ビーグルがかかりやすい病気は?目や耳、足に注意しよう

ビーグルは比較的体が丈夫な犬種で、怪我や病気が少ないと言われています。特に純血種のなかでは遺伝的な病気が少ないため、先天的な病気はそれほど多くありません。しかし、ビーグルにも目や耳、足、関節、皮膚病など注意すべき病気はいくつかあります。ここではビーグルが注意すべき病気について簡単にご紹介いたします。

目次

ビーグルの目の病気について

Fotolia 187621896 xs

ビーグルは遺伝による病気が少なく、体も丈夫な犬種ですが「若年性白内障」という遺伝が原因で発症してしまう目の病気を引き起こしてしまうことがあります。

白内障

白内障とは目の”レンズ”が白く濁ることで視力が低下してしまう病気のことです。通常は歳をとることで発症しやすくなる病気ですが、ビーグルの場合は「若年性白内障」といって生後6ヶ月から2歳くらいの時期に症状があらわれる白内障を引き起こすことがあります。

治療が遅れると失明したり、視力の低下が早くなってしまうので、視力が低下することで、物にぶつかる、目線が合わなくなる、壁伝いに歩く、不安から散歩に行きたがらないなどの異変が見られるようになったらすぐに病院で検査を受けさせましょう。

白内障について詳しくは次の記事を参考にしてください。

【犬の白内障】犬もかかる目の病気!白内障の原因や症状、治療法、予防について*|HANEY [ハニー]
世界の失明原因のトップであり、人にとって最も代表的な目の病気の一つである「白内障」。じつは人間と同じように犬も白内障にかかることがあります。犬の白内障は目の水晶体という部分が白く濁り、視力が低下していく病気です。最悪の場合失明することもあり、治療には手術が必要となる場合もあります。今回はそんな犬がかかる怖い目の病気「白内障」の原因や症状や治療や予防についてご紹介します。

緑内障

緑内障とは眼の中の圧力が高くなり、網膜や視神経を圧迫することで視力障害を引き起こす病気のことです。白内障から併発する続発性緑内障を引き起こす可能性があるので注意しましょう。

発症すると強い痛みを伴い、最終的には失明してしまう病気なので、目の充血や目やに、瞳孔や目の色に異変を感じたらすぐに病院へ連れて行きましょう。

緑内障について詳しくは次の記事を参考にしてください。

【犬の緑内障】失明に至る眼の病気!緑内障の症状や原因、治療法、予防について*|HANEY [ハニー]
目やにや激しい痛みを伴い、失明に至る恐ろしい犬の目の病気「緑内障」。緑内障は一度発症すると目薬やサプリメントで治療をしても治ることはなく、ほとんどの場合が最終的に失明してしまいます。また最悪の場合は、目の摘出手術をしなければならないこともあります。このまとめでは犬がかかる怖い目の病気「緑内障」の原因や症状や治療や予防についてご紹介します。

足や関節の負担に注意しよう

Fotolia 90063975 xs

ビーグルは体は小さいですが食欲旺盛な犬種なので、食事の量や運動量をきちんと調整しないと肥満に陥ってしまうことがあります。そうなると足や関節への負担が強くなり、怪我や病気の原因となってしまいます。

膝蓋骨脱臼

膝蓋骨脱臼とは、膝の関節が外れてしまう病気のことです。主に激しすぎる運動や肥満によって膝への負担が大きくなることで、膝のお皿が外れてしまい歩行障害などを引き起こすようになります。

最初のうちは関節が外れてもすぐに戻りますが、悪化すると関節が外れやすくなり、もとどおりに戻らなくなってしまうことがあるので、歩き方などに異変が見られた場合はすぐに病院へ連れて行きましょう。

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアとは、骨のクッションの役割を果たしている椎間板が潰れてしまう病気のことです。人間と同じく腰に近い場所で発症することが多く、強い痛みや歩行障害などを引き起こします。

主に太りすぎや、激しい運動、老化が原因で発症しやすくなるため、予防には普段からの健康管理が重要となります。

椎間板ヘルニアについて詳しくは次の記事を参考にしてください。

椎間板がずれてしまう犬の病気「椎間板ヘルニア」について|HANEY [ハニー]
犬の椎間板ヘルニアとは、骨の間に挟まってクッションの役割をはたしている椎間板が外へ出てしまう病気です。何らかの強い力が加わることで発症し、はみ出た椎間板の組織が神経を圧迫することで、麻痺や歩行障害などのさまざまな症状を引き起こします。治療では抗炎症薬や鎮痛剤などによる投薬治療や外科手術によってはみ出た椎間板の組織を切除します。外科手術を行った場合はリハビリが必要となり後遺症が残る可能性もあります。

