ハリネズミにも鳴き声はある?種類や寝言、気持ちなどについて

ハリネズミも他の動物たちと同じよう鳴き声を出したり寝言のような寝息をかくことがあります。鳴き声にはキュキュやピーピー、グーグーなど様々な種類があり、それぞれから気持ちを読み取ることができます。中には大きい声を出す子もいるため、うるさいと感じる飼い主さんもいるかもしれませんが、嫌がっていることなどを早く察知できるため鳴き声はとても重要となります。ここではハリネズミの鳴き声や寝言についてご紹介します

目次

ハリネズミの鳴き声について

Fotolia 167100857 xs

ハリネズミは賑やかに鳴き声を発する生き物ではありませんが、飼育しているといくつかの鳴き声や鼻を鳴らす音が聞こえてくることがあります。

どんな鳴き声をしている?

一番よく聞く鳴き声が「フッフッ…」と短いピッチで鳴きながらおでこの針を立てる鳴き方になります。
そして、ジャンプするように跳ねたり、丸まりながら「シューシュー」と鳴きます。これは警戒しているレベルがとても高いときです。こうした声を出しているときはむやみに構わないようにしましょう。

繁殖シーズンに聞かれる「ピーピー」という優しい音はオスがメスを誘っているときの声です。赤ちゃんの鳴き声も小鳥のさえずりのような声です。また、リラックスしているときや楽しんでいるときに、喉を鳴らすような音や「クックッ」という声も聞こえることがあります。

声は大きくてうるさいの?

ハリネズミの鳴き声はとても小さく、気になるほどの声量は出ません。テレビの音にかき消されてしまうほどの大きさなので、鳴き声がうるさいという心配はないでしょう。しかし、うるさく感じるかどうかは人によって感じ方が異なるため、中にはうるさいと感じてしまう人もいるかもしれません。

寝言を言うことはあるの?

ハリネズミも、私たち人間と同じく寝言を言うことがあります。また、「プゥプゥ」「ピューピュー」といった寝息も聞こえることがあります。

あまり聞かれないので、聞くことができたらラッキーかもしれません。可愛いハリネズミの寝言や寝息を聞く機会があったら耳をすましてみるのもいいでしょう。

鳴き声で気持ちがわかる?

ハリネズミの鳴き声からは、ある程度ハリネズミの気持ちが読み取れると言われています。威嚇しているときの鳴き声が「シューシュー」という鳴き声だと言われてるように、他の鳴き声にもハリネズミの気持ちが含まれています。

どんな種類がある?

ハリネズミは鳴かないと思われがちですが、様々な鳴き声をあげたり鼻音を鳴らしたりします。この鳴き声や鼻音にはどのような意味が含まれているのでしょうか?それぞれについて見ていきましょう。

シューシューという鳴き声

警戒しているときや不快なことが起きたとき、何かをしているのを邪魔されたときなどにシューシュー、またはプシュと声をあげることがあります。これは上記でも述べたように警戒しているときの鳴き声で、丸まりながら声を立てることもあります。

このとき、同時におでこの針を立てて頭を突き出したり、ジャンプするように跳ね上がりながら鼻を鳴らすこともあります。

プシュという鳴き声について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ハリネズミがプシュプシュ鳴くのはなぜ?風邪が原因の場合も|HANEY [ハニー]
ハリネズミがプシュっとする姿を何度か見たことのある飼い主さんもいるのではないのでしょうか。主に警戒や威嚇をするときにプシュプシュとするので、ハリネズミがまだ飼い主さんや環境に慣れていない場合に多く聞かれるでしょう。威嚇以外にはアレルギーや風邪の可能性があるので、すぐに対応をしてあげなければいけません。まずは飼育環境を見直し改善を図りましょう。もし改善しなければ病院へ連れて行き診察を受けましょう。

キュキュと鳴く

「キューキュー」と鳴く場合は、ハリネズミにとって恐ろしいことや苦痛と遭遇している証拠となります。子猫や赤ちゃんのような声にも聞こえる悲鳴をあげます。

病気や怪我をしている場合に発することが多いので、身体に変化がないか注意して確認しましょう。この状態が継続するとストレスとなることがあるので、この声に早く気づいてあげてください。

ピーピーと鳴く

「ピーピー」とさえずるようなピッチの早い鳴き方は、生まれたばかりの赤ちゃんの鳴き声です。赤ちゃんがお腹がすいたときや、お母さんを探しているときによく聞かれます。

小さな声は成長に伴って大きくなりますが、自分で動き回れるようになるとこの声は聞かれなくなります。また、繁殖時にオスがメスのまわりを回りながらメスの気をひこうとしてピーピーと優しい声を出します。

ピーピーという鳴き声について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ハリネズミがピーピー鳴くのはどんな時?|HANEY [ハニー]
ハリネズミの「ピーピー」という鳴き声をを聞いた際に、どのような感情なのか気になったという飼い主さんもいるかと思います。この鳴き声には様々な意味が含まれており、嬉しい、満足しているといった感情以外にも、繁殖時や求愛行動時にも聞かれる鳴き声になります。また、赤ちゃんの場合だと、親を呼んでいるという可能性もあります。様々な意味があるので、鳴き声だけではなく様子も一緒に見て判断するようにしましょう。

クックッという鳴き声

「クックッ」という鳴き方は、求愛行動をしている際に鳴く声です。赤ちゃんの泣き声と同じように「ピーピー」と鳴くこともあります。主にメスの気をひこうとしているときや、発情しているときによく聞かれます。

また、オス同士で鳴くこともあります。飼い主さんに対して鳴いているときは、ハリネズミとの信頼関係はばっちりだと言えるでしょう。

フンフンと鳴く

あちこちを探検したり、食べ物を探し回っているときにフンフンと鼻を鳴らすような音を出すことがあります。

夜行性のハリネズミにとってエコロケーション(反響定位:発した音が対象物に当たって跳ね返ってきた音から、対象物の位置や距離を判断する)と関係があるのではないかという報告もあります。また、フンフンと鳴いてる場合は、機嫌が良いときとも言われています。

ゴロゴロ

リラックスして落ち着いているときや心が満たされているときに、「ゴロゴロ」と猫が喉を鳴らすような鳴き声が聞かれることがあります。

また、「クックッ」「クンクン」という鼻を鳴らす音も聞こえることがあります。この鳴き声が聞けた場合には、ハリネズミの様子を確認しながらスキンシップをとってみましょう。

ゴロゴロという鳴き声について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ハリネズミのゴロゴロという鳴き声にはどんな意味や気持ちがある?|HANEY [ハニー]
ハリネズミは意外とたくさん鳴く生き物です。鳴き声が小さいので、普段生活している中では気づくことは少ないかと思いますが、様々な鳴き方で自身の意思を伝えています。鳴くだけではなく、フシュフシュといった鼻息でも感情を伝えることがあります。様々な鳴き声の中でもゴロゴロという鳴き声にはどのような意味がこもっているのでしょうか?ここではハリネズミがゴロゴロという鳴き声を出す意味についてご紹介します。

ポイント

ハリネズミはあまり鳴かない生き物だと思われがちですが、実は様々な声を出して鳴きます。鳴き方によって意味が含まれており、シューシューと鳴いていたら威嚇をしている、キューキューと鳴いていたら苦痛を伝えている、フンフンと鳴いていたら機嫌がいいなどいろいろな意味があります。この鳴き声を理解し、ハリネズミの気持ちを少しでも分かってあげられるようになると生活していく上でとても便利になります。