ビーグルの値段はどれくらい?相場や価格の差について

スヌーピーのモデルとしてお馴染みの犬種ビーグル。世界的にも知名度が高く人気のある犬種となっていますが、日本でも人気犬種ランキングで20位前後にランクインしているため、比較的知名度が高い犬種となります。そのため、ペットショップでも見かけることがあり、ブリーダーなどでも取り扱いがあります。ビーグルの平均価格や値段の違いなどについてみていきましょう。

目次

ビーグルの平均価格について

Fotolia 187621896 xs

ビーグルはだいたい18万円から22万円くらいが相場となります。ただし、個体によっても値段が大きく異なるため、相場の半額に近いくらいの値段が付けられていたり、倍近く高い値段が付けられるようなこともあります。

個体による値段の差

ビーグルは18万円から22万円くらいの値段が付けられていることも多いですが、安い場合は10万円を下回る値段が付けられていることもあります。また、反対に高い場合だと30万円から40万円くらいの値段で販売されています。

何が値段の差の原因になっているの?

Fotolia 188077156 xs

ビーグルは主に血統や年齢、毛色や体の大きさ、顔つきなどの見た目によって値段が大きく異なります。特に血統や年齢は大きく値段に影響します。

血統による違いについて

ビーグルに限らず、血統の良い犬は基本的に高い価格で取引されています。例えば、親犬がチャンピオン犬という場合は30万円から40万円という相場の倍近い価格が付けられていることも珍しくありません。

年齢の差

一般的に子犬は生後2ヶ月くらいになるとペットショップで販売されるようになります。子犬は生後2〜3ヶ月くらいの時期がもっとも人気が高いため、高い値段が付けられますが、それ以降は価格が下げられていきます。特に生後半年を超えてくると10万円を下回り、安い場合だと5万円くらいの価格で取引されることもあります。

生後2〜3ヶ月の時期はしつけを行うのにもっとも重要な時期だと言われています。反対にペットショップで長く過ごした犬は問題行動を引き起こしやすく、しつけづらいと言われているため、5万円という安い価格で取引されるようになります。しかし、犬の性格やしつけ次第では特に問題なく飼える場合もあります。

毛色による違い

犬は一般的に人気が高くて珍しい毛色ほど高い価格が付けられるようになります。ビーグルは3色のトライカラーが一般的で人気のある毛色となっていますが、最近ではレモン&ホワイトが人気になっており、トライカラーに比べると数が少ないため、通常よりもやや高い価格が付けられる可能性があります。

ビーグルの毛色の種類はどれくらいある?ブルータンやチョコレートについて|HANEY [ハニー]
ビーグルには様々な種類の毛色があります。基本的には3色のカラーがもっとも一般的でハウンドカラーと呼ばれ、この犬種のグループのみに見られる毛色だとされていますが、ほかにもブルータンやチョコレートと呼ばれるような珍しい毛色もあります。ここではビーグルの毛色の種類や、模様のパターンなどについてご紹介します。

ポイント

ビーグルの平均価格はだいたい18〜22万円くらいが相場となっています。しかし、年齢によっては10万円を下回り、5万円くらいの値段が付けられていたり、反対にチャンピオン犬の血統が入っている場合は30〜40万円ほどの値段で売られることもあります。また、毛色によっても値段が異なるため、レモンなど人気の毛色は高い価格で取引されている可能性があります。