定期的に耳の手入れを行おう

Fotolia 188077156 xs

長い垂れ耳のビーグルは耳の中が蒸れやすいため、耳の病気を引き起こしやすくなっています。そのため、定期的に耳の手入れを行う必要があります。また、耳が濡れっぱなしになっていると細菌が繁殖しやすくなるので、シャンプーや雨の日の散歩、水遊びを行ったときなどは注意しましょう。

外耳炎

外耳炎とは鼓膜へと続いている耳の穴に炎症が起きる病気のことです。発症すると痛みや、かゆみ、違和感から耳をかく、頭を振るなどの行動をとるようになったり、耳から悪臭がするようになります。

また、さらに炎症が奥へと続くことで中耳炎や内耳炎を引き起こしてしまうことがあるので、異変が見られたらすぐに病院で治療を行うようにしましょう。

外耳炎について詳しくは次の記事を参考にしてください。

耳のかゆみや痛みを引き起こす犬の病気「外耳炎」について|HANEY [ハニー]
鼓膜の通り道である外耳道が炎症を起こすことで発症する犬の病気「外耳炎」。発症するとかゆみや痛み、強い臭いなどの症状がではじめます。外耳炎の炎症がひろがることで中耳、内耳までうつることがあり、内耳炎や中耳炎を併発させます。治療には治療薬を投与する必要があり、主に点耳薬を使用したり抗菌剤、抗生剤などの飲み薬を使用します。このまとめでは犬の外耳炎についてご紹介します。

その他の疾患

比較的病気に強いと言われているビーグルですが、皮膚疾患や糖尿病などを引き起こしやすい傾向があります。また、そのほかにも治療が難しい重い病気を引き起こす可能性もあります。

皮膚の病気

ビーグルはよだれを垂らしやすい犬種なので、よだれを放置することで皮膚が荒れたり、細菌が繁殖して何らかの皮膚疾患を引き起こすことがあります。そのため、よだれがついていたらきちんとふき取るようにしましょう。

また、なかにはアレルギーやアトピーなどを持っている子もいるので、食事や生活環境などにも気を配るようにしましょう。

糖尿病

糖尿病は血液の中の糖が多くなり過ぎてしまう病気で、一度発症すると完治することはなく、様々な病気を併発させる原因となります。ビーグルの場合は食べ過ぎや、肥満が原因となりやすいので、食事の与え方や太り過ぎには注意しましょう。

糖尿病について詳しくは次の記事を参考にしてください。

血液中の糖が多くなる犬の病気「糖尿病」について|HANEY [ハニー]
犬の糖尿病とは血液中の糖の量が多くなりすぎてしまう病気です。発症することで多飲多尿になる、食欲が増すが痩せるなどの症状があらわれ、白内障や膀胱炎などを引き起こすこともあります。悪化することで神経症状を引き起こして死に至ることもあるため、寿命に影響が出ないよう早期に治療を行う必要があります。治療にはインスリンの投与や食事療法、運動療法などを取り入れ、健康状態を維持していきます。

クッシング症候群

クッシング症候群とは、副腎皮質ホルモンというホルモンが必要以上に体に分泌されるようになってしまう病気のことで、筋力の低下や毛艶の悪化、糖尿病などの病気を併発させる原因となります。ビーグルの場合は高齢になることで発症しやすくなるので定期的な検査を心がけましょう。

クッシング症候群について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ホルモンが過剰分泌される犬の病気「クッシング症候群」について|HANEY [ハニー]
犬のクッシング症候群とは、副腎皮脂ホルモンが過剰に分泌されることで発症する病気のことです。主に脳や副腎の腫瘍が原因で発症し、筋力の低下、食欲の増加、脱毛などの症状があらわれます。治療では投薬治療によって、ホルモンの分泌を抑えたり、外科手術によって腫瘍を取り除く必要があります。悪化することで糖尿病や甲状腺機能低下症を併発する恐れがあるため早期発見、早期治療が重要となります。

てんかん

てんかんとは原因不明の脳の病気のことで、発症すると突発的に発作を引き起こしたり、よだれを垂らす、歩き回るなどの異常行動を引き起こすようになります。けいれんなどの発作を引き起こす場合は危険な場合もあるのですぐに病院へ連れて行く必要があります。

ポイント

ビーグルは食欲旺盛で太りやすい犬種なので、肥満に注意する必要があります。肥満は足や関節のケガ、糖尿病やその他の重い病気の原因となることがあるので、食事の管理と適度な運動を心がけましょう。また、手入れを怠ると耳や皮膚に病気を引き起こしやすくなるので注意してください。また、遺伝的な病気では若い時期に発症する白内障があるので、異変が見られたらすぐに病院で検査を受けさせるようにしましょう。