文鳥はいつから青菜を食べる?種類や与える量について

文鳥のご飯といえばあわなどの穀物が入ったシードや、ペレットなどが中心となりますが、青菜などの野菜も食べさせることができます。特にシードを主食としている場合は栄養が偏ってしまう可能性が高いので、副食として青菜を与えることで栄養のバランスを保つことができます。ここでは文鳥が食べることのできる青菜や、与える量、いつから食べさせることができのかについて紹介します。

目次

文鳥の副食には青菜がオススメ

Fotolia 1870504 xs

文鳥は青菜を食べることで不足しがちな栄養素を摂ることができます。そのため、青菜は文鳥の副食としてとてもオススメな食べ物となります。

青菜は栄養満点

文鳥の主食はシードやペレットとなるため、必ずしも青菜を食べさせなければならないというわけではありませんが、青菜を食べさせることで、ビタミンやミネラルを摂取させることができるので、文鳥の健康を維持させやすくなります。

特に主食をシードにしている場合はビタミンやミネラルが不足しがちなので、青菜を食べさせることで栄養バランスをよくすることができます。

食べることのできる種類について

青菜には様々な種類があるため、その中でも与えていい種類と与えない方がいい種類があります。ここでは種類についてご紹介します。

文鳥が食べることのできる青菜の種類は以下のようになります。

・チンゲンサイ
・小松菜
・豆苗(茎から上の部分)
・水菜(葉の部分)
・サラダ菜
・パセリ
・三ツ葉
・大根菜
・かぶの葉
など

食べさせない方がいい青菜の種類

文鳥に食べさせる青菜は、チンゲンサイや小松菜、豆苗などが栄養価が高くもっともポピュラーとなっています。
反対にほうれん草やネギなどは食べさせてはいけません。また、キャベツやキュウリなども文鳥に食べさせることはできますが、水分を多く含んでいるため、お腹を下してしまう可能性があるので注意しましょう。

いつから食べさせた方がいい?

青菜は文鳥の副食にオススメな食べ物ですが、文鳥のなかにはあまり青菜を食べてくれない子もいます。そのため、青菜を食べさせたい場合はなるべく早いタイミングで与えるようにしましょう。

一人餌に切り替わる頃から食べさせる

食べさせるタイミングが遅いと青菜をご飯と認識してくれない可能性があるので、なるべく早いタイミングで食べさせるようにしましょう。雛が一人餌の練習をしているタイミングで青菜を入れて食べる習慣をつけさせることが大切です。

それでも青菜を食べないという場合は青菜を乾燥させた粉末状のものがあるので、それを普段のご飯に混ぜて食べさせてみましょう。

食べさせる量について

個体差はありますが、副食である青菜はだいたい1日に一枚程度でいいとされています。豆苗の場合は豆の部分を取ったものを毎日3枚程度与えましょう。

ポイント

青菜はビタミンやミネラルを豊富に含んでいるため、文鳥の健康を維持するうえでとてもいい食べ物となります。主食がシードの場合はどうしても栄養が偏ってしまうため、青菜を食べさせることで栄養のバランスを保つことができます。青菜は小さい頃から食べさせる習慣をつけさせていないと食べてくれない場合もあるので、完全に一人餌へと切り替わる前に食べさせるようにしておきましょう。