ミーアキャットはどんな動物?特徴や生態から価格や飼い方まで

サバンナのギャングとも呼ばれるミーアキャットはペットとしても飼育でき、性格もペットに向いている動物ですが、ペットとしての歴史が浅いため飼い方や餌などまだまだ解明されていないことも多いです。飼育許可はいらないので余計な手続きなく購入できますが、価格は18〜40万円と小動物の中ではかなり高い値段で販売されています。ここでは生態や特徴、寿命や似てる動物などについてご紹介します。

目次

基本データ

Fotolia 196557583 xs

・学名 Suricata suricatta
・原産国 南アフリカ共和国、アンゴラ、ナミビア、ボツワナ
・体重 0.7〜1kg
・体長 25〜35cm
・運動量 かなり多い
・寿命 10〜15年
・離乳期間 約10週間
・性成熟 約9ヶ月
・平均価格 18~40万円

猫科ではなくマングース科の動物

ミーアキャットという名前から、猫科の動物なのかな?と思っている人もいるかもしれませんが、実は猫科ではなくマングース科に属する動物です。

正式には食肉目マングース科スリカータ属の動物です。それではなぜこのような名前が付けられたのでしょうか?

名前の由来について

古い文献に記載されている英名での名前は「mierkat」と書き、これはアフリカーンス語で「シロアリとマングース」を意味しています。

これがミーアキャットの名前の由来で、地域によってはミーアカットとも呼ばれていますが、日本語の場合はカットの部分がなまって伝わったことで猫科ではないのにこのような名前が付けられたのではないかと考えられています。

ミーアキャット特有の特徴について

Fotolia 197190846 xs

かわいい見た目とは異なり、ミーアキャットには意外な特徴がいくつかあります。それぞれの意外な特徴や面白い特徴について見てみましょう。

意外と鋭い爪を持っている

両手両足に4本の指があり、かわいい見た目とは裏腹に意外と鋭い爪がそれぞれについています。野生下では巣穴を掘ったり、大好物の餌であるサソリなどの獲物を仕留めるのにこの鋭い爪を使っています。

また、野生下では普段から使うことで自然と爪が研がれるため、適した長さを保っていられますが、ペットとして飼育している場合は爪が伸びてしまう可能性もあるので、あまりに伸びている場合は爪切りをしてあげましょう。

ミーアキャットの爪には血管が通っているので、切り過ぎには注意しましょう。また、爪切りが怖い場合は散歩に連れ出した時などに硬いものを掘らせると自然と研がれます。

様々な鳴き声を使い分ける

他の動物にも言えることですが、仲間同士で様々な鳴き声を駆使して感情を伝えたり天敵が近付いてきたことなどを伝え合っています。

ミーアキャットは小動物の中では人懐っこい性格だと言われているので、仲間だけでなく飼い主さんに対しても「にゃうにゃう」や「クゥクゥ」といった可愛い鳴き声で甘えてくることがあります。

鳴き声について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ミーアキャットにも鳴き声はあるの?種類や意味について|HANEY [ハニー]
ペットショップや動物園などでミーアキャットの鳴き声を聞いたことのある人も多いかと思います。「ギャッギャッ」「グッグ」「うにゃうにゃ」など、様々な鳴き方で感情を表現したり仲間に情報を伝えようとします。しかし、生態が詳しく解明されていないのと同じように、鳴き声についてもそれぞれが解明されているわけではありません。ここでは、ミーアキャットの様々な鳴き声についてご紹介します。

獣臭いにおいがする

犬や猫などのペットとしての歴史が長い動物は、ある程度品種改良も進められているので、しっかりと手入れをしていれば獣臭いにおいはほとんどありませんが、ハムスターなどの小動物は少し獣臭いにおいがします。

しかし、ミーアキャットの場合はハムスターたちよりもかなり獣臭いと言われています。特にオスの場合はマーキングをする個体もいるので、近くに来ただけでかなり臭いと感じたり、触れた後は手ににおいがついたりすることがあります。

面白い生態をしている

野生動物の多くに言えることですが、普通の人間の生態とは大きく異なる面白い生態をミーアキャットもたくさん持っています。
ミーアキャットの持っている面白い生態について見ていきましょう。

