【ウサギの涙嚢炎】ウサギの涙の通り道の病気!涙嚢炎との原因や症状や治療法は??

目が乾かないようにするために大切な役割を持つ涙の通り道の涙嚢が、炎症を起こしてしまう病気を涙嚢炎(るいのうえん)といいます。今回はそんな大切な涙の通り道である涙嚢の病気の原因や症状や治療法や予防についてご紹介します。

目次

ウサギの涙嚢炎(るいのうえん)ってどんな病気?

他の動物たちには涙の排水口ともいわれる涙点が上下に1つずつありますが、ウサギには1つしかありません。

涙点から流れてきた涙は次に涙嚢という器官を流れていきますが、炎症を起こしていると通れなくなってしまうため他の病気を併発してしまうことがあります。

この涙嚢に涙が溜まってしまい炎症を起こしてしまう病気を涙嚢炎といいます。。

ウサギが涙嚢炎になる原因って??

涙嚢炎になってしまう原因は

・流れてきた涙についていた細菌による細菌感染

・涙嚢の次に涙が通る道「鼻涙管(びるいかん)」が先天的に閉塞してしまっていることで涙が溜まって炎症を起こしてしまう

・歯の噛み合わせが悪い病気「不正咬合(ふせいこうごう)」で歯が必要以上に伸びて涙嚢や鼻涙管を圧迫することで炎症をおこしてしまう

この3つが涙嚢炎になってしまう主な原因です。
特に多いのは不正咬合が原因で鼻涙管や涙嚢を圧迫して涙嚢炎になってしまう場合です。

ウサギの鼻涙管閉塞ってどんな病気?

普段目は乾いてしまわないように一定の涙が常に出て瞬きをすることで目全体を潤しています。

その後蒸発しきれなかった涙は涙点を通って涙嚢に流れ、最後には鼻涙管を通って鼻孔(びこう)からでていきます。この最後の通り道である鼻涙管が、遺伝や炎症や蓄膿症(ちくのうしょう)によりふさがってしまう病気を鼻涙管閉塞といいます。

ウサギが涙嚢炎になるとどんな症状がでるの?

涙嚢炎が初期段階のときは
・涙がいつもより多くなる
・目やにが増える

症状が進行してくると
・涙が止まらくなる
・涙嚢付近に痛みを感じるようになり触ろうとすると嫌がる
・涙が大量に出るので目の周りが濡れたままになり皮膚炎を起こして毛がなくなったりひっかいて赤くなってしまう

という症状が出てきます。
症状が出ていないかを毎日チェックして悪化させないようにしてあげましょう。

ウサギの涙嚢炎の治療法はどんな方法なの?

涙嚢炎の治療法は原因によって様々です。

・細菌感染の場合は抗生物質の入った目薬や飲み薬で治療します。

・鼻涙管閉塞が原因の場合は「鼻涙管洗浄」をします。目頭にある涙点から少しずつ注射器で液体を流して詰まっている膿を洗い流します。

・不正咬合が原因の場合は歯が伸びて涙嚢や鼻涙管を圧迫してしまわないように短く削った後「鼻涙管洗浄」をします。

不正咬合の場合は噛み合わせが悪く自分で上手く歯を削ることができないので、定期的に病院やペットショップで削ってもらわなければいけません。

ウサギの涙嚢炎を予防するためにはどうすればいいの?

先天的に鼻涙管が閉塞してしまっている場合は病院で定期的に洗浄を繰り返したり、抗生物質で治していくので予防はできませんが後天性の場合は予防することができます。

最も涙嚢炎になる原因として多い、不正咬合で伸びた歯が圧迫してしまわないようにすることです。
不正咬合の場合は奥歯(臼歯)が伸び過ぎていないかをこまめにチェックして定期的に削ってもらいましょう。

他にも普段からしっかり目やにが多くないか、涙がずっと出ていないかなどに気を使うことで予防することができます。

ウサギの目の病気は不正咬合(ふせいこうごう)が原因になることも

涙嚢炎は目の病気なので、一見歯とは関係のない病気に思われがちですが、実は歯の噛み合わせが原因でなってしまう不正咬合が原因になることがあります!

ウサギの歯の根っこが目の収縮する部分にあるため、不正咬合で伸び続けてしまうと目の収縮する部分を刺激したり傷つけてしまうことでいろいろな目の病気を引き起こしてしまいます。

目の状態だけに気を付けるのではなく他の部分もしっかりチェックしてあげましょう!

不正咬合ってどんな病気なの??

ポイント

歯の病気「不正咬合」が原因で起こってしまうことが多い「涙嚢炎」は酷くなると痛みを伴ったり、涙で目の周りが荒れてしまったりと辛い病気ですよね。そうならないためにも目だけじゃなく歯や耳などいろんな場所の健康チェックをこまめに行うのが大切です。