ハリネズミの夏眠ってどんな状態?症状や対策方法について

ハリネズミは暑いのが苦手な動物なので、温度が高くなりすぎると夏眠という危険な状態に陥ることがあります。温度が30度を超えると危険な状態だと言われており、この状態になると身体がぐったりとする、呼吸が早くなるなどの症状が見られるようになります。そのまま死んでしまうこともあるとても危険な状態なので、特に夏場はしっかりと対策をとりましょう。ここではハリネズミの夏眠についてご紹介します。

目次

ハリネズミの夏眠とは?

冬に気温が下がるとハリネズミは冬眠してしまうということをご存知の方は多いかと思います。ですが、夏にも冬眠と同じような症状が出ることがあるということはご存知でしょうか?

夏に冬眠と同じような症状が起こることを「夏眠」といいますが、この夏眠はどのような状況や温度で起こってしまうのでしょうか?

ハリネズミは温度が暑すぎると夏眠をとる

20度を下回ると冬眠してしまうのに対して、30度を上回ると引き起こしてしまうのが夏眠という症状です。
夏眠は寒すぎると冬眠してしまうのと同じ原理で、暑すぎるとなってしまう症状です。夏眠になると同時に熱中症や脱水症状を引き起こしてしまうこともあるので、飼育施設の温度・湿度は普段からしっかりと管理しなくてはいけません。

夏眠は危険?

夏眠は冬眠と同様に命の危険性を伴います。夏眠になることで仮死状態に陥ってしまうので、ハリネズミの身体に重大な負担をかけてしまいます。

そのため、室温は30度を上回らないようにきちんと適温を保つことがとても重要になります。高温多湿である日本の夏をうまく工夫して乗り切りましょう。

症状や対策について

夏眠に入ってしまうとどのような症状や状態になるのでしょうか?また、夏眠にならないようにするためにはどのような対策をとっていけばいいのでしょうか?

ここでは、夏眠の症状や対策、夏眠になったときの対処方法についてご紹介していきます。

夏眠の症状

症状としては、30度を超えてくると身体がぐったりとしてきます。熱中症との区別が難しいですが、熱中症の場合はどんどん体温が高くなり、呼吸も早くなっていきます。そして、よだれが多くなるといった症状が出て、悪化すると痙攣を引き起こし最悪死に至ることもあります。

夏眠の場合は熱中症のような症状は出ませんが、そのまま死に至ることもある危険な状態です。

夏眠からの起こし方

もし飼っているハリネズミが夏眠になってしまった場合は、ゆっくりと体温を下げていくことが重要となります。
ハリネズミを涼しい場所へ移動させ、冷たく濡らしたタオルをビニール袋に入れたもので身体を包んで冷やしていきます。

体温は下がり始めると急激に下がり、下がりすぎてしまうことがあるので過度に冷やさないよう気を付けましょう。ハリネズミが元通りに戻ったら、身体に大きな負担がかかったことで内臓にダメージを受けていることがあるので、すぐに動物病院に連れて行って診察を受けてください。

暑さ対策について

飼っているハリネズミが夏眠にならないようにするためには、きちんと暑さ対策をしなくてはいけません。ハリネズミのいる空間は、エアコンで適温を保ちましょう。エアコンだけではなく、扇風機や除湿器を使うとなお効果的です。

また、飼育施設を置く場所は窓際や直射日光の当たらない場所に置いてあげましょう。飼育施設内にタオルで包んだ保冷剤や凍らせておいたペットボトルを巻いて置く方法もありますが、湿度が高くなってしまうのであまりおすすめはできません。他のおすすめの方法としてはペット用の大理石ボードやひんやりマットを設置しておくことで、ハリネズミが乗って勝手に涼んで体温調節できる環境を作ってあげることができます。

夏場は高温多湿で不衛生になりがちなので、掃除はしっかりとこまめに行ってください。水をこまめに取り換える、フードが傷みやすい時期なので食べ残したものはすぐに取り除くということも大切な対策となります。

ハリネズミの適温や暑さ対策について詳しくは次の記事を参考にしてください。

ハリネズミの適温はどれぐらい?夏や冬の適正湿度にも注意しよう!|HANEY [ハニー]
ハリネズミは暑さや寒さに弱い動物なので、夏や冬など気温の変化が激しい季節にはしっかりと適温管理を行わなければいけません。基本的な適温は26度前後、適正湿度は40〜60%だと言われています。ハリネズミは暑すぎると夏眠、寒すぎると冬眠というそのまま死んでしまうことの多い状態に陥ることもあるので、温度管理はグッズやエアコンなどを使って徹底しましょう。ここではハリネズミの適温についてご紹介します。

ポイント

ハリネズミの夏眠は冬眠と同様に命の危険性を伴うとても危険な状態になります。冬眠とは真逆で、飼育環境が30度を上回る暑すぎる環境で引き起こされ、身体がぐったりとしてくるといった症状が見られます。もし夏眠に入ってしまったら急激に体温を下げるのではなくゆっくりと体温を下げるようにしましょう。涼しい場所へ移動し、濡らしたタオルをビニール袋に入れてハリネズミを包みます。元のように元気を取り戻しても、動き次第すぐに動物病院に連れて行ってください。夏眠にならないためにも普段からきちんと暑さ対策をし、温度・湿度管理を徹底しましょう。