子育ての方法が変わってる

ミーアキャットは共同繁殖と呼ばれる少し変わった子育ての方法をとります。この共同繁殖とは、群れ全員が一丸となって上位のペアの赤ちゃんを育てるという方法です。

この繁殖方法は掟のようなものなので、下位の個体が妊娠してしまった場合は群れから追い出されるなど徹底しています。
そのため、上位のペア以外は群れの中にいる限り出産や繁殖を行うことは滅多にありません。

繁殖や出産を行わないミーアキャットたちは、母乳を与える係、教育係や子守役など様々な役割を全うして生きていきます。

生息地には天敵がいっぱい

主な生息地である南アフリカやボツワナ南部などにあるサバンナや開けた荒地には様々な野生動物たちが暮らしています。
そして、ミーアキャットは生息している肉食動物たちの中でも比較的下位に属する動物なので、たくさんの天敵が暮らす中生き抜いています。

主な天敵は地上で暮らすジャッカルやハブなどの中型の肉食獣ですが、地上だけでなく上空にいるワシやフクロウといった猛禽類も天敵となります。

面白い生態について興味のある人は次のリンクも参考にしてください。

ミーアキャットの生態って?日向ぼっこや立つ意味、繁殖や天敵について|HANEY [ハニー]
動物たちには様々な特殊な生態がありますが、サバンナを生息地とし、サソリを主食にしているミーアキャットたちにはどんな生態が隠されているのでしょうか?まずみなさんもよく見かける2本足で立つ姿には日向ぼっこの意味があり、お腹を効率よく温めています。繁殖や子育て方法も特殊で、群れの中で出産するのは1ペアしか許されません。ここでは名前の由来から繁殖方法、天敵など様々な生態についてご紹介します。

他の種類や似ている動物について

Fotolia 174896546 xs

地域によってはいくつかの種類に分類されることもありますが、ミーアキャットはこの1種類だけでスリカータ属を形成しているので、他の種類はいません。

では、よく間違えられる似てる動物は何の動物なのでしょうか?

プレーリードッグと間違われることも

Fotolia 184109219 xs

時にこの2種類は似てると言われることがありますが、写真などで見比べてみると見た目は全くと言っていいほど異なります。
そもそも全く別の種類なので、食性も肉食と草食という大きな違いがあります。

それではなぜ似てる動物だと言われるのかというと、天敵がいないかどうかを見張る時に2本足で立つ立ち姿がこの2種類のイメージとして強いからだと考えられます。

ペットにする時の飼い方について

ペットとして飼うことのできるミーアキャットですが、様々な種類がいるペットの中でも飼育が難しいと言われています。
なぜ難しいと言われているのでしょうか?

適温を保つ環境を用意しなければいけない

サバンナなどの暑い地域で暮らしている動物なので、暑さにはある程度強い分、寒さにはかなり弱いです。
そのため、日本でペットとして飼育する場合は適温に保つための寒さ対策がとても重要となります。

飼育下での適温は25〜28度だと言われているので、寒い冬場はエアコンやペットヒーターなどの寒さ対策グッズを使用してできるだけ温かい環境を保ってあげましょう。また、適温を保つ必要があるため、その分飼育費用も高くなることが難しいと言われる理由の1つです。

生態が詳しく解明されていない

犬や猫などの動物と違い、ペットとしての歴史が浅い動物なので、まだまだ研究が進んでいません。
そのため、ペットとして飼育していく上で困ったことなどが起こってもなかなか解決方法が見つからないのが現状です。

また、繁殖などに関しても詳しく解明されていないため、長年育てている動物園の飼育員でも繁殖に失敗してしまうことがあるそうです。

診てくれる病院が少ない

ハリネズミなどの人気が高くなった動物たちの場合は、診てくれる動物病院が徐々に増えていきますが、ミーアキャットは国内で飼育されている頭数が少ないので、病気になった時に治療してくれる動物病院もとても少ないです。

ペットとして飼育する場合は何か起こった時にすぐ対応できるように、事前に診てくれる動物病院を見つけておきましょう。

餌は何を与えればいい?

