ハリネズミ用フードはお試しを買うのがおすすめ!ふやかす際の注意点について

ハリネズミにはグルメな個体が多く食べない子もいるため、たくさんの種類から好んで食べてくれるものを探さなくてはなりません。最初からたくさん入ったものを買うと無駄になる可能性もあるので、マズリなど有名な種類のお試し版を試してみましょう。また、肥満の子に適したフードや痩せすぎの子に適したフードもあります。与える場合はふやかしてから与えましょう。ここではおすすめやふやかす際の注意点についてご紹介します。

目次

ハリネズミにおすすめのフード

Fotolia 135544759 xs

ハリネズミの人気が上がってきている今、それに伴って様々なフードも販売されるようになりました。種類が豊富なため、どのフードを選べがよいか分からないという飼い主さんも少なくないかと思います。

ハリネズミは偏食を度々起こすことから、フードもその度に変えてあげなければいけません。また、個体によってはダイエットが必要だったり、反対に太らせなければいけないということもあるかと思います。

そこで、ここではハリネズミにおすすめの種類についてご紹介します。

おすすめやフードの種類について

様々な種類があるフードの中から、飼っているハリネズミに適したフードを選ぶということも飼い主さんの役目になります。
そのため、太っているのであれば脂質の少ないダイエット向きのフードを選んであげることが大切ですし、小さな個体で痩せ気味というようであれば栄養価の高いものを与える必要があります。

そして、そのフードを食べないというような事態が起きれば、食べるように他のフードを混ぜたりと工夫も施さなければいけません。

そこで、下記リンクではおすすめの種類についてご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

ハリネズミ用フードは何がおすすめ?|HANEY [ハニー]
昔はキャットフードやフェレットフードなどがハリネズミにおすすめの餌となっていましたが、新しく開発が進んだことによりハリネズミ用フードの種類も増えてきました。完全栄養食になっているものや、赤ちゃんにおすすめの餌、ダイエットに向いているものなど様々です。しかし、マズリやハーリーの主食など様々な種類があることで飼い主さんは迷ってしまうかと思います。ここでは、おすすめのハリネズミ用フードをご紹介します。

マズリなど有名なフードはお試し用も販売されている

フードは、マズリやフェイなど有名なものであればお試し用も販売されています。ハリネズミにも好き嫌いがあるため、通常サイズのものを買っても食べてくれずにお蔵入りしてしまうということも少なくありません。

そのまま捨てるというのはもったいないので、まずはお試しを買って与えてみて、食べてくれるようであれば通常サイズのものを買うことをおすすめします。そうすれば捨てる必要もありませんし、保存スペースが狭くなるという心配もありません。

フードをはふやかす方が良い

Img 2070

ハリネズミは顎や歯が弱い生き物なので、固いものを与えると歯が欠けてしまったり怪我をしてしまうことがあります。
そのため、ハリネズミにはふやかしたフードが適していると言われています。

ふやかして与えることが適している

野生下のハリネズミは、主に昆虫を食べ歩いています。固い殻を持った昆虫もいますが、ミルワームやミミズ、コオロギなどの基本的に柔らかい虫を好んで食べています。また、虫以外では鳥の雛などの小型哺乳類や卵も食べています。

柔らかいものを好んで食べていることからも分かるように、ハリネズミはネズミと同じような歯の強さは持ち合わせていません。固いままの食べ物を与えると、歯に負担がかかるというだけではなく、歯の隙間にものが挟まるということもあります。

このことから、フードはふやかして与えることが適していると言えます。特に子供の個体や高齢の個体には必ずふやかしてから与えるようにしてください。

ふやかす際の注意点について

Fotolia 117831128 xs

①腐敗に気を付ける

温かいお湯でふやかす際も、水でふやかす際も、水分を含むことによって腐敗の進行がはやくなります。
そのため、ふやかしたフードを置きっ放しにすることはせず、食べ残している場合には取り除きましょう。

腐敗したフードを食べてしまうと身体に不調を及ぼしてしまいます。特に夏場などの暑い時期は腐敗しやすくなるので注意してください。

②ふやかしたフードは歯垢の原因になることも

ふやかしたフードは歯に付着しやすく、歯垢が付着したままだと歯周病の原因となってしまうことがあります。
歯磨きをすることはできないので、ミルワームや昆虫を与えることで食べているときに歯垢を取り除くことが可能です。

生き餌が好物であるという個体も多いので、虫が苦手であっても与えられる場合には与えてあげるといいでしょう。
また、他にもふやかしたフードの中に少しふやかしていないフードを混ぜるという方法もあります。

③お湯でふやかす場合は温度に気を付ける

熱いお湯でふやかすと、含まれている栄養素を破壊してしまうと言われています。そのため、ふやかす場合にはぬるま湯か水でふやかすようにしましょう。また、お湯・水に限らず与える際にはフードが常温になってからにしてください。

④ふやかした時の水は捨てない

ふやかす際には、基本的にフードが少し浸るくらいに水を入れます。ふやかした後の残っている水には、フードの栄養素が溶け込んでいるので捨てずにそのまま与えましょう。

また、あまり水分をとらない個体であれば、ふやかす際に水を多めにしておくとフードと一緒に飲んでくれます。

ふやかさない場合には

小粒のものや柔らかめのフードであれば、ふやかさないで与えることも可能です。また、大きいものでもハサミなどで切ったり砕いたりして与えれば固いままでも大丈夫です。

しかし、与える場合は大人になってからにしてください。また、高齢の個体にも与えることは控えましょう。ふやかさないで与えることは歯磨きにもなるので、元気な大人の個体に与えるのであれば積極的に与えるといいでしょう。

ふやかしたものを食べない

ずっとふやかしていたフードを与えていたのに、急に食べなくなってしまったということもあるかと思います。
その場合には思い切ってふやかしていないフードを与えてみましょう。もし年齢が大人になる手前だったりすると、離乳食状態の餌を嫌がっている可能性もあります。

また、餌自体を飽きている可能性もあります。高齢の場合には固いものを与えることができないため、他のフードをふやかして与えてみましょう。

ポイント

ハリネズミのフードには様々な種類があり、どのフードも基本的にふやかして与えます。ハリネズミは顎や歯の力が弱いので、ふやかしたフードが適しています。しかし、ふやかしたフードは腐敗しやすかったり歯垢の原因となることもあるので注意が必要です。ハリネズミに健康に成長していってもらうためにも、フードの与え方の注意点によく気を付けて実践しましょう。