ハリネズミも夏バテになる?症状や対策方法について

日本の暑い夏には、人と同じようにハリネズミも夏バテになることがあります。夏バテは主に飼育環境の暑すぎる温度が原因となるので、夏場の温度管理には注意しましょう。発症すると次第に元気がなくなっていき、ぐったりとしていきます。さらに進行していくことで食欲不振に陥り、そのまま夏眠状態になって死んでしまうこともあるので注意が必要です。ここではハリネズミの夏バテの対策や症状についてご紹介します。

目次

ハリネズミも夏バテになる?

Fotolia 165477398 xs

ハリネズミも人間と同じく、暑すぎる環境に置かれると夏バテになることがあります。気温にとても敏感な生き物なので、温度管理はしっかりと行わなくてはいけません。

暑すぎる環境に長時間いると、夏バテだけではなく夏眠という命に関わる状態に陥ってしまうことがあります。そのため、飼育施設のある空間はきちんと適温に保ってあげることが大切になります。

夏バテの症状について

夏バテの症状としてまず見られるのは元気がなくなっていくことです。ぐったりとして、回し車や砂浴びなどで遊ぶことをしなくなります。
また、元気がなくなることによって食欲も落ちていきます。ご飯を見ても反応がなかったり、においは嗅ぐけど食べないという食欲不振の症状が見られるでしょう。

好物であるおやつも食べなくなるといったことが夏に起こった場合は、夏バテの可能性が高いです。
他の症状として、睡眠時間が増えるといったことも夏バテの症状と言えます。遊び回ることも食べることもしないので、やることがなく寝るという行動にうつります。運動不足、栄養不足となってしまうので、長期間続く場合は注意が必要です。

夏バテになると行動の変化だけでなく、体調も崩してしまいます。普段通りの食事や運動ができないことから柔らかい便が出たり、嘔吐や下痢といった症状も出る場合があります。ハリネズミにとって夏バテの症状はとても辛いものなので、きちんと温度・湿度管理を行いましょう。

どんな暑さ対策をすればいい?

ハリネズミは寒すぎる環境も暑すぎる環境も苦手な生き物です。季節のメリハリは必要なことですが、極端に温度が高かったり低かったりすることがないようにしてください。春や秋も温度変化の大きな時期なので、温度管理には注意しましょう。

このことを踏まえて、夏バテにならないためにはどのような暑さ対策を行えばいいのでしょうか?ここでは、ハリネズミの夏バテの対策をご紹介していきます。

エアコンで室温を管理する

基本的には飼育施設の空間はエアコンで室温を管理することをおすすめします。。ケージの置く場所は、エアコンの風が直接当たらない場所に置くようにしましょう。好適環境は24~29度と言われているので、エアコンの温度設定は26度前後くらいにするとちょうどいいです。

エアコンをおすすめするのには温度管理以外にも理由があります。飼育施設に保冷剤や凍らせたペットボトルを入れるという方法もありますが、その分湿度が上がってしまいます。ハリネズミは温度だけではなく湿度にも弱い生き物なので、湿度にも気を付けなければいけません。

このような保冷剤や凍らせたペットボトルを入れて置くと湿度が上がりすぎることで適した環境ではなくなってしまい身体にストレスをかけてしまう可能性が出てくるので、このような冷やし方はおすすめできません。このことからエアコンは適切に室温管理ができると言えるのでおすすめです。

食事を分けて与える

夏場の暑い時期は、ペットフードが傷みやすい時期になります。そのため、傷みが早くそれを飼っているハリネズミが食べてしまうと体調を崩してしまう可能性があります。体調を崩さずずっと元気でいてもらうためにも、与えるフードは分けて与えるといいでしょう。

そうするとフードの傷みを気にせずに済みます。また、食べ残している場合はすぐに取り除いてあげてください。フードだけではなく、飲み水もこまめに変えてあげましょう。高温多湿はフードや水が傷みやすく不衛生になりがちです。

ペット用のアルミシートなどを使用する

身体を冷やしてあげる方法として、エアコンだけではなく飼育施設内にペット用のアルミシートや大理石ボードを置いてあげるのもいいです。ハリネズミ自身が暑いと感じたときに勝手に乗って涼んでくれるので便利です。また、一時しのぎですがレンガを冷やしてから使うという方法もあります。

ポイント

ハリネズミも人間と同様に夏バテになってしまうことがあります。症状としては、元気がなくなりぐったりとする、食欲が出ずフードを食べなくなる、下痢や嘔吐をするといった症状が出ます。ハリネズミは温度・湿度にとても敏感な生き物なので、飼育施設のある空間は適温に保ってあげることが大切です。夏バテにならないようにするために暑さ対策はとても大切です。エアコンで管理してあげることはもちろん、飼育施設にアルミシートや大理石ボードを置くといった対策もしてあげると尚良いです。ハリネズミがストレスなく暮らしていけるようにするためにも、温度・湿度管理は徹底し、より良い暮らしにしてあげましょう。