ハリネズミは人気の動物?理由やカラーや種類について

たくさんいるペットとして飼育されている動物の中でもハリネズミは人気が高い動物です。人気の理由の多くは現在の日本人の暮らしにも関係していると言われており、主に臭いにおいがしないことや少ない飼育スペース、散歩の必要がないことが挙げられます。また、ハリネズミには様々な種類のカラーがあり、針などの毛色によっても人気が分かれます。ここでは人気な理由や人気のカラーや種類などについてご紹介します。

目次

ハリネズミが人気の理由について

Fotolia 125790642 xs

ここ最近、ハリネズミの人気が急上昇していることはご存知でしょうか?ハリネズミは、私たち人間の心を惹きつけてやまない生き物です。背中を針で覆われた身体、針を立てて身体を丸め、とげとげのボールの様になる姿など外見や行動はとてもユニークなものです。

そのうえ表情も魅力的で、くりくりとした目を持つ愛らしい顔立ちだけでなく、ちょっと起こった時のしかめっ面、食事をするときの野性味を帯びた顔などいろいろな表情を見せてくれます。

チクチクと痛そうな針をたくさん背負っていますが、慣れた子なら素手で持てますし、そんな時には柔らかな体のぬくもりを手に感じることもできます。適切な方法で飼い、愛情をもって接していればハリネズミは私たちにたくさんのものをプレゼントしてくれます。

臭いがあまりしない

ウサギやフェレットなどの小動物と比べると臭いがあまりしないと言われています。ハリネズミ自体に臭いはほとんどなく、臭いの多くの原因は排泄物なので毎日しっかりと排泄物の掃除を行っていれば臭くなるということは少ないでしょう。

この臭いがあまりしないというのも、人気の一つと言えます。もし臭いが気になるようであればイオン消臭ウォーターを飲ませるとさらに臭いが軽減されます。それでも臭いが消えないようであれば、排泄物が身体に付着して固まってしまったものが皮膚の炎症を起こす素因となって、皮膚病になり臭いを発しているという可能性もあるので動物病院に連れて行ってあげましょう。

少ない飼育スペースで飼える

運動量の多い生き物なので、飼育施設は広いほうがいいのですが身体が他の小動物と比べると大きくはないのでそんなに広いスペースを必要としません。そのため、あまり部屋の邪魔にならないというのも人気の理由となっています。

一般的には60×90㎝ほどの低面積が理想と言われているので、それ以上の飼育施設を設けましょう。あまりに狭い飼育施設はハリネズミの運動不足やストレスとなってしまうことがあるので、60×90㎝の低面積は確保するようにしてあげてください。

夜行性で散歩がいらない

ハリネズミは夜行性の生き物です。そのため犬とは違い、昼に活動している生き物ではないので散歩を必要としません。
飼育施設の中で回し車をさせたり、部屋を散歩させたりするだけで十分な運動量を確保することができます。外で散歩をすることもできますが、外には他の動物や寄生虫、菌などがいるのであまりハリネズミの環境に適しているとは言えません。

散歩をさせている時に何か驚くことがあり脱走してしまう可能性もあるので、わざわざ外で散歩をさせるのではなく、部屋で探索させたほうが安全でしょう。このように、散歩するために外に連れていかなければいけないという手間がないのも人気の一つと考えられます。

ハリネズミの散歩については次の記事を参考にしてください。

ハリネズミに散歩は必要?外に連れて行く時の注意点やリードの必要性について|HANEY [ハニー]
散歩といえば犬を想像する人も多いかと思いますが、ハリネズミも運動不足やストレスを発散させるために定期的に散歩させてあげることができます。基本的には安全面を考えて部屋で「部屋んぽ」をさせますが、リードを付けることで外に連れ出すことも可能です。しかし、茂みに入って見失ってしまうなどの事故が起こる可能性もあるので、外に行く時は必ずリードが必要になります。ここではハリネズミの散歩についてご紹介します。

人気のカラーの種類について

Fotolia 52662690 xs

カラーの種類は全部で91~92種類あると言われているため、とてもたくさんの毛色が存在しています。一般的に多く出回っているスタンダードカラーのソルト&ペッパーやシナモン、アプリコットやアルビノ、パイドなど様々なカラーがありますが、人気のカラーは何でしょうか?

人気のカラーについて見ていきましょう。

人気のカラーは?

珍しいカラーほど人気のあるカラーなので、人気カラー=珍しいカラーとも言えます。人気であるカラーは、たくさんある毛色の中でもシナモンやパイドだと言われています。

数あるカラーの中でもパイドは大変珍しいカラーで、ペットショップでも他のカラーと比べると高価な価格で販売されていて手に入れづらいでしょう。そのため、人気のカラーは事前にペットショップに電話をして在庫確認しておくと確実に手に入るのでおすすめです。

カラーの種類や値段については次の記事を参考にしてください。

ハリネズミのカラーの種類や値段について|HANEY [ハニー]
ハリネズミには約91〜92種類以上の毛色があると言われています。どのカラーの子が生まれてくるのかには遺伝が関係しているため、自然にアルビノなどが生まれることもありますが、専門のブリーダーが親の組み合わせを考えて作っていることが多いです。たくさんいる種類の中でも特にシナモンやパイドが人気となっており、希少性が高い分値段も高くなります。ここではカラーごとの特徴や違い、種類や値段についてご紹介します。

日本で一般的なのはヨツユビハリネズミ

ハリネズミには様々な種類がいますが、日本で知れ渡っている種類はヨツユビハリネズミです。ヨツユビは四本の指が特徴的で、ペットになっている個体は、アルジュリアハリネズミとの交雑種だと言われています。

ヨツユビ以外にはアムールやナミがいますが、これらは特定外来生物に指定されているので日本では買うことが禁止されています。オオミミやエチオピアは未判定外来生物など規制がかかっていないので飼うことが可能ですが、未判定外来生物は飼う前に主務大臣に届出をする必要があるので売られていることも日本ではほとんどありません。飼っていい種類かを確認し、飼うようにしましょう。

特定外来生物については次の記事を参考にしてください。

特定外来生物って?指定されても許可を取ればペットとして飼育できる?|HANEY [ハニー]
カミツキガメやミドリガメが環境問題になったことでテレビなどにも取り上げられ、それによって知った人も多いのではないでしょうか?様々な動物や植物が指定されており、中には最近までペットとして多く飼われていた種類もいます。そのため、自分がペットとして飼っている時に指定されてしまった場合は申請をして許可を取らなければいけません。ここでは、指定されている種類や飼育可能かどうかをご紹介します。

ポイント

最近、ハリネズミの人気が急上昇しています。犬みたいに散歩をする必要がなく、飼育スペースもあまり幅取らない、他の小動物と比べると臭いも比較的少ない、また何よりとても魅力的でかわいいというのが人気の理由となっています。そんな人気のハリネズミの人気のカラーはシナモンやパイドと言われています。パイドは特に人気で希少な種類なので値段も高く設定しているペットショップが多いでしょう。もし、人気の種類であるパイドが欲しいという場合には事前にいるか確認の電話をしたほうが確実に手に入れられるでしょう。