発育不良に陥る可能性もあるので、痩せ過ぎてしまわないように気を配りましょう。

ポイント

ビーグルの体重はオスメスともに10kg前後が一般的となっていますが、個体差があるため8kgくらいの子もいれば、15kgを超えるような子もいます。成長スピードが早いため、短期間で大きく体重が変化していきますが、食欲旺盛で太りやすい犬種なので、犬が欲しがるままに食べ物を与えていると肥満になってしまいます。そのため、きちんと食事の量を決めて、運動する機会を作り、太り過ぎてしまわないように気をつけましょう。