Fotolia 190113617 xs

野生下ではサソリや小型の鳥類や芋類などの植物をメインの餌として食べて過ごしていますが、日本の飼育環境でサソリを食べさせてあげることは難しいかと思います。

それでは何を餌として与えてあげればいいのでしょうか?

肉食よりの雑食性の動物

ミーアキャットは肉食よりの雑食性の動物なので、基本的には何でも食べることができます。一般的にペットとして飼育されている場合に与えられることの多い餌には以下のものが挙げられます。

・ドッグフード
・キャットフード
・ささみ
・ゆで卵
・バナナ
・りんご
など

人と同じように動物性と植物性の食事をバランス良く食べた方が健康にいいので、偏った与え方には注意して餌を用意するようにしましょう。

餌や食べ物について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ミーアキャットの餌はミルワーム?与える食べ物や動物園での食事について|HANEY [ハニー]
ミーアキャットを飼育していく上で毎日与える餌はとっても重要になります。野生下ではサソリやクモ、ヘビや鳥類、芋類などを主食にして暮らしていますが、ペットとして飼育する場合は何を与えればいいのでしょうか?与える食べ物としてはドッグフードやミルワーム、ささみやゆで卵に加えて、栄養が偏らないようにりんごやバナナなどの野菜も一緒に与えましょう。ここではミーアキャットの餌や動物園での食事についてご紹介します。

価格や購入先について

小動物といえばハムスターやうさぎなどの値段をイメージする人が多いかと思います。そのため、同じ小動物であるミーアキャットも同様に安い値段で売られているのかと思う人もいるかもしれませんが、珍しい動物なため犬や猫などと変わらない値段で販売されています。

地域や店舗によっても異なりますが、価格相場はだいたい18〜40万円ほどです。しかし、そもそも販売されていること自体が少ないため、ペットショップなどで見かけることも滅多にないかと思います。

ではどこに行けば購入することができるのでしょうか?

ミーアキャットの販売先はどこ?

なかなか販売されることの少ないペットなので、定期的にペットショップに足を運ぶ人でもほとんど見かけたことのない人も多いかと思います。
小動物を取り扱っている小さなペットショップではあまり販売されていませんが、以下の場所でなら販売されている可能性があります。

・大型のペットショップ
・専門店
・レプタイルズショー
・ネットショップ
など

購入できる場所や値段について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ミーアキャットを購入できる販売店はどこ?里親もチェックしよう|HANEY [ハニー]
動物園などで見かけて、ミーアキャットをペットとして飼いたいと思ったことのある人も多いのではないでしょうか?しかし、小動物の中では珍しい種類なのでペットショップなどで見かけることは少ないかと思いますが、専門店や大型のペットショップ、レプタイルズショーなどの販売店なら購入できる可能性が高いです。ここではミーアキャットを購入できる販売店や里親、値段などについてご紹介します。
ミーアキャットの値段はどれぐらい?相場や安い場合の注意点|HANEY [ハニー]
ペットとしては珍しいですが、人懐っこい性格や日光浴をする可愛いらしい姿から人気の高いミーアキャットの値段や価格相場が気になる人も多いのではないでしょうか?犬や猫などに比べてハムスターなどの小動物は安いため、数万円ほどを想像している人も多いかもしれませんが、実は相場が18〜40万円とかなり高くなっています。ここではミーアキャットの値段や相場、高い理由や安い場合の注意点についてご紹介します。

ミーアキャットの寿命は何歳ぐらい?

Fotolia 159073848 xs

ミーアキャットをペットとして飼育する前に、寿命はどれぐらいなのかが気になる人も多いかと思います。
野生下と飼育下では環境が異なるため寿命は大きく変わってきます。平均ではどれぐらいなのでしょうか?

何歳ぐらいまで生きる?

