ハリネズミが寝袋に入らないのはどうして?理由や対策について

ハリネズミが寝袋に入らないという行動に疑問を抱いている人もいるのではないでしょうか?寝袋に入らない理由として、その寝袋に慣れていないため警戒心を抱いている、洗濯をしたことによって匂いが残っておらず安心できない、寝袋の置き場所が悪いという点が挙げられます。どのようにして寝袋に入るようにこれらの対策をとればいいのでしょうか?ここでは寝袋に入らない理由や対策についてご紹介していきます。

目次

ハリネズミが寝袋に入らない理由

Fotolia 165477398 xs

ハリネズミが寝袋に入らなくて悩んでいる飼い主さんも少なくはないと思います。どうして寝袋に入ってくれないのでしょうか?ここでは寝袋に入らない理由を挙げていきます。

慣れていない

寝袋に入らない理由として、大きな原因は慣れていないということがあります。ハリネズミはとても警戒心の強い生き物なので、見知らぬものは怖いと強く感じてしまいます。

そのため、いきなり寝袋を置いてあげても使わないということがあります。寝袋に警戒心を抱いて近づかない場合は、安全ということを根気強く教えてあげなければいけません。

寝袋を洗濯した

寝袋に入らない理由は慣れていないことだけではなく、洗濯をしてハリネズミ自身の匂いと飼い主さんの匂いが一切なくなってしまったからということも挙げられます。ハリネズミはとても嗅覚に優れた生き物なので、安心できる匂いが消えてしまうと使わなくなることがあります。

もし洗濯をしてから使わなくなってしまったということであれば、まずはその個体の匂いと飼い主さんの匂いをつけてあげましょう。また、洗濯をする際には柔軟剤や匂いの強いものは使わないようにしてください。

置き場所が悪い

上記以外にも、寝袋の置き場所が悪い場合にも入らないということがあります。寝袋は、ケージの隅に置いてあげましょう。真ん中などに置くとあまり落ち着かないので入らないことがあります。もし寝袋を置いている場所が落ち着きづらいと思われる場所であれば、位置を変えてみるのも対策の一つです。

入ってもらうためには?

寝袋に入らない場合、どのようにしたら入ってくれるようになるのでしょうか?ここでは寝袋に入ってもらうための対策についてご紹介していきます。

置き場所を考える

寝袋に入らないという対策にあたって、まずは寝袋の置き場所を変えてみましょう。寝袋のある場所が落ち着かないから入らないという可能性があります。

落ち着くようなケージの隅っこに置いてみるか、いつもハリネズミがいる場所に置いてあげると、そこが落ち着く場所なので入ってくれるようになるかもしれません。

慣れるまで待つ

もし、置き場所を変えたり飼い主さんやハリネズミの匂いをつけても入ってくれないという場合には、慣れるまで待ち続けます。
寝袋に対して警戒をしていて怖がって入らないという可能性があり、その場合は時間が長くかかるかもしれません。寝袋は何もしてこないし怖いものではないと認識したら、いつか入ってくれるようになるかもしれないので気長に待ちましょう。

しかし、寝袋を置くことでストレスを感じている場合は長期間置き続けることでストレスを溜め込んでしまうことがあるので、様子をこまめにチェックするようにしましょう。

ポイント

ハリネズミが寝袋に入らない理由として、慣れていない、洗濯をして匂いが残っていない、置き場所が悪いという点が挙げられます。慣れていない場合には、警戒していて入らないということが多いので、少しの間置いて放置してみましょう。怖いものではないと認識したら入ってくれるかもしれません。また、洗濯をして匂いが消えてしまったことから入らないという場合もあります。洗濯する際は匂いの強い洗剤を使わないようにしてください。置く場所が悪いということもあるので、寝袋に入らないというようであれば紹介したような対策を取ってみましょう。