ペットとして飼育している場合の平均寿命は10〜15年ほどだと言われています。ハムスターなどの小動物と比べると犬や猫と変わらないぐらいの年齢まで生きるため比較的長いです。

しかし、野生下では天敵や食糧不足、怪我や病気など様々な要因によって生きること自体が厳しくなるので、飼育下の半分ほどの5〜10年が平均寿命だと言われています。

ミーアキャットの寿命について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ミーアキャットの寿命はどれぐらい?野生下とペットの違いについて|HANEY [ハニー]
動物園などでも見かけることの多いミーアキャットですが、寿命はどれぐらいなのか気になった人も多いのではないでしょうか?飼育下での平均寿命は10~15年ほどですが、野生下では環境が厳しいため5~10年ほどとかなり短くなります。長生きさせるためには与える餌の栄養管理や病気の早期発見、早期治療が重要となるので、普段から気を配るようにしましょう。ここでは、ミーアキャットの寿命について詳しくご紹介します。

散歩には連れて行った方がいい?

散歩している姿を見かけたことのある人はほとんどいないかと思いますが、ミーアキャットをペットとして飼育している場合は散歩に連れて行くことができます。

もともとサバンナで生活していることもあって、かなり運動量の多い動物なのでケージの中だけで生活させていると運動不足からストレスが溜まってしまうことがあります。そうならないためにも散歩させることはいいことだと考えられます。

しかし、実際連れて行く場合は犬のようにスムーズにはいかないことに加え、危険なこともたくさんあるので、家が広い場合や庭がある場合はそれらの中で遊ばせた方が安全です。

散歩について詳しくは次のリンクを参考にしてください。

ミーアキャットを散歩に連れて行くメリットやデメリットは?|HANEY [ハニー]
犬と同じように散歩させるというわけにはいきませんが、ミーアキャットも散歩に連れて行くことができます。しかし、好奇心を満たせる、音や人に慣れさせられるなどの効果が期待できる反面、散歩中の犬や夏場の熱くなり過ぎたアスファルトなど、外にはたくさんの危険もあるので連れて行く場合は注意する必要があります。また、迷子にならないようにハーネスを付けておくことも大切です。

赤ちゃんに会える動物園はどこ?

多くの動物たちに言えることですが、赤ちゃんの頃は大人とはまた違った特有の可愛さを持っています。
そんな可愛い赤ちゃんの姿を見たいと思う人も多いかと思いますが、なかなか見かけることはないですよね。

ペットよりも動物園で見かけることの方が多い動物なので、赤ちゃんに会いたい場合は動物園に行くのが1番効率のいい方法となります。
しかし、先ほども説明した通り飼育下での繁殖についてはまだまだ研究が進んでいないため、プロの飼育士が試みても失敗することがあるそうです。

また、あっという間に赤ちゃんは成長してしまうため、タイミングを逃してしまうことも多いです。
タイミングを逃さないためにも、定期的に動物園の公式ホームページを確認しておきましょう。

赤ちゃんについてや会える動物園については次のリンクを参考にしてください。

ミーアキャットの赤ちゃんに会える動物園は?子供の値段も知りたい|HANEY [ハニー]
成長するといかつい見た目をしている動物でも、赤ちゃんの頃はとても可愛いものですよね。そのため、動物園などで新しく子供が生まれると一目見たいと大人気になることも多いです。そんな中でもミーアキャットの赤ちゃんを見かけることは少ないですが、どこに行けば会えるのでしょうか?ここでは、ミーアキャットの赤ちゃんに会える場所や値段などについて詳しくご紹介します。

飼育許可は届け出る必要がある?

珍しい動物たちの中には、役所に飼育許可を届け出なければならない種類がいます。

ミーアキャットも日本では珍しいペットなので、届け出が必要なのか気になる人もいるかと思いますが、基本的には届け出は必要ないので、購入した後は他のペットと同様に、普通に飼育することができます。

ポイント

2本足で立ち上がって遠くを見つめる姿が可愛いミーアキャットは、動物園にいるイメージが強いかと思いますが、ペットとして飼うこともできます。しかし、犬などのメジャーな動物に比べると日本での飼育頭数がとても少ないので、飼育する上で必要な情報や病気になった時に診てくれる動物病院が少ないなど、いろいろと難しいことがたくさんあります。また、生体の値段は犬や猫などと変わらない18〜40万円と非常に高く、飼育する上でも温度管理などにお金がかかるので、飼育を考えている場合はしっかりと飼っていけるかを考えましょう。